妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ママの変化 健康

湯たんぽは妊婦さんのお腹を温めてはいけない?胎児への影響

投稿日:

寒くなってくると湯たんぽを使っているよという産後のママさんは多いんです。そのような方の中でお腹に湯たんぽを使っているけれど赤ちゃんに悪い影響はないかなと不安に感じる方もおられます。
冷えは妊婦さんにとっては大敵といわれているように暑い夏でも冷房の冷やしすぎにも注意しなければなりません。
最近では小さな湯たんぽや手軽に充電できるカイロなども発売されていて、妊娠中のつらい腰痛にこのようなアイテムでケアされている方も多いと思います。

寒くなると冷える

冷えは妊婦さんや赤ちゃんにどんな影響を与える?

妊婦さんの体が冷えるとお腹の中の胎児を守ろうとして羊水を増やすという機能が発揮されます。するとお腹は大きくなり、負担も大きくなるんです。
羊水過多症の方も増えている傾向にあるのですが、羊水が多めというのと羊水過多症は原因が違うため間違って思う方もおられます。
羊水過多症は主に妊娠糖尿病や胎児の方に原因があることが多く、産婦人科で医師による検査や診察が必要になります。羊水過多症というのは羊水が多くなりすぎて赤ちゃんがぷかぷかと浮かんでいる状態になってしまいやすくなるため逆子や横子になりやすいと言われています。
また冷えというのは子宮も冷やし、切迫流産や切迫早産のリスクも高めてしまうんです。腰痛や血行不良などにも特に妊婦さんは冷えに対するケアが重要になってくるんですね。

妊婦さんに湯たんぽはどんな効果があるの?

妊婦さんが冷え対策として湯たんぽを使うということはどのような効果があるのでしょうか。
肩こり、腰痛、生理痛の緩和
便秘の改善
だるさや疲労の回復
むくみの改善
寝つきが良くなる
このような効果が代表的なものとしてあげることができます。

おしゃれな湯たんぽ

自分の体の冷えを確認する方法

冷えているということを自覚されていない方が実は多いんです。
ではどうやって自分の冷えを確認すればいいのでしょうか。
冷えの確認方法、簡単なものがあるので紹介しますね。
お腹のおへそ周辺に手を当ててみてください。皮膚の他の部分よりも冷たいと感じるのなら体が冷えているということなんです。お腹は皮下脂肪も多く、子宮も近い場所です。妊婦さんはこの方法で自分が冷えやすいのかを確認してみてください。
この方法は夏でも冬でもできる方法です。夏でも体が冷えているということは十分あり得るので調べてみてください。

湯たんぽの種類と特徴

湯たんぽといっても実は種類があるんです。皆さん想像しているのはきっと一つの種類の湯たんぽなのですが、ここではどういった種類の湯たんぽがあるのか、そしてどういった特徴やデメリットがあるのかを見ていきましょう。
1 お湯式湯たんぽ
きっと多くの方が想像しているのがこのタイプ。やかんやお鍋で沸かしたお湯を入れるタイプですね。お湯がなかなか冷めないので保温時間が長いという特徴があります。
デメリットとしては、使う前にお湯を沸かす手間がかかるのとお湯を入れるのである程度の重量感があります。

2 電気充電式湯たんぽ
コンセントやUSB端子で充電できるタイプの湯たんぽです。電気さえ何とかなれば手軽に温めることができるのですが、停電時や災害時には使い物にならないという声もあります。
デメリットはまだ価格がある程度高いと言えます。使う前に充電しておく必要もありますね。

3 レンジ湯たんぽ
レンジで温めることができとても手軽だと

おすすめの湯たんぽ

最近はおしゃれな湯たんぽがたくさんあります。
ここですべてを紹介することはできないのですが、私が調べて可愛いなとか機能的だなと感じたおすすめの湯たんぽを紹介します。

1ぬくぬく充電式湯たんぽ

 

その他多くありすぎたので後日増やしていきますw

スポンサーリンク

-ママの変化, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.