妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中ダイエットのおやつのおすすめ5つと肥満防止の対策

投稿日:

妊娠中ダイエットをしていると、無性におやつを食べたくなる時が必ずやってきますね。
しかし、その時に下手におやつを食べてしまうと、今までのダイエットを無駄にしたり、足を引っ張ってしまうことにもなりかねません。
おやつが食べたいけど、それだけは避けたいところです。

そこでこのページでは、妊娠中ダイエットをしている方が食べても、さほど差し支えのないおすすめのおやつを5つご紹介します。
そして、その他に手作りのおやつレシピや、おやつを食べても太らないために知っておきたい肥満防止のポイント等についても特集していきます。

妊娠中のおやつタイムは必要な栄養を補給するチャンス!

妊娠中ダイエットをしていても、おやつを食べること自体はもちろん大丈夫です。
しかし、この時に食べるものをしっかりと選ばなければいけません。
具体的なものについては後ほど詳しくご紹介していきますが、妊娠中のおやつタイムは、普段の食事で補いきれない栄養を補給するチャンスタイムでもあります。

なので、せっかくおやつを食べるのであれば、妊娠中ダイエットの足を引っ張らずなおかつ妊娠中に必要な栄養素がたくさん含まれているおやつをチョイスすることがポイントになります。

ダイエット中の妊婦さんでも安心♪おすすめおやつ5つ

それでは、ダイエット中の妊婦さんもダイエットの悪影響などを心配せずに食べれる、お勧めのおやつを5つご紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルトには、カルシウム、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB 1、ビタミンB 2などの様々なビタミンなどが含まれています。
このほかにも、乳酸菌などの腸内環境に優しい成分が含まれていますね。
もちろん食べ過ぎはよくないですが、ほどほどに食べる分には体にたくさんのメリットがありますのでおすすめです。

フルーツ

どのフルーツを摂取しても、大体種類豊富なビタミンやカリウムなどたくさんの栄養を補給することができます。
その上水分補給にもなりますので、妊娠初期から臨月まで妊娠期間を通してお勧めのおやつです。
なお、フルーツの場合は果糖の心配がされますが、極端に食べ過ぎなければ問題はありません。
重さで言ったら大体300グラム程度に留めておけば心配ないと言われています。

クラッカー

食事と食事の間で、どうしても小腹が空いてどうにもならない時、ひとまず応急処置的な意味で空腹を満たすときにはクラッカーがお勧めです。

和菓子

和菓子は糖分が豊富ですので、食べ過ぎないことが前提ですが、ケーキなどの洋菓子に比べると、脂肪分が圧倒的に低く腹持ちが良いのがオススメのポイントです。

ナッツ類

ナッツ類にはたくさんのビタミンEが含まれています。
たくさん摂取することで血流改善や、冷え性の改善効果が期待できます。
運動不足だったり、冷え性気味の方にオススメですね。
しかしこちらは、たくさん脂肪分を含んでいて、ものによっては塩分がたくさん含まれているものもあります。
事前に成分表などをチェックし、塩分や脂肪の過剰摂取に注意することが大切です。

手作りのおやつを作りたいプレママにオススメのレシピ

このページをご覧の方の中には、安全でなおかつ栄養面で見てもバランスが取れているものを手作りしたい。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方にお勧めのレシピをご紹介していきます。

小松菜クッキー

実は、小松菜と言う野菜には、妊娠中に必要な葉酸、カルシウムが非常に豊富に含まれています。
クッキーとして活用するのはかなり大胆かもしれませんが、意外と食べても美味しいんですよ。

必要な材料

  • 小松菜…約50g
  • 小麦粉…60g
  • 菜種油…大さじ2
  • 砂糖…20g
  • きな粉…大さじ6

作り方/レシピ

  1. 用意した小松菜を簡単に洗います。
  2. その後細かく切ります。
  3. 菜種油とともにフードプロセッサー、もしくはミキサーなどにかけます。
  4. ある程度砕けたら一旦止めて砂糖を入れて再びミキサーを回します。
  5. 別の容器にきな粉と小麦粉を入れて混ぜます。
  6. その粉の中にフードプロセッサー、ミキサーなどでミックスしたペーストを入れてこねこねします。
  7. しっかりこねたら生地を伸ばして、好きな形で抜く。
  8. それを180度程度に予熱してあるオーブンの中で20分ほど焼いていきます。

たくさん作って、数日間に分けて食べるのもありですね♪

おやつを食べても太らないための5つのポイント

小腹が空いたらおやつを食べたいとは思うものの、それによって妊娠中ダイエットの足を引っ張ったり、これまでの努力を無駄にすることはしたくないですよね。
それについては、以下のポイントを厳守することで、その様な事態を防ぐことができそうです。

栄養バランスのとれたおやつを選ぶ

このページの1番最初でもお伝えしましたが、せっかくおやつを選ぶなら栄養バランスのとれたヘルシーなものがお勧めです。
鉄分、葉酸、カルシウム、タンパク質、これらの栄養が特に妊娠中には重要となります。
おやつからこういった栄養が補給できると良いですね。

おやつで摂取するカロリーは200キロカロリーまでにする
いくら栄養価の高いおやつとは言え、カロリーが高かったり、必要以上に食べ過ぎてしまってはダイエットをしている意味がなくなってしまいます。
ですので、食べるおやつはカロリーが把握できるものがオススメです。

甘いお菓子は避けること

例えば、クッキー、チョコレート、ケーキなどの甘い洋菓子には、非常にたくさんの糖分が含まれています。
そういったものを習慣的に食べてしまうと、妊娠糖尿病のリスクが高まってしまいます。
ダイエット以前に、胎児の健康が脅かされてしまうのでここは特に注意しておきたいところです。

おやつを食べる時はしっかりと噛むこと

おやつに限らずですが、よく噛んで食べることによって満腹中枢を刺激し、早い段階で満腹感を得ることができます。
それが結果として余分に食べないことにもつながりますし、たくさんの唾液が分泌されるので体の中での消化も速くなります。
余分にエネルギーが蓄積されるのを防いだり、便秘解消にもつながりますよ。

時間を決めて食べる

おやつの時間は、午前中なら朝の10時から昼前の11時まで、昼過ぎであれば、2時から3時までと言ったように、時間を決めて食べることが大切です。
特に夜7時以降に摂取してしまうと、その時は食べた物を体の中に蓄積する働きが活発になります。
朝、昼に食べるよりも太りやすくなるので要注意です。

おやつの前にウォーキングがオススメ

妊娠期間を通してウォーキングはお勧めの運動とされています。
もしもあなたが本格的に妊娠中ダイエットをしているのであれば、そもそもウォーキングがオススメなのですが、タイミングをおやつを食べる前にしてみると良いかもしれません。
ウォーキングをすると血糖値が上がります。
そうすると、食事をしていないのになんとなくお腹いっぱいの感覚になるんです。
このような体の錯覚を活かして、おやつの量をコントロールすることができます。
もちろん、ディナーの前のウォーキングでも効果的です。

妊娠中はプラスになるおやつの食べ方をしよう

おやつを食べずに、普段の食事でしっかりと栄養補給ができ、なおかつ間食をしないでいられるならば無理におやつを食べる必要はありません。
しかし、特に食べつわりの場合や、そうでない場合でも、不意におやつを食べたくなる時は誰でも来ると思います。
その時は無理に我慢しても仕方がないので、どうしても我慢できない時はプラスになるおやつの食べ方を心がけると良いですね。

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.