妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中の太股痩せダイエットの安全で効果的なやり方

投稿日:

妊娠中の太もも痩せダイエットの安全なやり方と効果的な方法について、特集していきます。
また、後半部分では知っておきたい注意点などについてもまとめていきます。
妊娠中に下手にダイエットをしすぎるのは良くないとわかっていても、あまりにも太ももが太すぎるとコンプレックスになってしまうというか、胎児の健康に差し支えがない程度に細くしたいと思うものですよねり。。
ここでは、それを叶えるための答えがまとめられています。
現在妊娠中で太ももを細くしたいと検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

太股痩せの為のポイントは筋力アップと代謝の向上

妊娠中に太ももが太くなってしまうのは、基本的に
  • 運動不足
  • 代謝の低下
  • 筋肉量低下
これらが原因です。
そのため、筋力アップと代謝の向上にフォーカスするためにも、妊娠中の妊婦さんでも安心して行える運動や、食事の見直しなどを行っていきます。

まずは食事の見直しから

妊娠中の太ももダイエットに限らずなのですが、脂肪もしくは水分で太ってしまった場合、食事の見直しをすることで改善できるケースがほとんどです。
その際にまず把握しておきたいのが、ご自身の太ももが脂肪で太っているのか水分でむくんで太ってしまったのかです。
それらを知るためには、太ももを指でプッシュして、まるで低反発枕のようにゆっくりと皮膚が元の形に戻るような場合は、水分の溜まりすぎでむくんでいることが考えられます。
そうでなくただぷにぷにしているだけと言う場合は、脂肪で太っていることが考えられます。

脂肪で太ももが太ってしまった場合の食事の見直し

太ももが脂肪のせいでぷにぷに太ってしまっている場合は、シンプルにカロリーを必要以上に摂取している可能性が考えられます。
なので、胎児の栄養をしっかり確保しながらも、必要以上のエネルギー摂取をしないように見直さなければいけません。
これは一見難しく思えますが、日本で古くから伝えられている和食中心の食事に切り替えることによって、意外と簡単にクリアできちゃいます。
メニューは基本的に何でも良いのですが、押さえておきたいポイントとしては
  1. 揚げ物などのヘビーなものはできるだけ避けること
  2. ヘルシーなものをチョイスしてたくさんの品目を少しずつ摂取すること
この2つのポイントを押さえて和食に切り替えることによって、赤ちゃんに必要な栄養をしっかり補給できて、なおかつ余分なエネルギーを摂取しないので痩せる流れを作る事が可能になります。

水分で太ももが太ってしまった場合の食事の見直し

水分で太ももが太ってしまった場合も、基本的に先程の和食のポイントは効果的です。
ただ、それに加えて塩分コントロールとカリウム摂取の要素がプラスされると、さらに太もも痩せ効果が出やすいです。
塩分コントロールでは、濃い味付けをしないように注意したり、塩分に含まれるむくみの元凶でもあるナトリウムを排出してくれるカリウムを積極的に摂取することも大切です。
カリウムは、身近な食べ物に含まれていることが多いですが、納豆、ほうれん草、バナナなどの果物や野菜にたくさん含まれています。
まず最初にこういった食事の要素を見直すことによって、正確に行うことができればそれだけでも太もも痩せ効果が実感できる方もいらっしゃいます。

ウォーキングを継続すること

少し前の段落で、妊娠中の太もも痩せダイエットのポイントとして、基礎代謝の向上や筋力アップなどがありましたね。
こういったものを目にすると、ジムに通ってガツガツ何かをしなければいけないイメージをしてしまうかも知れませんね。
ですが妊娠中はそこまで激しい運動もできませんし、やる事はウォーキングなので意外とシンプルです。
ウォーキングを継続することが大切なんですが、そうすることによって体内の血流が良くなり代謝が向上します。
その上、家でごろごろしているよりも外に出て歩いている方が確実に筋肉を使いますよね。
なので、筋肉量の低下を防ぐことができ、継続することで少しずつ筋力アップにもつながるんです。
筋肉量が増えればそれだけ基礎代謝量もアップしますし、安産の可能性を高めることができます。
太もも痩せダイエットにつながるだけでなく、赤ちゃんにもメリットが大きいので、この習慣は身に付けて損はありません。
ただし、妊娠中は体の状態がいきなり変わったりしますね。
継続しなければいけないからといってお腹が張っている中無理して歩く事はありません。
確かに継続することは大切ですが、体調が悪い時や天気が悪い時は、お家の中で踏み台昇降をしたり、簡単なストレッチをする程度にとどめても決してマイナスにはなりません。
赤ちゃんの為にも、臨機応変な対応が大切です。

家の中でできる太ももを引き締めるエクササイズ

太ももダイエットをゆるくやっていきたい方もいらっしゃれば、食事もウォーキングももちろんやるけど、他に何かできることがあるならやっておきたい。という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方や、雨が降ってて今日はウォーキングできなそう。なんて時はこれから紹介する太もも引き締めエクササイズを実践すると、基礎代謝量の向上、筋肉量アップにつながります。

エクササイズのやり方

  1. まずは床に寝転がり、両膝を立てます。
  2. 柔らかい枕、もしくはクッションでも構いませんので、両膝で挟みます。
  3. そこから、両膝を内側に向けて挟んだものを押しつぶすイメージで力を入れます。
  4. その状態を10秒程度キープし、それが終わったら数秒間休憩します。
  5. これを何回か繰り返していきます。
何秒間力を入れ続けるか、これを何回繰り返すかについては、人によって目安が変わってきます。
まずは試しにやってみて、次の日あまり筋肉痛や疲労感を感じないようであれば、もうちょっと増やしてみる。といった感じで自分の中のベストの目安を見つけることも大切です。
なお、こちらも体調が安定していない時は控えるようにして下さいね。

妊娠中にやってはいけない太股痩せダイエット

妊娠中の足やせダイエット全体に言えることなのですが、基本的にはお腹を潰すようなストレッチや、過激なウォーキングなどは大変危険ですので控えるようにしましょう。

マッサージも要注意

また、特にむくんでいる状態だとリンパマッサージなども有効的な足やせダイエットの手段ではあるのですが、下手にマッサージをしてしまい子宮を刺激するツボを押してしまうと、トラブルに発展する恐れもあります。
どこかマッサージ屋さんに行ったりしてそういったことをする分には良いのですが、正しい知識を持っていないまま下手に自己判断でそういったことをするのはあまりお勧めできません。

妊娠中に薬やサプリはおすすめできません

また、巷にはダイエット薬やむくみ解消サプリなどもあります。
こういったものは、妊婦さんにはお勧めできないものもたくさんあります。
なので下手に手を出す事は胎児の健やかな成長の妨げになる場合もありますので、それもできればしないことをお勧めします。
また、そういったものをあまり推奨しない理由としては、根本的な原因が解決できないと、結局はそういったものに依存しないと細い太ももをキープできない状態が続いてしまいます。
それでは経済的なリスクも高いですし、根本的な改善をしたい、健康的な痩せ方をしたいと願うプレママさんには個人的にもあまりオススメできません。

正しいアプローチを継続すれば必ず太ももが細くなります

これは断言できるのですが、自分自身がなぜ太ももが太くなってしまったのか。と言う根本的なところを突き詰め、それに対する正しいアプローチを継続すれば、食事の見直しや運動の要素だけでも太ももを細くする事は十分に可能です。
なので、ここでご紹介した内容を改めて自分の状況と照らし合わせて、ご自身に合った適切なアプローチ方法を継続してみてくださいね。
なお、妊娠中に必要以上に痩せすぎてしまうと、胎児の健全な成長の妨げになってしまいます。
あくまで健康的な妊娠状態を維持するための延長線上として、太もも痩せダイエットを実践するイメージでおこなっていけると良いかと思います。

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.