妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

損する人得する人の最新もち麦ダイエットが妊娠中にもたらすもの

投稿日:

今回は、先日7/26日に日テレの人気番組『得する人損する人』で放送された『楽ヤセダイエット特集』で取り上げられた【得損式】の最新もち麦ダイエットが妊娠中にどんなメリットがあるのか、ダイエットはもちろんですがお腹の赤ちゃんにとってはどうなの?と言った部分について詳しく見て行きたいと思います。

得損式『最新もち麦ダイエット』ってどんなの?

実はぶっちゃけて言うと『もち麦ダイエット』自体は以前からありました。もち麦には『βグルカン』という水溶性食物繊維が白米の25倍もの量が含まれていて、消化もゆっくり行われる過程で腸まで届いて行くのですが、そうなることで余計な脂質や糖質の吸収がブロックされて行くというのがもち麦ダイエットが効果があると言われる理由や仕組みです。
前からあったもち麦ダイエットは、もち麦を白米と一緒に炊いた『もち麦ごはん』を食べるだけだったのですが、これに『ぬか漬け』を一緒に食べることで『オリゴ糖と有機酸を作り出せる酪酸菌を摂ることができる』という要素が加わってダイエット以上にメリットが大きい健康効果が得られるというのが『得損式のもち麦ダイエット』なんですね。

もち麦ダイエットのやり方は?

今回ご紹介している最新式のもち麦ダイエットのやり方は先ほども触れた通りとっても簡単で、普通にこれまで食べていた白米だけのご飯をもち麦を加えて炊いたもち麦ごはんに置き換えて、おかずにぬか漬けを一緒に食べるだけです。
では、実際にもち麦ダイエットを実践するためにもち麦ご飯の炊き方やぬか漬けを一緒に食べることのメリットを詳しみて行きましょう!
もち麦ごはん

もち麦の炊き方は?

もち麦ごはんの炊き方は、とっても簡単♪

  • 分量は『白米2:1もち麦』
  • お水の分量は白米を炊くのと同じ量でOK

これでもち麦ごはんは準備完了です♪
ただし、もち麦ご飯はもっちりしていてちょっと噛み応えがあるので、食べる時のポイントとして『ゆっくりとたくさん噛んで食べる』というのがポイントです。水溶性食物繊維がゆっくり消化されながら腸まで届くことで余計な脂質や糖質の吸収をブロックする働きを促してダイエット効果をUPさせることができるんですね。
また、こうすることで血糖値の上がりが食べている間に起こって『早めに満足感を感じられる』という効果もあります。これで妊娠中の安定期から起こりやすい『食べづわりによる食べ過ぎ』も防ぐことができるんですよ♪

ここがポイント!ぬか漬けを食べよう!

最新式のもち麦ダイエットのもうひとつのポイントがぬか漬けを一緒に食べるという部分です。これで冒頭のもち麦ダイエットって?のところでも軽く触れた『酪酸菌(らくさんきん)』を一緒に摂ることができます。この酪酸菌は腸内環境を善玉菌優位にするために腸内細菌を育てることができるオリゴ糖を作り出すことができる菌なんです。
また、有機酸という物質を作り出すことで粘膜の修復も効果的に進めてくれます。粘膜修復というのは、例えば子宮内膜の胎盤の安定性を上げることも含めて妊娠中に赤ちゃんの健康な成長も促すことや早産リスクや流産リスク軽減にもつながるので、健康的な妊娠生活を送るための役にも立ってくれるというメリットもあるんですよ。
つまり、ここまでの得損式のもち麦ダイエットのメリットをまとめると・・

  • もち麦に含まれる水溶性食物繊維で妊娠中の便秘予防&解消
  • 脂質や糖質の吸収を穏やかにして妊娠中のたくわえ体質の太りやすさを軽減
  • ぬか漬けの酪酸菌摂取で腸内環境改善!免疫力もUP
  • 粘膜修復効果で妊娠生活を安心・安全に!

というこれらのメリットが考えられるのがもち麦ダイエットを楽に痩せるだけではなく、妊娠中の妊婦さんにもおすすめする理由なんですよ♪

もち麦で摂れる栄養は?

妊娠中の普通の食事を全体的にもち麦ごはんに置き換えるという話を聞いて、もち麦で摂れる栄養が気になったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠中は食べ過ぎや太りすぎは危険と言っても『ちゃんとお腹の赤ちゃんの分まで栄養が必要』ということには変わりありません。なので、太りすぎ予防の効果があっても『ちゃんと栄養が摂れないんじゃお腹の赤ちゃんにとっては良くないんじゃ・・』という心配をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
結論から先に言ってしまうと、この点については『まったく心配いりません♪』ということになります。
実は、もち麦には白米に含まれる以上のビタミンB群が摂れるメリットもあります。
ビタミンB群は赤ちゃんの成長に必要な細胞分裂を支えるビタミン群ですので、妊娠中には絶対に必要になる栄養素です。
また、マグネシウムは玄米に比べても2倍。カルシウムに至っては玄米の6倍以上も摂ることができます!
なので、お腹の赤ちゃんが健康にしっかり育ってくれるために必要な栄養素の基本的な部分が白米以上にしっかり摂れるんです。
もちろん、葉酸は玄米の半分以下なので葉酸は何らか別の食べもので補うか、サプリなどで摂取することが必要ですが、葉酸以外の栄養については『白米や玄米よりもむしろもち麦の方が優れている』と言っても良い内容のものが摂れるんですね。
なので、もち麦ダイエットはお腹の赤ちゃんにとってどうなの?という点が心配なプレママさんにとっても朗報なんですね♪
健康的なごはん

ぬか漬けはちょっと勘弁!苦手だよという方は・・

妊娠中にメリットが多い最新の得損式もち麦ダイエットですが、ひとつだけ妊婦さんにとってどうかな・・という点もあります。
それは、ぬか漬けのニオイがダメ!という方はどうすれば酪酸菌を摂れるのか・・という点です。
ぬか漬けに含まれる酪酸菌をもち麦ご飯と一緒に摂ることでダイエット以上にメリットがあるのですが、ぬか漬けが臭くて食べれないという方の場合は『どうしても食べれない・・』とガッカリされると思います。
特に妊娠中はホルモンバランスの変化で『匂いに敏感になっている』ので、ぬか漬けが食べれないという方も多いかも知れません。妊娠初期のつわりの時期の場合は受け付けることができない場合もあります。
そういった方の場合は、サプリメントで酪酸菌を補う事もできるので心配無用です。
また、食べもので自然な形で酪酸菌を摂りたいという方はヨーグルトやチーズなどの食材でも摂ることができるので、ぬか漬けが食べれなくても心配はいりませんよ♪

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.