妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

健康

妊娠中にカレーを食べてもいいの?効果や注意点とは

投稿日:

妊娠中の妊婦さんはカレーライスを食べても大丈夫なのでしょうか。香辛料やスパイスがたっぷりで工夫次第で様々な食材が使え栄養も豊富。食欲がないときや料理が面倒でもカレーはおすすめですよね。
妊娠中というのは不規則な生活や生活習慣をしないようにするだけではなく、食事内容にも気をつけなければならないことがあります。
このページではカレーが大好きという妊婦さんでも、カレーライスを食べてもいいのか、注意すべきポイントはどういったものなのかを特集していこうと思います。
おいしそうなカレー

妊娠中はカレーを食べてもいいの?

カレーライスは多くの方が大好物としてあげるほどの今や国民食とまで言われるほど人気の食事です。そんなカレーは香辛料や具材、隠し味など家庭やお店によっては様々な工夫がされます。妊娠中に制限される食材や調味料などがカレーに入っているのかということが気になるかと思います。
結論から言えばカレーを妊娠中の妊婦さんが食べること自体大丈夫です。しかしながら注意すべきポイントもあることもまた事実。
妊娠中の妊婦さんは妊娠前と比べるとお腹の中の赤ちゃんに影響を与えるものを考えていかなければなりません。
その中の一つに香辛料について、刺激物でもあるので注意が必要といわれることがあります。これは香辛料が直接胎児に悪影響があるというわけではなく、摂取することによって妊婦さんの胃腸が荒れたり、胃もたれ、胃炎などのトラブルが発生すると、まわりまわって赤ちゃんのいる方は注意が必要という意味です。
ただし、大量の香辛料は避けたほうがいいと言われています。一般的な量の香辛料ならば問題ないと言われています。大事なのは適量で適度な辛さのカレーが一番ということなんです。
また病み上がりとか胃腸の働きが弱っている状態のときはお医者さんから避けるように指示を受ける場合があります。そのような際は医師に具体的にどのような食品に注意すべきなのか、どのくらいの量なら大丈夫かを確認しておけば安心につながります。
カフェインやアルコール、たばこなども妊娠中は刺激物の一部と考えられているのですが、できるだけ避けるようにといわれているのと同じことなんだそうです。

カレーの成分から得る効果

カレーをたべることが怖いと言われる場合もありますが、カレーは体にいい点が多くあり、食欲がないときでも食べることができる食事でもあります。カレーにもおすすめしたいポイントはたくさんあるんですよ。カレーは食べる漢方薬とも言われるくらいスパイスや香辛料それぞれに効果があると言われています。ただしすべての香辛料の効果を上げるときりがないので代表的な効果を見ていきます。

  • 脂肪燃焼効果
  • 冷え性改善
  • 疲労回復
  • 血流改善、美肌効果
  • 便秘解消

代表的な効果を上げるとこのようなものになります。
もちろん入っている香辛料や具材によっても変わってくるのでこれらがどのような種類のカレーにあるのかをふまえてみていきます。

脂肪燃焼効果

カレーの材料となる唐辛子などの香辛料はカプサイシンを多く含む食材でもあり、ダイエット効果も期待されます。血流を良くして脂肪燃焼効果があるのですが、過剰摂取は胃腸を荒れさせてしまうので注意が必要になります。

冷え性改善

カレーのトッピングや材料となりやすいショウガやにんにくは冷え性に悩む方にはぜひ食べてもらいたい食材の一つです。そのうえショウガは消化不良を改善したり、にんにくは疲労回復にも効果があると言われています。

疲労回復

疲れた時や食欲不振の時に食べたくなるカレーでもあるのですが、それもそのはず。これらに効果がある香辛料が使われているんです。
例えば、ブラックペッパー、クミン、コリアンダーなど食欲不振や疲労時に効果を発揮すると言われています。

血流改善、美肌効果

カレーにトマトを入れる方も多いのですが、トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用や内臓脂肪の燃焼にも作用があるのですが、これらの効果をより発揮させるためには煮込むことで吸収率の効率がアップすると言われています。カレーにトマトは理にかなっているということなんですね。

便秘解消

香辛料は腸を刺激するので、便秘改善の効果も期待でき、最近女性の間で人気のアボガドカレーなどは女性ホルモンである黄体ホルモンの材料となり同時にビタミンEも豊富に含まれるため更年期の症状の緩和も期待できるとか。食物繊維も豊富なので便秘に悩みやすい妊娠中にもよさそうですよね。

妊娠中にカレーを食べる際の注意点

ここまでカレーは妊婦さんは食べていいけれど香辛料、スパイスは適量がいいと説明していきました。ここでは妊娠中の妊婦さんがカレーを食べる場合、注意したほうがいいポイントを挙げていきたいと思います。

カレーのカロリー

カレーって高カロリーなのをご存知でしょうか。意外かもしれませんね。具材や調理方法などによっても変わっていきますが、標準的なカレーのカロリーは1杯あたり約600kcalといわれています。
ここにとんかつやエビフライなどを加えるとあっという間に1000kcalをオーバーしちゃうんです。
通常妊娠中の妊婦さんの体重増加の目安は約8~10キロで、肥満気味の方はこれよりも抑えるように医師から指導されるはずです。
急激な体重増加は妊娠糖尿病や妊娠高血圧症、ひどいむくみなどにつながり出産トラブルになってしまいます。
いくらカレーが好きだと言ってもこれだけカロリーが高いのでしっかりと体重のコントロールするためにも食べすぎには注意が必要ですね。

カレーの塩分

カロリーと同時にカレーには多くの塩分も使われています。これは調理方法や具材によっても変わるのですが、やはり注意が必要です。
妊娠中は女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きによりむくみが起きやすい体になっています。塩分の過剰摂取はむくみや血行不良を引き起こしてしまうんです。
塩分は調理方法や具材で工夫することで減らすことが可能なので、妊娠中にカレーを作る際には注意してみてはどうでしょう。
ルーを控えめにするとか、調理方法を変えてみるとか野菜を中心にするといった工夫でおいしいけれどカロリーや塩分の少ない妊婦さん向けのカレーが出来上がりますよ。

カレーに含まれる栄養

カレーは食欲不振やつわりで料理がめんどくさいときなどとても重宝する料理です。
妊娠中というのは様々な栄養が必要となるので偏りがないないように、副菜やつけ合わせなども一緒に食べるようにしましょう。

カレーライスとサラダ

スポンサーリンク

-健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.