妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中の腹筋はいろんな効果があっておすすめ!

更新日:

妊娠するとおなかの中で赤ちゃんが徐々に大きくなっていき、
それと共に体重のコントロールをお医者さんから指摘される場合もあります。
一般的にはウォーキングや軽めのジョギングなど運動やエクササイズの中でも
手軽にできるものが推奨されているのですが、このページでは腹筋という筋トレを考えてみたいと思います。

ストレッチ

妊娠していても妊婦さんも女の子です。
どうせ同じ運動をするのであれば部分痩せも考えることがあるでしょう。
その際にやはり一番気になるぽっこりお腹をなんとかしたいなと考える妊婦さん実は多いんですよ。
二の腕や背中や下半身など部分痩せの需要という中ではお腹の部位は特に多くの方が悩んでおり、
その際に腹筋をするという選択肢が生まれ、妊娠している中で腹筋運動はどうなんだろうと考える方も多いと思います。

妊娠中というのはつわりなどもあるし、どうしても運動量が減り筋肉が衰えてしまう傾向があります。
筋肉の衰えというものは痩せにくい体になったり
腰痛や肩こりなど妊娠中に起こる体の悩みに直結するものが多く、
日々の生活にも悪影響がある場合があります。また、運動することによってストレスも解消するので
妊娠中に怒るイライラや情緒不安定の状態をクリアにするためにも
体を動かすというものはとても良い行動であると言われています。

妊娠中の腹筋はいつから行う?

妊婦さんのお腹

よくある疑問の中でいつから腹筋をした方がいいだろうかと考えている方も多く、
この時期というものの考えは妊娠中とても大切になるので一緒に見ていきましょう。

まずポイントになるものは妊娠15週までつまり妊娠初期の段階というものはつわりも起きやすく、
またおなかの中で赤ちゃんが安全な状態にまで成長していないので
激しい運動をすると流産になりやすい時期とも言われています。
妊婦さんの体の方も精神的にも体力的にも安定しにくい時期なので
この妊娠初期という時期はなるべく激しい運動や腹筋運動なども控える方が良いといえます。
ということは妊娠中期以降腹筋運動は行った方がいいということになります。
ただしお腹の赤ちゃんの成長を第一に考えること、激しい無理のあるようような腹筋をすることはお勧めできません。
腹筋だけではなく運動の種類によっても同じことが言えるのですが
特に臨月というものは出産を楽にするために積極的に運動するように言われる場合もあるのですが
中にはなるべく控えた方がいいとお医者さんから指示される場合もあります。
臨月に関しては自己判断ではなくお医者さんや産婦人科の方と相談しながら行ってください。

妊娠中ではなく通常時の腹筋というのは、ほとんどの方がお腹に筋肉をつけたいとか
ぜい肉をなくしたいという思いで行うと思います。すると毎日○○セットを継続して行わなければと考えてしまいます。

しかし、今は妊娠中という特別な時期であるということを忘れないでください。
毎日決まったセット数を行うこと自体がストレスになったり、過度な運動につながる場合があります。
ダイエットなど継続するのが苦手だという方は多いけれど、
逆に目標を設定すると頑張れるという方もお腹の赤ちゃんのことを第一に考えてください。
お腹の張りがある場合は避けたり、毎日しなきゃという考えよりも自分の体調を優先してください。

妊娠中における腹筋を行う時の注意点

妊娠中というのは体に様々な変化が起き、それらの中には運動やエクササイズ、
そして腹筋などの筋トレを行った方がいい場合があります。
まずは体にどのような変化があるのか、そしてその変化がそれらの運動によってどう効果を出すのか見ていきたいと思います。

妊娠中というのは初期の時のつわりそして女性ホルモンの変化により自律神経が乱れやすく、
精神的にも体のコントロールも効かなくなってしまうということも起こってきます。
また妊娠中に体重の急激な増加は妊娠高血圧症候群などの病気を発症する可能性もある他、難産につながる場合もあります。

そして免疫が下がったり血流の働きも弱まるため妊娠中は便秘になる妊婦さんが多くおられます。
このような妊娠中は特殊な環境下にあるということを理解して腹筋などを行ったほうがいいと思います。
このような妊娠中の環境下で 腹筋運動などはどのような身体に良い影響を与えるのでしょうか。

筋トレ

妊娠中における腹筋の効果

まず一つ目に考えられるのは、自律神経を整える働き。
これは気分転換などにもつながり妊娠中に自律神経が乱れるを影響で
イライラしたりストレスを溜めやすい状況下にあるものを発散させるという働きが期待できます。

また出産に向けて体力をつけておくというのも第二の目的となるでしょう。
出産を経験したことがない方は分からないかもしれないですが、出産というものは体力勝負と言われています。
体力がないまたは筋肉がないことによってお産が長引いたという方も多くおられるのです。

第三の効果として便秘が解消されるということも期待できると思います。
腹筋などは腸の蠕動運動を促進するため妊娠中に便秘になるという方はお腹の筋肉が弱っているということも考えられるのです。
一般的に妊娠中はウォーキングなどの手軽にできるような運動をお医者さんからもおすすめされると思うのですが、
腹筋のような筋肉トレーニングはとてもおすすめしたい運動の一つになります。

最後に腹筋は出産時の行動にもメリットをもたらします。
その理由として分娩時に赤ちゃんを参道から押し出す最妊婦さんはいきむ必要があります。
このいきむ時に腹筋の力はあるかないかでかなり違いが出る出て、出産にかかる時間にも影響を与えます。

妊婦さんが腹筋をして痩せるために効率を上げるには?

妊婦さんが腹筋をダイエットのために行う際には効率を上げるために行ったほうがいいものや摂取したほうがいいものというものがあります。
まずは加圧シャツ。産後にもおすすめできるアイテムで運動効率をアップさせるためのものです。腹筋の目的としてはお腹周りの脂肪を何とかしたいという気持ちがあるはず。そこで加圧シャツで腹筋の効果を向上させることで脂肪燃焼をサポート。

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.