妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談 赤ちゃんの成長

標準が全て正しいわけではない!

投稿日:

初めての我が子に不安がいっぱい

32歳のときに第1子を出産しました。
その時の妊婦健診での話です。

初めての妊娠で嬉しい反面、
食べるものや生活習慣などに神経質になっていて、
母子共に健康な出産を迎えられるように
たくさんの知識を集めていました。

しかし安定期に入りつわりも治まり、
本来幸せな妊婦生活を送れるようになる時期に、
心配事が続きました。

標準ではない事

まず12週の健診で
「赤ちゃんが少し小さめだね」
と言われたのです。

そして1ヵ月後の16週には、
少し先生の顔が曇り、
「やはり小さめだね」
と言われてしまいました。

胎児発育曲線というのがあり、
その下線をはみ出してしまっていたのです。
安定期は通常1ヶ月に1度の健診ですが、
念のため2週間後にまた診てもらうことになりました。

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%81%a8%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ae%e6%89%8b

その間もネットで調べまくり、
胎児が小さい場合の染色体や心臓の異常、
へその緒の異常などがあると知り、
もう毎日が心配で仕方ありませんでした。

「もしかしたら大きな病院へ転院になるかも・・・」
などと思いながら、2週間後の健診は夫も同伴で行きました。

安心したり、不安になったり

そして検査の結果、
先生はまたもや
「ん!?」
というような顔をするので、
心臓が破裂しそうにバクバクでした。

すると
「2週間で1ヶ月分以上成長してる。大丈夫だね~」
と言われ、安堵し、舞い上がりながら帰りました。

そして安心しきってゆったりとした気持ちで
向かった1ヵ月後の健診で、
なんと再び
「う~ん、小さいねぇ」と。

その後は2週間ごとの健診になり、
ほどんど体重が増えていないような時や、
一気に大きくなるような時期を繰り返したのです。

後期になると、
NSTという胎児の心拍を計る検査が始まりますが、
その頃は週に1度行い、慎重に診てもらいました。

自治体で発行される妊婦健診の無料券は当然すぐになくなり、
後期は自費で病院へ通う常連妊婦になりました。

とうとうこの日がやってきた

そして臨月になっても2000g弱だった為、
まだ生まれないほうが良いので、
出来るだけ家で大人しくしているように、
という先生の指示で、しばらくじっとしていました。

しかし2週間後には陣痛が来てしまい、
おそらく低体重児だからと、
スタッフさんも増員で厳戒態勢の中出産に励みました。

「どのような病気や障害があっても
 生きて産まれてきてくれたら受け入れて頑張って育てよう」
と心に決めながら・・・。

しかし初産にもかかわらず、
5時間でスルッと生まれてきた息子は、
大きな産声もあげ、体重は2800g!

先生も助産師さんもみんな
「あれ?」
と拍子抜けな出産でした。

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

乳の飲みも良く、問題なく退院できました。

その後も健康そのもので病気一つせず、
標準より大きめでスクスクと育っています。

妊娠中のあの心配はなんだったのだろう…
と、今では笑い話です。

妊娠中の赤ちゃんの成長について、
標準を外れるととても心配になりますが、
「こんな例もあるよ」
ということで、少しでも安心材料になれたら幸いです。

スポンサーリンク

-体験談, 赤ちゃんの成長

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.