妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中ダイエットに豆腐は食べ過ぎNG?!目安と悪影響

投稿日:

妊娠中に豆腐を食べること自体は可能です。
しかし、ダイエット目的で過剰に摂取してしまったりすると、豆腐に含まれるある成分が原因で胎児に悪影響が及ぶ危険があるんです。
とは言え、安全に食べることで豆腐ならではの豊富な効果効能やメリットを得ることができますので、妊娠期間中は適切な摂取量を把握した上で豆腐を摂取していくことが重要です。
ここでは、そのために必要な情報や、妊娠中ダイエットに役立つ豆腐料理をご紹介していきますので、妊娠中の健康管理にぜひ役立たせていただければと思います♪

妊娠中ダイエットで豆腐の食べ過ぎが危険な理由

豆腐と言えばとても身近ですし、今までは特に危険性などはなく、安全な食べ物だと言うイメージだった方も少なくないと思います。
それはそうなのですが、豆腐には大豆イソフラボンと言う成分が豊富に含まれており、妊婦さんがこれを過剰摂取してしまうと、妊娠の状態や胎児への悪影響につながる恐れがあるんです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを変えてしまう?!

人間の体は本当によくできていて、女性の体については子供を見守ってから女性ホルモンのバランスが変化し、子ども安全にお腹の中で育てる環境へと体が変わっていきます。
しかし、豆腐に豊富に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲン似た働きをするため、過剰摂取すると体内の女性ホルモンのバランスが乱れてしまう恐れがあるんです。
妊婦さんには妊婦さんの適切な女性ホルモンのバランスと言うものがあり、これが保たれているからこそ健康的な妊娠生活を過ごせています。
これがイソフラボンの影響で崩れてしまうと良くない方向にことが進んでしまうのは想像がつくかと思います。

胎児にはどんな悪影響があるの?

イソフラボンの過剰摂取で女性ホルモンのバランスが乱れると、胎児の生殖機能に悪影響が出る可能性があったり、これについては不確かですが大豆アレルギーの可能性も高まるのではないか。と言う声もあるんです。
お母さんの健康的な妊娠状態を維持することが困難になる可能性だけでなく、上記のような胎児への直接的な悪影響につながる恐れもあるのです。
このような理由から、妊娠中は豆腐の摂取量は十分に気をつけていく必要があるんです。
なお、イソフラボンサプリメントなどが巷では販売されていますが、パッケージの裏を見るとおそらくほとんどの商品に「妊娠中の方は使用を控えてください」と書かれています。
その理由は、上記のような内容と深く関係があるからです。

妊娠中でも正しく豆腐を食べればたくさんのメリットがある

先ほどまでは、妊婦さんが豆腐を過剰摂取することによるネガティブな側面を一緒に見て行きましたね。
でもあくまであれは、妊婦さんが豆腐を過剰摂取してしまった場合の話であり、正しく摂取することで、以下のようなメリットを期待することができます。
  • お通じトラブルの改善効果
  • 免疫力が上がり風邪やウィルスに負けない体を作る
  • 不足しがちなカルシウムを取れる
  • 根本的な冷え性改善効果
  • 乳がんの予防効果
  • 貧血の予防効果
  • 内臓の働きが高まる効果
  • アンチエイジング効果
  • 体の筋肉量を保つ効果
  • 安産効果

豆腐を食べるとダイエットに良い理由

豆腐自体には、大きなダイエット効果は正直期待できません。
しかし、豆腐は成分力が非常に優れていることから、ダイエットをサポートする能力が非常に高いんです。
例えば、豆腐にはたくさんのオリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖は腸内環境では善玉菌の餌になりますので、腸内環境が良くなり痩せやすく太りにくい体質づくりをサポートします。
また、レシチンと言う栄養素が含まれているため、脂肪を代謝する能力をサポートすることもできます。
そして、たくさんのタンパク質が含まれているため、血流を促進したり筋力アップをサポートします。これにより、基礎代謝が向上して横になっていても消費するエネルギーが増えていきます。
豆腐を食べることによって、まるで薬によって病気が治るかのようにみるみる体重が減っていくわけではありません。
しかし、豆腐の成分力があなたのダイエットをあらゆる方面からサポートしてくれる事は確かです。
ほどほどに豆腐を摂取することで、妊娠中ダイエットを有利に進めることができる、ということがイメージできましたでしょうか?

妊娠中はどのくらい豆腐を食べていいの?摂取量目安

それでは、妊娠中に豆腐の摂取を安全に行うために重要な摂取量について見ていきましょう。
結論から言いますと、1日あたり豆腐一丁程度であれば毎日食べても問題ありません。
豆腐1日一丁と言うのは、大体100グラム程度です。
なお、納豆、枝豆などのその他の豆系の食品にも母かれ少なかれイソフラボンが含まれています。
その他の大豆食品などを摂取する場合は、それぞれを食べすぎてしまわないように注意してくださいね。

妊婦さんにオススメの豆腐料理は、湯豆腐と麻婆豆腐

妊婦さんにオススメの豆腐を活用した料理は、湯豆腐、麻婆豆腐がお勧めです。
しかし、どちらにしても味が濃すぎてしまうと塩分の過剰摂取になり、妊娠高血圧症候群や激しい浮腫などの原因となってしまいます。
あくまで薄い味付けを意識することも大切です。
冷奴等の冷たいまま豆腐を摂取するよりも、温かい状態で豆腐を食べた方が冷え性対策にもなるし、代謝アップにもつながるのでダイエット効果が期待できます。
豆腐の食べ方にお困りの方は、そのようにして食べることをお勧めします。

豆腐は注意して食べれば妊婦さんの強い味方になる

豆腐のイソフラボンの過剰摂取は十分に注意したいところですが、そういった最低限のポイントを守ることで、豆腐は妊婦さんにとってとても強い味方になってくれます。
メニューの幅を広げたいときは、クックパッドなどを活用してみるのもありかと思います。
なお、覚えた豆腐料理は出産後にも役に立ちますので、今のうちにいろんな料理を覚えれると後々楽になるかもしれませんね♪
豆腐の力を活用して、ぜひ妊娠中ダイエットを成功させてくださいね!

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.