妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

バストの悩み

バストアップに大胸筋の鍛えが必要│産後からじゃなく妊娠中に用意しよう

投稿日:

完全母乳で赤ちゃんを育てて、その後見事に胸がサイズダウンした方、ぺちゃんこなのに垂れている方って意外と多いのをご存知でしょうか。
ん?ぺちゃんこなのに垂れているっておかしくない?出産を経験されたママさんならわかると思うんですが、経験していない男性や若い女性には想像できないかもしれませんよね・・・。
バストの話なのでグーグル先生に注意しながら下品にならないようにできるだけ上品に説明していくと、ぽたぽたやきのおばあちゃんのような感じで先端のボタンが下を向いてしまい・・・はい、この辺でやめましょうwグーグル先生だけではなくぽたぽた焼の亀田製菓までおしかりを受けそうなので・・・。

さて話を戻しまして、そんな卒乳後にバストのサイズダウンに悩んでしまった方に大胸筋を鍛えるバストアップ、筋トレをすることが有効だと言われています。

バストサイズの平均を日本地図で!一番なのは何県?LCバスト特集
バストサイズの平均を日本地図で!一番なのは何県?LCバスト特集

バストサイズ日本地図を作りました!平均はいくつ、バストの大きい県は?LCで日本全国に緊急アンケートを実施し、平均バストサイズを調査。あなたの出身地の平均バストサイズは何カップ?!TVや雑誌で話題になっ ...

続きを見る

産後のバストアップには筋トレを

バストというのはほとんどが脂肪で出来ていて、残りが乳腺。その割合は脂肪9割、乳腺1%というほぼ脂肪w
さらに妊娠中からついた脂肪というのは妊娠脂肪という名前でも呼ばれるように通常の脂肪と違って水分を多く含んだ柔らかい脂肪なんです。
なので産後に授乳のために一時的にバストアップした胸は
また、産後というのは骨盤の歪みがあるので下腹やお尻、腰回りなどには脂肪が付きやすいのですが、胸の脂肪をつけるとなるとその部分だけにつけるなんてできません。
独学でバストアップをしようとしたら下半身太りになったなんて、そんなひどい状況を作りたくはありません!!
そこで産後のしぼんだバストを大きくするためには、周囲の筋肉で支えることでリフトアップさせバストを大きくさせることが重要なんです!

バストが小さい理由

ホルモンバランスが関わった遺伝
思春期の無理なダイエットや睡眠不足
この二つがおっぱいが小さくなってしまった原因の主なものといわれています。

ホルモンバランスが関わった遺伝

私たち女性の身体でバストの成長というのは、成長期にどれだけ成長できるのかという部分で大人になった今のサイズは作られています。もちろん大人になってからバストアップをするのはサプリメントや育乳ブラなどのバストアップ商品を使うことである程度は大きくすることはできますが、基本的にサイズは成長期に決まってくるのでそのころに小さくなってしまった原因があることがほとんどです。
まず挙げられているのは遺伝に関するもので、多くの方が自分の家系の遺伝によって大きさが決まってくると思っていますよね。
少し説明すると、バストの成長にはエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されることで成長します。
エストロゲンは乳腺を増やす役割をして、プロゲステロンは乳腺を発達させる役割があるんです。このホルモンバランスの働きが遺伝に関係するため、バストの大きさと遺伝は関係があると言われるゆえんなんですね。また同時にバストを支える筋肉の発達も遺伝が関わってくるんです。

思春期の無理なダイエットや睡眠不足

バストの大きさに関わるものに筋肉の発達も関わってくると説明しましたが、そういったものを阻害するのがストレスと睡眠が関わってくるんです。
成長期のダイエットや睡眠不足はそういった成長を阻害してしまいやすいんです。

産後のバストアップに効くと言われているエクササイズ

ネットを探しているとバストアップに効果があると言われているエクササイズや筋トレはなかなか継続しにくいものや産後のママさんではとてもじゃないけれどできそうにないものや、育児や家事の合間にするには時間も労力も大変だなと思うものがたくさんあります。

また産後は育児や家事に追われて忙しいため、妊娠中から対策を考えておくことも大事なことになります!

大胸筋を鍛えたバストアップ経験者の声

35歳の専業主婦です。私は2人の子供を出産し、2人とも母乳で育てました。母乳育児をしたママさんが必ず体験するのが、卒乳後の自分のバストを見たときのショックです。

妊娠中から胸が大きくなって張り始め、出産後も授乳のために胸はいつでも張りっぱなし。自分史上最高に大きいバストのサイズにいつしか見慣れた頃に、卒乳すると、みるみる胸はしぼんでいき、伸びてしまった皮の分だけ下にさがって垂れた残念なバストになってしまいました。それを2人分繰り返した後は、より一層張りがなくなり、乳房の上の方はえぐれて下の方に垂れてしまいました。

もう当時はそれがショックで、悲しくて仕方ありませんでした。子供にしっかり母乳を飲ませた証、勲章のようなものだと自分に言い聞かせてもやはり妊娠前とはすっかり別物になってしまったバストを見るのは辛かったです。
出産経験のない友人と温泉に行ったりするのもためらわれましたし、何より夫にも恥ずかしくて見せたくなくて、しばらくは仲良しする時もブラジャーをつけたままにしていました。でももしかしたら努力次第ではバストアップできるかもしれない、少しでもマシになるならやるだけやってみようと思い立ち、がんばって調べてみることにしました。

一口にバストアップと言っても色々な方法があり、マッサージするクリームやバストアップのサプリ、あとはエクササイズなどの方法があります。サプリに関しては、なんとなく今までダイエットサプリや美肌のためのサプリなど飲んでもあまり効果を感じたことがなかったので、今回も頼る気になれませんでした。マッサージクリームは少し気になったのですが、値段がなかなか張るので迷いました。せっかく買って効果がなかったら嫌だなと思ってしまって。

そして結局、まずはお金のかからない方法、バストアップのエクササイズをしてみることにしました。自分の胸を見て思ったのが、まず皮膚が妊娠前に比べて伸びてしまっている事と、それに対してバストの中身が減ってしまっている事、そしてそのせいで余った皮膚が垂れてしまっているということです。一度伸びてしまった皮膚を元に戻すのはとても難しいといいます。なのでバストの中身を増やす努力をしようと思いました。今までは脂肪や母乳がたくさんつまっていた乳房ですが、これから自分で増やすとなると、ピンポイントで脂肪をつけるのは難しいので、やはり筋肉ということになります。胸の筋肉、特にバストの上の方の筋肉をつける運動をすることにしました。
調べてみると、バストを支えているのは大胸筋という筋肉。胸に手を当てた状態でグッと脇を締めるように力を入れるとピクッと動く筋肉です。この大胸筋を鍛えるために、胸の前で手のひらを合わせ、力を入れて押し合うエクササイズを毎日することにしました。1日5分くらいで良いそうなのですが、なるべく早く結果が出したかった私は、何回とか何分とかは特に決めずに、ヒマさえあればやるようにしました。そして2週間ほど続けたのですが、胸の見た目はあまり変わっていないのに、だんだんエクササイズが効かなくなってきた気がしました。そこで更に負荷がかかるやり方はないかと考え、手のひらではなく左右の肘を胸の前でつけて、肘同士を押し合う運動も加えることにしました。こちらは手のひらでやるよりもかなりきつく、今まで使ったことのない筋肉を使っているような感覚がありました。そして筋肉をつけるためには食事も重要だということを知ったので、今までよりもなるべく肉や魚、卵などのタンパク質を多く含む食品を積極的にとるように心がけ、それに加えて手軽にタンパク質が摂取できるようにプロテインも買って朝食がわりに飲むことにしました。ザバスというプロテインのココア味で、味も甘くて美味しいですし、お腹にもたまるので続けやすかったです。そんな生活を始めて2ヶ月ほど経った頃、効果が感じられ始めました。今までだらんと垂れていたバストが、少し上がってきたのです。胸が大きくなったのとは違いますが、引き締まった感じになり、乳首の位置が以前より上がったのがわかりました。さらに1ヶ月ほど経つとより効果がはっきりあらわれ、だらんと下がっておばあちゃんの胸みたいだったバストが、以前よりも張りのある、健康的なバストに変わりました。前は垂れた胸を頑張ってブラジャーで持ち上げていたので、ブラジャーを外すと別物のように垂れて、その差が激しかったのですが、ブラジャーを外してもそこまで下がった感じがしなくなりました。この変化はかなり嬉しく、以前のようにお風呂に入るたびに自分の体を見てがっかりしたり、年取ったなと感じたりせずに済むようになりました。筋トレは確実にバストアップ効果があると思います。ただ一つ言えるのは、昔のようなバストに戻れるわけではありません。いわゆる巨乳になるという意味でのバストアップとは違い、筋肉を鍛えて引き締める感じなので、実際私は筋トレしてからブラジャーが少し緩くなりました。なのでおっぱいが大きくなるわけではありません。ただ、産後のだらんと垂れ下がった胸よりは確実にキレイになります。産後の胸に悩んでいる方には、ぜひ筋トレをやってみることをお勧めします。

スポンサーリンク

-バストの悩み

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.