妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中でも大丈夫?マツエクをナチュラルに見せる裏技大公開!

投稿日:

マツエクをやってみたい。
と密かに思う女性は少なくありません。
まつげにコンプレックスを抱えている方にとって、目の印象を大きく変えるマツエクは非常に魅力的ですよね。
そんなマツエクも幅広く存在し、一方間違えると自分が思っていたのとは大きく方向性が変わる仕上がりになることもあります。
ここでは、ナチュラルに見せるためのマツエク選びのために知っておきたい様々な情報を皆さんにお伝えしていきます。
そして、マツエクの施術をしてもらった後のお手入れも重要です。
記事の後半部分では、マツエク施術後の正しいお手入れの方法についてもピックアップしてまとめていきます。

マツエクデビューの方は必見!ナチュラルに見せる裏技と施術後のお手入れ方法

メイクのたびにパッチリお目目を意識してマツエクをつけるのってめんどくさいですよね。
また興味はあるけれど、まだやったことがないという方にも見ていただきたい情報があります。
つけまつげよりもナチュラルな外見だし、毎日つけるなんてことをしなくてもいい手軽さも魅力。
そんなマツエクに今回はクローズアップしてみていきたいと思います。

まつ毛

ナチュラルなマツエクは毛の質がポイント

まつげエクステのほとんどは、ポリエステルと言う素材から作られているものがほとんどなんです。
とは言え、人口加工の中でも、いくつかの仕上げ方法があり、それによってナチュラルな見え方も変わってきます。

例えばですが、シルクであれば、家の本数が多ければ多いほど鮮やかで強い印象を与えることができます。
ミンクと言うものであれば、つやつや感を抑えているマットな感じの毛質になりますので、本数が多すぎると和沙和沙しすぎてしまう特徴もあります。
セーブルと言うのは高級感がある質感になります。
ほどよく艶があり触った感じも柔らかく、たくさんつけても1番ナチュラルに見える仕上がりになると私は感じます。
このほかにも色々と組み合わせがあるのですが、基本的にはこの3つを覚えておくと良いかと思います。

マツエクをナチュラルに見せるためには太さも大事

実はどの太さをチョイスするかによって、濃い印象になるのかナチュラルな印象になるのかが変わってきます。
細いものだと0.1ミリ、0.12ミリ、太いものだと0.15ミリ、0.2ミリ、といったようにいろんな幅があります。
大体日本人の方がつける場合は、0.12ミリが選ばれることが多いです。
もしあなたがよりナチュラルに見せたいと言うのであれば、選択する太さは0.1ミリから0.12ミリを選ぶと良いと思います。
0.15ミリ、 0.2ミリを選んでしまうと、ナチュラルを演出するのはちょっと難しそうです。

マツエクの長さでナチュラル度合いが変わる

マツエクは太さも大事なんですが、まつげの長さも重要です。
日本人のまつげの長さと言うのは平均的に大体7ミリメートルです。
そしてエクステの長さは、7ミリから1センチ刻みで13ミリまであります。
メーカーによっては15ミリのマツエクもあるんですよ。
ちなみに、いろんな長さがある中でも、よりナチュラルに仕上げたい場合は、日本人のまつげの場合は7ミリから8ミリあたりをチョイスすると自然に仕上がる長さとなります。
なお、職場でバレてはいけないとか、マツエクしてはいけない状況にある方は、自分のまつげの長さと同じ位のもの選ぶとさらにナチュラルにまつげのボリュームを上げることができます。

考え方としては、大体自分のまつげの+2ミリ位までであればナチュラルな仕上がりになると言うイメージで大丈夫だと思います。
さらにボリュームが欲しいと言う場合は、それ以上の長さのものを選びましょう。

カールの種類も意外と重要

マツエクにはカールの種類もあります。
そのカールの種類は、5種類から10種類など、様々なタイプがあります。
メーカーなどによって言い方なども変わってくるのですが、よりナチュラルに仕上げたいのであればJカールというものを選ぶのが一般的です。

ふさふさまつ毛

マツエクの本数はどうしたらいいの?

実際にマツエクの現場に行って困るのがマツエクの本数です。
日本人のまつげの平均は片方の目で大体100から120本位だと言われており、少ない方だと50本程度の方もいらっしゃいます。
では、マツエクではナチュラルに仕上げるためにはどうしたら良いのか。
大体120本を選ぶのが無難です。
一般的にもこの本数が1番人気で、ナチュラルに仕上げながらもきちんとマツエク特有の可愛さを出すことができるとして選ばれています。

妊娠中にマツエクをしちゃいけないって本当?

少し話が変わりますが、マツエクを希望される方の中には妊娠中である方も少なくありません。
結論から言いますと、妊娠中にマツエクをすることは可能です。
美容院だと、妊婦は髪の毛が切れない頭をして断られる場合もあるようなのですが、マツエクの場合は、受け付けているところもあるようです。
しかし、場所によっては妊娠中の方は受け付けていないところもあるようなのであらかじめ下調べをしてからで向かうようにしましょう。

マツエクをお手入れする方法

マツエクの施術をした後は、正しいお手入れをする必要があります。
マツエクはいちど行えば永遠と続くものではなく、持続期間と言うものがあります。
その持続期間は普段の生活やまつげの状態など人によって違う部分があるのですが、大体3週間から1ヶ月が目安です。
このような目安があるのですが、あなたが正しい情報をキャッチした上で毎日正しいお手入れをすることができれば、マツエクを美しい状態でできるだけ長くキープすることができるんです。

そこで、マツエクの正しいお手入れの方法についてお話ししていきます。
おトイレの前に気をつけたいポイントがあります。
実はマツエクをやってもらった後も、しっかりとまつげが安定してくるまでは1日程度かかってしまいます。
なので施術をしてから24時間は目元に充分注意してください。
特に、マツエクをしてから最低でも5時間位は洗顔をする事は控えます。手で触ったりこすったりするのも良くないです。

あと寝る時も注意です。うつぶせで寝る癖がある人は、そうしないように工夫をしましょう。
特にマツエクは何か摩擦が起こると取れやすくなってしまいます。
花粉症の時期は特に要注意です。

マツエクを長く保たせるための洗顔とクレンジングのコツ

マツエクのお手入れで重要なのは千貫家クレンジングの時です。
この時にマツエクはダメになりやすいので、正しい方法を覚えましょう。
基本的に洗顔もクレンジングも、摩擦が発生しないように丁寧に優しく行うことが必要です。
ゴシゴシ洗ってしまう方は、マツエク的にはあまりよろしくないので注意が必要です。
また、アイシャドーやアイラインなどは綿棒を使って優しく丁寧に洗い落とします。
なおマツエクは水にも強いと評判なのですが、濡れたままの状態で放置すると長持ちしにくくなってしまう恐れがあります。
お風呂上がりもしくは洗顔をした後は、ドライヤーを使って優しい風で乾かしてあげます。
暖かい風ではなく冷たい風を当てておくのがポイントです。

もしもマツエクを取りたくなったらどうすればいいの?

マツエクを気分でやってみたけどなんとなくはずしたくなった。もしくは職場で注意されて外さなきゃいけなくなった。
なんてこともあるかと思います。
その場合は自分で無理やり取ろうとするのではなく、サロンに行って外してもらうことが大切です。
自分で無理やり取ろうとするともともとのまつげへのダメージの原因にもなり、これから重要となるまつげも抜けてしまうことがあります。

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.