妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット

妊娠中に枝豆は危険?メリットや注意点まとめ

投稿日:

枝豆はあるテレビ番組で日本のスーパーフードといってもいいくらい栄養豊富だと言っていたのですが、
妊婦さんにとってはどうなのでしょうか。
妊娠中はなるべくお酒を控えなくてはならないので、旦那様が晩酌するときなどは
おつまみだけとかの家庭もきっとあることでしょう。
そうなると枝豆ってどうしてもお酒飲みたくなるという方も??w
今回はそんなシーンなどで登場する枝豆くんです!!
とりたての枝豆

妊娠中も枝豆は大丈夫!注意点や効果効能をまとめてみた

枝豆といえばお酒のおつまみ。と言う印象がどうしても強いですよね。
そんな枝豆ですが、実は妊娠中の方に対する栄養素的なメリットが非常に大きい食べ物でもあるんですよ。
しかし、「妊娠中 枝豆」といったような感じで調べを入れると、危険性を連想させるような一言を目にすることもあります。

実際のところ、確かに枝豆は妊婦にとってもお勧めの食べ物なのですが、食べ過ぎには注意だと言われています。
妊娠中に枝豆を食べる事は危険なことではありませんが、安全な食べ方を知った上で摂取していく必要がありそうです。
そこでこの記事では、枝豆のメリットや効果などを見ると同時に、妊娠中に枝豆を食べる際に気をつけたい注意点などを見ていきます。

妊娠中に枝豆を食べるとどんなメリットがあるの?

枝豆と言えば体に悪いイメージは無いものの、妊婦にとってとてもメリットがある食べ物には見えないですよね。
そんな枝豆には、ある意外なメリットが隠されていました。

実は枝豆と言うのは、いろんな栄養素を豊富に含んでいると言うだけでなく、ピンポイントで妊婦さんに対して不足しがちな栄養もたくさん含んでいることで有名なんです。
特に葉酸が豊富に摂取できる食べ物としても有名です。
この栄養素と言うのは、特に小さな赤ちゃんの脳みそや様々な神経を作ったりするのに大切な働きをしてくれます。
そもそも、お腹の中に身ごもった退治と言うのは、最初はごくわずかな小さな細胞から始まり、そこから細胞分裂と言うものが行われて徐々に体が大きくなり、内臓が形成されて行きます。
予算と言うのはこの非常に大切な細胞分裂の働きをサポートすると言われているんです。

逆に、妊娠したときにこの重要な葉酸が不足すると、胎児の命や健康に大きく関わる問題に発展する可能性があると言われています。
広い目で見ても非常に重要な栄養であることがわかります。

その他には、タンパク質、鉄分、食物繊維などが摂取でき、赤ちゃんに対してだけでなく妊娠中のママさんに対しても嬉しいメリットがたくさんあります。

※もちろん子供を出産した後も枝豆は積極的に摂取していきたい健康的な食べ物です。

おいしそうな枝豆

枝豆の食べ過ぎが良くない理由

先程の段落では、枝豆が妊娠中に非常にお勧めの食べ物であることがわかりました。
ですが、そんな枝豆でも食べ過ぎには注意が必要だと言われているんです。
その理由はいったいなぜなのでしょうか?
その理由は大きく分けると2つあります。

1つ目は塩分の取りすぎによる妊娠高血圧症です。
これについては、枝豆をそのまま食べる分には特に問題はなさそうですが、枝豆をおいしく食べるためには、塩をかけて食べることもあるかと思います。
ここ学校咽頭になってきます。
一般的には日本の成人女性が1日に推奨されている食塩の摂取量は平均すると10グラム程度です。
しかし妊娠中は塩分の摂取量の目安が約8グラムとされています。
多くの日本人は普段通りの食生活だと毎日塩分の過剰摂取になっている人も少なくないそうです。
その上健康に良いからといって、ガンガン枝豆を摂取する生活を始めてしまうと、塩分の過剰摂取につながり、妊娠高血圧症候群に陥るリスクが高くなります。
それでは胎児の命に関わる事態に発展するきっかけになります。
なのでそもそも枝豆を作る際は塩分をほどほどにし、枝豆もついつい食べ過ぎてしまわないように気をつける必要があります。

2つ目は、イソフラボンの過剰摂取のリスクです。
イソフラボンと言う成分の名前を聞いた事はありませんか?
これは主に大豆食品に含まれる栄養素で、枝豆にもたくさん含まれています。
イソフラボン自体はエストロゲンという女性ホルモンに似た働きをし、エストロゲンが不足した際はエストロゲンの働きをサポートし、エストロゲンが多すぎる時はそのバランスをコントロールすると言われています。
なのでイソフラボン自体は悪いものでは無いのですが、イソフラボンばかりを摂取してしまうと女性ホルモンのバランスが乱れやすくなると言われています。
ご存知の通り、妊娠中は女性ホルモンのバランスが非常に重要です。
このバランスが崩れてしまうのは大問題です。
枝豆をほどほどに食べる分にはイソフラボンの過剰摂取につながる事はあまり無いようですが、その日の食事で納豆や豆腐などの大豆系の食品を食べた場合は、枝豆を取りすぎないように気をつける必要があります。

妊娠中に枝豆を食べた時に赤ちゃんに悪影響はあるの?

もう一つ妊娠中の枝豆に関する心配事としては、赤ちゃんへの悪影響がどうなのかと言うところがあるかと思います。
これについては断定的な意見があるわけでは無いようなのですが、もしも極端に枝豆を食べすぎてしまうと、生まれてくる子供が大豆アレルギーになりやすいという統計的な話はあるそうです。

もちろん、枝豆を毎日食べれば必ず赤ちゃんが大豆アレルギーになるわけではありません。
しかし、こんな話を聞かされてしまっては枝豆を食べるのが怖くなってしまいますよね。

そもそも、赤ちゃんにアレルギーが発生してしまう枝豆を摂取するのは、塩分の過剰摂取はイソフラボンの過剰摂取と言う側面で見ても危険なことです。
いずれにしても、毎日ほどほどに食べる分には特に問題は無いので、必要以上に怖がる必要はありませんよ♪

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.