妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ママの変化

妊娠してから残尿感を感じやすくなっている場合どうしたらいい?

投稿日:

妊娠してからやたらトイレに行く回数増えていませんか?
妊娠する前にはそうでもなかったのに、妊娠してから気が付くと残尿感を感じやすくなり
一日に何度もトイレに行く。
トイレに行ったはいいものの何も出なかったりして、この残尿感はなんだろうと考える妊婦さんって意外と多いんです。

妊娠してから残尿感を感じる場合病気なのではないか・・・

いつもならトイレに行く回数とか数えたことがないけれど、妊娠してからやたらとトイレに行く回数が増えてしまった・・・。
明らかに妊娠前より残尿感を感じやすくて、これってなんなのって考えてしまっている方。私って頻尿になったのかしらと感じている方に向けてこのページでは妊娠中に感じやすくなっている残尿感について特集したいと思います。

トイレの回数が増える

なぜ妊娠中は残尿感を感じやすい?

妊娠することで妊婦さんの身体に起こる変化はとても多く、その変化に気が付くたびに大丈夫かしらと考えることも多いと思います。
残尿感や頻尿の原因というのは

  • ホルモンバランスの変化
  • 子宮が膀胱を圧迫するため
  • 腎機能の活性化

が考えられます。

ホルモンバランスの変化

妊娠することで女性ホルモンであるプロゲステロンが増え、エストロゲンが減少します。このプロゲステロンが増えることによって自律神経が乱れやすくなります。
本来プロゲステロンは子宮を大きくするために必要な働きをするのですが、妊娠する前まではこのような増えている状態ではないのでホルモンバランスが乱れている状態になってしまいます。
プロゲステロンは子宮や膀胱を支える役割を持っている骨盤底筋という筋肉を弛緩させるんです。その結果残尿感を感じやすくなったり、利尿作用を促進させたりしてしまうんです。

子宮が膀胱を圧迫するため

お腹の中で赤ちゃんが大きく育っていくことによって子宮も大きくなり、その子宮が膀胱を圧迫するようになります。その子宮の中で赤ちゃんが動くことによっても膀胱は刺激を与えられるため、その刺激を尿意に感じてしまい、頻尿や残尿感につながっていきます。妊娠中期から妊娠後期になって頻尿や残尿感を感じやすいのは、こういった理由が大きくかかわってくるためです。

腎機能の活性化

妊娠することによってお腹の中の赤ちゃんを成長させたり、出産に向けての体を作るためにも血液量が増え、その結果腎機能も活性化されます。腎機能は排せつに関わる働きをするので、頻尿になったりもしやすくなります。

残尿感を感じる

残尿感や頻尿の対策としてやってしまっているダメな対策

ついつい残尿感をより感じたり頻尿になっている場合、尿漏れパットやおりものシートを使ったり、水分をなるべくとらないようにしていませんか?
実際に妊娠中であるかは関わらず、尿漏れパットやおりものシートを対策で使っている方は多くおられます。女性の場合、妊娠することで残尿感を感じやすくなったり頻尿になったりはその頻度は違えどほとんどの方がなるそうです。
この場合お医者さんも水分を制限することはすべきではないと言われているように、いくらそのように感じても水分はしっかりと摂取するようにしましょう。
尿漏れパットやおりものシート(生理用ナプキンも)は、使うことによっていざという時の対策にもなるし、精神的にも安心感があるためストレスにもなりにくく、方法としてはありだと思います。

その残尿感、もしかしたら膀胱炎かも?

残尿感や頻尿自体は妊婦さんはほとんどの方が感じることなのですが、膀胱炎になる方もおられることもまた事実です。これは妊婦さんの体の免疫力が低下することでよりかかりやすい症状で、尿意や残尿感だけではなく痛みがあるようなときはお医者さんに相談してください。

妊娠中の残尿感を感じやすいときの対処法は?

そんなに気にすることがないと言われている残尿感や頻尿などはどうしたらいいのでしょうか。

  • トイレになるべく多くいく習慣
  • 体を冷やさないようにする
  • 骨盤底筋を鍛える
  • カフェインを控える

対策としては以上のことがあげることができます。

トイレになるべく多くいく習慣

これは当たり前に感じるかもしれませんが、トイレに行く機会を意識的に増やすことがポイントになります。自分で尿意を感じてからトイレに行くと骨盤底筋の緩みや子宮の圧迫で遅い場合があります。こまめに行くようにすることで安心感も持てるので習慣化してみましょう。

体を冷やさないようにする

人間というのは体が冷えると尿意を感じやすくなります。しかし妊娠中というのは体の冷えは避けなくてはなりません。夏場のエアコンも温度管理をしっかり行って体が冷えすぎない用意しましょう。外出する場合は、上に着れるものを一枚多めにもっていくことも重要になります。寝るときなども暑くてもお腹周りは冷やさないように意識してください。

骨盤底筋を鍛える

産婦人科でも最近では骨盤底筋を鍛えるトレーニングを教えてくれるところが多く出てきたのですが、自分で意識的にお尻あたりをきゅっとしめるような感覚を1日の中で数回行ったりすることで頻尿、残尿感の対策になります。

カフェインを控える

妊娠中はアルコールやカフェインを控えるようにお医者さんにも言われると思いますが、カフェインというのは利尿作用が強く表れます。コーヒーや紅茶が好きな方でもカフェインレスの商品を飲むようにしたり工夫をするようにしましょう。

妊娠時の残尿感や頻尿のまとめ

妊娠すると汗をかきやすくなったり頻尿になったり、体の水分が排出されやすい状態になります。またお腹の中では赤ちゃんの羊水が作られたり、栄養を届けるための血液量も増え、ここでも水分を必要としている状態になります。
自分ではトイレに行く回数を減らしたいとか、自分なりの残尿感対策として水分制限をすることはしないでください。
水分が不足すると血液がドロドロになったり便秘になりやすかったりと母体にも悪いし、お腹の赤ちゃんも必要としています。
妊娠する前よりも意識的に水分を摂取するという意識のほうがいいんだって!!

スポンサーリンク

-ママの変化

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.