妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中の下半身ダイエットの注意点と正しい方法

更新日:

妊娠中ダイエットの中でも、下半身にフォーカスして痩せていくのって、意外と難しいですよね。
妊娠中ですので、厳しい筋トレや激しい有酸素運動などを下手に行うわけにもいきません。
ですが、そういった状況下の中でも仕組みを理解し適切な方法を継続すれば、着実に下半身やせダイエットを行うことが可能です。
このページでは、妊娠中の下半身やせダイエットのポイントや、具体的な方法、危険を避けるために知っておきたい注意点などを特集していきます。

下半身太り

ダイエットする前に知っておきたい!妊娠中に下半身が太りやすい理由

具体的な下半身ダイエットの方法に入る前に、妊娠中にむくみやすかったり脂肪がたまりやすくなる理由について簡単にご説明していきたいと思います。

妊娠中は水分が溜まりやすい

妊娠中は、女性ホルモンのプロゲステロンの働きによって体内に水分が溜まりやすい状態にあります。
こうして体の中に余分にたまってしまった水分が重力によって下半身のほうに下がっていき、結果下半身のむくみにつながってしまうのです。

運動不足で脂肪がたまりやすくなる

人の体には、リポタンパクリパーゼと言う酵素が存在し、特に女性にはこれが多く存在します。
この働きによって血液中のコレステロールなどを正常に保つことができるのですが、運動不足の状態が続くとリポタンパクリパーゼの働きが低下してしまいます。
すると、血液中の中性脂肪を体内の筋肉の中に取り込もうとしてしまうといった、いわゆる太りやすい体質になってしまうのです。
妊娠中は、安定期に入るまで安静にすることが推奨されていますね。
この期間に運動不足モードに入ってしまい、リポタンパクリパーゼの働きが低下しやすくなるのです。
そしてその影響が妊娠中期、妊娠後期に出てきます。

こういった2つの理由から、妊娠期間中は今まで以上に太りやすい状態にあるのです。
しかし、逆を言えばこういったポイントを知っておくことで効果的な妊娠中の下半身ダイエットに繋げられます。

妊娠中の下半身ダイエットのポイント

先程の段落の最後の部分でも触れましたが、妊娠中は上記のような理由から今まで以上に太りやすい状態にあります。

しかし、むくみや脂肪蓄積の仕組みを理解した上で適切な下半身ダイエットに取り組めば、妊娠中でも着実に結果が現れてきます。

では妊娠中の下半身ダイエットのポイントについてですが、

  • 体内のナトリウム量コントロールする
  • 脂肪の侵入を最低限に抑える

この2つが重要な鍵となってきます。

これを踏まえた上でどんな方法でダイエットを進めたらよいのか、次の段落で見ていきましょう。

妊娠中の下半身ダイエット方法

それでは、妊娠中の下半身ダイエットの具体的な方法について見ていきましょう。

普段の食事で減塩を意識する

先程の段落で体内のナトリウム量をコントロールする。とありましたが、減塩生活を意識することでこれが実現されます。
妊娠中にプロゲステロンの影響で水分が溜まっていくのは仕方がないことですし、胎児の健やかな成長のために必要なことでもあります。
ですが、体内に水が溜まる原因としてもう一つ挙げられるのが塩分です。
塩分には、ナトリウムと言う成分が含まれています。
ナトリウムは体内に水分を蓄積させる働きがあるため、プロゲステロンの働きと加わると必要以上に体内に水分が溜まってしまうのです。
ですのでできるだけナトリウムを摂取しないためにも、普段の食事の中で減塩を心がけることが大切です。
料理をするときは、味付けが高すぎないように注意すると良いでしょう。

家族での食事

カリウムを積極的に摂取する

カリウムは先ほど登場したナトリウムとくっついて、体の外に積極的に排出してくれる効果があります。
ですので、カリウムがたくさん含まれているほうれん草やバナナなどを普段から摂取しておくと良いでしょう。
なおほうれん草やバナナには、妊娠中に必要な葉酸やその他のビタミンやミネラルがたくさん含まれていますので、一石二鳥です。

脂肪分を極力抑える

これは、当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、意外とできていない方が多いのではないでしょうか。
そもそも体内に脂肪が蓄積されてしまうと言う事は、その時体に必要な分の脂肪以上の脂肪分の摂取をしてしまっているわけです。
ですので、あなたの下半身ぶとりの原因がむくみでないならば、普段の食事から脂肪分をさらに抑えることを心がけましょう。
普段の食事でここを徹底してみてください。
これを徹底し継続することで着実に結果が現れてきます。

運動を継続すること

ダイエットをする上で運動を継続することの重要性はいくつかあるのですが、太ってしまう原因の部分でも触れたように、運動不足が続くと、体内の酵素の働きが低下し血液中の脂肪分を体に蓄積しやすくなるようになってしまいます。
そうなってしまえば、いくら食事を見直しても取りやすくなってしまいますので、食事の要素と運動の要素を両立することが大切です。

ウォーキング

妊娠中ダイエットで危険を避けるために注意したいポイント

妊娠中ダイエットは知っておきたい注意点を抑えないと胎児に危険が及ぶ可能性があります。
ではどんなポイントに注意するべきなのかと言うと、

  • 必要のないダイエットはしないこと
  • ストイックにダイエットをしないこと

これに尽きます。
そもそも妊娠中ダイエットを行う理由は、太りすぎることによる胎児と母体の危険を避けるためです。
不必要なダイエットをしてしまうと、胎児の健康や命に危険が及ぶ可能性がありますので絶対にやめてくださいね。

またストイックにダイエットを行うことも危険です。
極端に食べないようなダイエットをすれば、胎児が低出生体重児になってしまう可能性もありますし、ストイックに運動で体を追い込んでしまえば、胎児の生命の危機に関わる問題へと発展することもあります。

妊娠中ダイエットは、仕組みを理解し正しく継続して行くことで着実に結果が現れます。
絶対に無理はしないでくださいね。

要点を抑えれば無駄ながんばりをしなくて良い

このページでは前半部分にて、なぜ下半身が太りやすいのか。といった部分を見て行きましたが、そういった原因を突き詰めてそれに対する正しいアプローチができれば、がむしゃらに頑張らなくとも継続するだけで自然と結果が現れてきます。
ですので、まずはご自身の下半身ぶとりの原因をしっかりと追求することから始めてみましょう♪

下半身太り
妊娠中に下半身太りの原因と下半身引き締めに効果的な運動

妊娠中に太くなってしまった太股や下半身を見て諦めたりガッカリしていませんか? ホルモンバランスの変化や赤ちゃんを守るために脂肪が貯まりやすい身体の仕組みが根本的な理由である事は仕方がないという側面はあ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.