妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中ダイエットは可能!安全の為に知っておきたい注意点

投稿日:

妊娠中ダイエットってそもそも可能なの?と言う悩みをお持ちではありませんか?
もちろんこれは、大きくお腹が成長していく中で物理的にダイエットは可能なの?というポイントや、妊娠中なのにダイエットなんかしても大丈夫なの?と言うどちらかの意味合いがあるかと思います。
結果から言うと、物理的にも可能ですし、必要に応じてダイエットしなければいけない時もあります。
しかし、妊娠中のダイエットは今までのダイエットとは大きく異なり、様々な条件がついてきます。
その条件やルールを守った上でダイエットを進めていかないと、胎児の健康上のリスクや命の危険につながることもあります。
そこでこのページでは、妊娠中ダイエットの必要性や注意点などをお話しした上で、具体的なダイエット方法等について一緒に見ていきたいと思います。

妊娠中ダイエットをするべき時はどんな時?

妊娠中ダイエットするべきときは、妊婦検診の際に体重増加が進みすぎて胎児の成長や命に危険が及びそうになった時です。
その時は必ず、お医者さんからダイエットの指示が出ますので、その時に体重を減らす方向で体重コントロールを進めていきます。

妊娠中ダイエットをしてはいけない人がいる

妊娠中ダイエットは、基本的に赤ちゃんのために行うものですというのも、妊娠中に太りすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの、胎児の成長などを脅かす事態になってしまうからです。
妊娠中ダイエットは、おなかの中の赤ちゃんが安心してすくすくと育っていける環境を作るために行うものなのです。逆に、体重が減りすぎてしまうのも胎児の栄養失調の原因となります。
最近では妊娠中でも美しいプロポーションを保っていたい。と考える増えてきているようです。
気持ちはよく分かるのですが、妊娠中にママの栄養が不足してしまうと、胎児の健康上の悪影響につながる可能性が非常に高いです。
なので、もともと痩せすぎているから太りましょう。と言われている方が、下手に妊娠中ダイエットをしてしまうのは大変危険なことなんです。
妊婦検診の際、適正体重と言われたならば現状維持の意味でダイエットをしていくのは構いません。
ですが、必要のない妊娠中ダイエットは絶対にやめましょう。

妊婦さんでも安心して行える赤ちゃんの為のダイエット方法

妊娠中は、下手に食べ過ぎてはいけないものがあったり、運動のしすぎが良くなかったり、何かとダイエットのやり方が制限されてしまいます。
そんな中でも、できるダイエット方法はたくさんあるんです。
これからそのダイエット方法についていくつかご紹介していきたいと思います。
自分に向いてそうだな。と言うものをぜひ見つけてくださいね。

おやつを食べるならヘルシーで栄養価の高いものを選ぶ

これはどうしてもおやつを食べるといが止まらない方にお勧めの方法なのですが、どうしても手が止まらない場合は、アーモンドをはじめ、木ノ実類がオススメです。
また寒天ゼリーもヘルシーでオススメです。
カップめんとかスナック菓子とかを選ぶのはやめて、どうせつまむならヘルシーなものが、栄養価の高いものを選ぶようにしていきます。

食事のジャンルを和食に変える

和食の中でもいろいろありますが、ヘビーなものではなくヘルシーなものをチョイスすれば、総合的な摂取カロリーを減らすことができます。
そしてさらに、和食には妊娠中に摂取したい栄養素がバランスよく含まれています。
和食生活をするだけで、赤ちゃんにも嬉しい栄養ナチュラルに補給することができるので一石二鳥です。

お腹いっぱい食べないこと

どれだけヘルシーなもの食べようが、必要以上に食べ過ぎてしまっては痩せるものも痩せません。
お腹いっぱいになる=自分に必要な栄養補給完了。と言うわけではなく、割と腹八分目程度で栄養補給は充分だったりすることがあります。
もちろん極端に食べなさすぎたり、一切食事をしない。というのは栄養不足になって赤ちゃんに悪影響が出るのでだめです。
ですが極端に食べ過ぎてしまうのも、赤ちゃんが健やかに育つ環境を妨げることになってしまうので、適度に食べることが大切です。

白いご飯にしらたきを乗せる

白滝ご飯と言う言葉を聞いたことがありませんか?
作り方はとても簡単で、ご飯を炊く時に細切れにしたしらたきを混ぜて炊飯するだけです。
こうすることで食べる量を変えずに摂取カロリーをナチュラルに減らすことができるため、食欲の戦いにおすすめです。

揚げ物制限する

やはりダイエットをする上では揚げ物は大敵です。
もちろん一切食べないで我慢し続けると、それがストレスになりダイエットに逆効果になってしまうこともありますので、たまに食べる分には良いと思いますが、習慣的に食べるのはあまりお勧めできません。

ひたすら外を歩く

妊娠中はできる運動が限られてしまいますが、ウォーキングに関しては体調が安定しているときに限って妊娠期間を通して行うことができます。
むしろ、ウォーキングをすることによって冷え性改善や様々な効果が期待できることから、産婦人科からも推奨されている運動でもあるんです。

マタニティースイミング

妊娠中に水泳?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は安定期に入ってから切迫流産や早産の恐れがなくてお医者さんの許可が下りた場合、マタニティースイミングを行うことができるんです。
この運動の何が良いかと言うと、陸の上で活動しているときにほとんど使わない筋肉を刺激することができる上、むくみ解消やストレス解消、肩こりや腰痛にお悩みの妊婦さんにも効果的なんです。
できる場所が限られてしまいますが、スイミングスクールだけでなく最近ではフィットネスジムも妊婦さん専用のスイミング講座を開いているところもあるんです。

1番効果が出やすいのは和食ダイエット

ここでも前半部分にご紹介しましたが、和食のメニューに切り替えた食事をするのが1番ダイエット効果が出やすいです。
もちろん食べ過ぎはいけませんので、腹八分目程度に留めておくことも大切です。
なぜこのダイエットが1番効果が出やすいのかと言うと、妊娠中に太ってしまう原因のほとんどが食事によるものだからです。
自分自身に聞いてみて、絶対に食事が原因じゃない。と自信を持って答えられるのであれば食事の見直しをする必要はありません。
しかし、自分自身に問いかけてみたとき、食事の要素が原因である可能性が高いと思う場合は、まずはここにフォーカスしてみることが大切です。
なぜなら、食事のせいで太ってしまったのに、ここを改善せずにひたすら水泳をしたりウォーキングをしたとしても、また余計に太ってしまいますよね。
逆に、食事以外太ってしまった原因が思い浮かばないのであれば、ここを改善してあげるだけでもこれ以上余分に太ることをストップすることができますよね。
そうした上で運動などを継続することができれば、痩せる方向に流れを作ることができます。
もちろん妊娠中ですから、胎児の成長とともに自然に体重が増えていくのは仕方がないことです。
ですがこのような流れを作ることによって、必要以上の体重増加を防ぐことができるような気がしませんか?
だからこそ、結果を出したい方は食事の内容を見直し、食べ過ぎていないかどうかを自分の中で調整していくことが大切なんです。

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.