妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット ママの変化

妊婦さんの暴食は絶対悪いわけではない?

投稿日:

妊娠初期のつわりがひどい時期を何とか乗り越えると、暴飲暴食をしてしまう方が意外と多いのをご存知でしょうか。
妊娠前に大食いでもなく体格に関わらず暴食に走ってしまい、困ってしまったことあなたにはありませんか?

つわりの症状は個人差があり、ひどい方もそんなに感じることがなかったという方もおられるでしょう。妊娠中はお医者さんからも体重の急激な増加に気をつけろと注意される時期でもあるので、暴食が続くと体重増にもつながり後で困ってしまいます。
このページでは妊娠中の妊婦さんの暴食や過食について考えてみたいと思います。

なぜ暴食してしまうのか?

まず最初にこの妊娠中期の暴食、過食の理由を考えてみましょう。
ついつい食べ過ぎちゃったと反省する程度の暴食なら気にすることがないかもしれませんが、悩むレベルの暴食や過食というのは必ずその理由があるはずです。
つわりの時期が終わる妊娠中期の暴食には主なものとして以下の原因があります。

  • つわりの反動
  • ストレスの影響
  • 栄養不足

つわりの反動

妊娠初期のつわりが激しかった過多ほどその傾向は現れやすいと言われているのですが、つわりの時期は匂いも味覚も過敏になり、たとえ好みの食材や料理があっても食べられないということが多くあります。気分が悪くなったりしてはいてしまうこともあるので食べたいという欲求よりも食べられないという我慢をすることも多々あるんですね。
こうした我慢がたまった状態からつわりの時期が終わることで解放されて、過食や暴食といった行動につながるケースがあります。
つわりで気持ち悪くなっている女性

ストレスの影響

妊娠する前は当たり前だったことができないことによるストレスや、つわりの時期のストレスから解放されることによる暴食ってパターン。
妊娠中はホルモンバランスが乱れることによってストレスも感じやすくなっています。ちょっとしたことでも旦那さんとけんかしてしまったなどというケースも妊娠中には増えてしまう傾向があります。
ストレスは自分ではため込んでいると思わなくても、知らず知らずのうちにたまっているものです。妊娠する前は友人とのショッピングやカラオケ、旦那さんとのランチなどストレスを発散する機会は多いけれど、妊娠することによって普段の生活の中でも制限されることがたくさんあるんです。

栄養不足

妊娠中はお腹の赤ちゃんもどんどん成長していて、妊婦さんの普段から食べる食事も赤ちゃんの栄養としてどんどん吸収されます。そのため妊婦さん自身も自分のための栄養というのも不足してしまうこともあります。産婦人科でも葉酸などはサプリメントで摂取するように推奨されますが、同様に不足する栄養素を意識的に摂取しなくてはならないため、体が無意識にも栄養を求めて、それが暴食や過食へとつながるケースもあります。
そして太りやすい方や妊娠する前から体重が多くて、妊娠することでお医者さんから体重を減らしてくださいなど言われた場合、がんばって体重を減らすように食事制限や妊娠中でもできるダイエットなどしている場合、同じように体に栄養が不足していると判断して暴食や過食に走ってしまう場合もあります。

暴食し続けるとどうなるのか

前述で説明したように体の栄養が不足して引き起こされる場合の暴食の場合、ある意味体をいい状態にするという行動ともとらえることができる暴食。
しかし、そういった状態が長い間続いてしまうとやはり体に悪かったり、お腹の中の赤ちゃんに悪影響がありそうですよね。ここでは暴食が続く場合、どういったことが起こり得るのか見ていきましょう。
妊娠中期に関わらず妊婦さんは体重のコントロールが必要になります。
妊婦さん自身の急激な体重の増加は、妊娠糖尿病や妊娠中高血圧症候群といったリスクを一気にあげてしまいます。
妊娠中高血圧症候群は昔は妊娠中毒症といわれていて、むくみや尿タンパク、難産、早産など様々なデメリットがあります。

ついついで続いていた暴食や過食が結果として難産や早産のリスクとなったらすぐにでもなんとかしなきゃと気が付くはずです。
妊婦さんはバランス良い食事

妊婦さんの暴食を抑える方法

妊娠中の暴食の衝動は、うまく付き合っていって我慢によるストレスにつながらないように抑える必要があります。
基本的に食べるものをうまくコントロールすることが必要になるのですが、妊娠中に無理な食事制限ダイエットなどは危険なので、できる範囲でやれることをやっていった方がいいんですね。ではどのような方法があるのでしょうか。

ブドウ糖を摂取する

妊娠中の暴食は脳がブドウ糖を摂取したいという指令の素様々な食材を食べたいという行動につながっている場合があります。こういった場合は、ブドウ糖の飴などを食べることでも衝動を抑えることになります。飴ちゃんは一瞬でなくなるわけではなくゆっくりと口の中で溶けるので食欲の抑制にも一役買ってくれます。

ご飯にひと工夫する

同じように食べるものを食べて満腹感を感じさせるということでは、通常のご飯を五穀米やもち麦ごはんに変えることもおすすめです。
栄養もたっぷりだし、満腹感を感じやすいから暴食にもつながりにくくなります。
またもち麦は最近、ダイエットにも注目されているのでもち麦だけではなく、無理のないダイエット方法を取り入れるということもおすすめの方法ともいえます。

暴食や過食を抑える際に意識したいこと

暴食しても、それ自体が悪だとか悪いように考えてしまっては自己嫌悪やストレスにつながり、かえって暴食や過食を加速させることになってしまいます。
お医者さんの言うように体重の急激な増加は注意しなくてはならないけど、どうしようもない自分。そのような考え方をしてしまうとお腹の赤ちゃんにも悪影響を与えかねません。
無理のない程度に、どうしようもない自分も認めてあげて、そのうえでできることをゆっくりでもいいからやってみる。
これが大事なポイントになります。
暴食はしてはいけないのではなく、多少ならいいかというくらいがちょうどいいはず。
悩んでしまう場合はちゃんと産婦人科の先生に相談するようにしましょう。また悩みや愚痴を吐ける友人との会話も大事になるので、自分だけでは抱え込まないようにしましょうね!

スポンサーリンク

-ダイエット, ママの変化

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.