ダイエット

妊娠中についたお尻周りの脂肪は産後にスクワットで解消しよう

投稿日:

妊娠中は様々な体の変化が起こります。その中でお尻周りが大きくなるというものがありますよね。

おなかの中で赤ちゃんが成長するためそれを支えるお尻も大きくなるのは当然のことなのですが、やはり女性としては今までの体と違った体型を鏡で見るのは少しショックがあるかと思います。そういった際に、お尻周りのサイズダウンとして有名なトレーニングとしてスクワットが挙げられます。スクワットというものは下半身全体に効果的なトレーニングの一つなのでお尻周辺が気になる方には人気の高い運動の一つになります。

スクワット

妊娠中の妊婦さんでもできるスクワットは運動としてもおすすめ

スクワット自体何かダイエット器具が必要だとかドリンクやサプリメントが必要といったものではなく、誰にでもさらにどこにでも行うことができるダイエットトレーニングの一つになるので妊娠中にお尻が大きくなってしまった方には是非行って欲しい運動の一つになります。

スクワットは太ももを太くするのでは?

中にスクワットをすることによって太もも周辺が太くなると言った考え持っている方いらっしゃいませんか?

男性の場合はスクワットで下半身を鍛えている方に太ももが鍛えられることによって太くなる方はおられるのですが、女性の場合はムキムキになるまでスクワットをするということはなくお尻周辺のダイエットが目的としてのスクワットの場合はそんなに簡単に太くなることはありません!

むしろある程度筋肉がなければ脂肪は落としたとしてもまたつきやすい状態になってしまいます。ある程度筋肉を鍛えて体の代謝を上げ太りにくい体を作るということもとても大事なことになります。

スクワットとジョギング

スクワットは女性らしい体のラインを作る!

逆にスクワットをすることによって太ももの裏側にある筋肉これを通称ハムストリングというのですがこの部分を鍛えることによってお尻との境界がくっきりとつきやすくなるので 女性らしいヒップラインを作ることができまた太ももの内側の内転筋などを鍛えることによって太ももの内側に 隙間ができ 他人から見た時に美脚に見えるという魅力的な効果も期待できるんです
また中にはスクワットを行うことによって逆にお尻が大きくなるんではないかと心配される方もおられるのですが 基本的にお尻が垂れたり お尻が大きくなっている原因というものは 筋肉不足が原因と言われ 脂肪が多いのにも関わらず筋肉の量が少ないためにお尻は重力に逆らえず下を向いたり 不格好なヒップラインになってしまうんです そのため脂肪燃焼という目的だけではなく ヒップラインをきれいに見せるための筋肉を鍛えることも必要になってくるんです。

妊娠中に尻についた脂肪は産後にスクワットをしよう

妊娠中にヒップダウンのために運動をするのはやめておいた方が無難です。
妊娠中鵜にお尻が大きくなるのはお腹の中の赤ちゃんを守る環境を体が作り出そうとしているので
お尻周辺のダイエットを行う場合は産後になってからにしておきましょう。

産後のヒップアップにスクワットをした方の体験談

2人目を出産してから2年弱、ふと全身鏡で自分の後ろ姿を見てみたら、お尻がおばさんのようなお尻になっていて愕然としました。
よく言う、ピーマン尻と言うやつでしょうか、垂れていて四角く、腰回りには肉が付き、まるで自分の母親と同じようなお尻がそこにありました。
元々凄く痩せていたと言う訳ではないですが、そこまで気にするほどではないかなと言う感じで、産後の体重も辛うじて標準の範囲内ではあり、痩せてはいないけれど普通体型だし大丈夫だろうと自分では思っていたので、このお尻を見た時はかなりショックでした。
今まで、お尻の大きさ(メジャーで測るような)ばかり気にしていたけれど、上がってるとか垂れてるとか全然考えた事もなく、ヒップアップと言う言葉の意味がようやく分かったような気がします。
30歳半ば・子持ち・水着になるような機会は無い・見せるのは夫のみと言えども、これではイカンと一念発起し、その日から朝晩の歯磨きの時に後ろに足上げを十数回するようにし、1日1回、マッサージオイル(香りが好みでリーズナブルだったので無印良品の物を使用)を使ってお尻を揉み、肉を手で上へ持ち上げるようにしていたら、ダルダルだった最悪の状態からは抜け出せました。
また、産前までやっていたヨガも再開し、子供が寝た後の夜中30分ほどこっそりやるようになり、徐々に腰回りのお肉が減ってきて、筋肉は裏切らないと言う言葉は本当だなぁと実感しました。
そんなこんなで、足上げ&マッサージを続けて半年ほどが経過し、おばさん尻は脱出出来たけれどそれ以上には進歩せず、美尻と言うにはまだまだで停滞し始めました。
更には、左のお尻には筋肉が付きづらく、右よりも多めに足上げをしても右より下がったままの左右非対称が直らず、調べてたら骨盤がずれている可能性が高そうでした。
そんな事もあり、現状打破する為に他の方法を探し始めたところ、スクワットがヒット。
スクワットはヒップアップは勿論、足痩せや全身痩せ、免疫力アップにも効くとあり、産後の体力低下も酷かったので一石二鳥だしと、スクワットを始めてみました。

正しいスクワット
スクワットはスクワットでも、通常は肩幅に足を開いてやるものがスタンダードのようですが、日本人は足幅を広めにとってやるものの方が向いていて効果も出やすいとのことで、そのようにやっています。
やり方を間違うと効果が薄れてしまうので、1回1回フォームをしっかりと確認しながら、負荷をかけるようにゆっくりと行います。
また、私は膝が痛くなりやすいので、特に膝に負担がかからないよう気を付けて行っています。
スクワットを始めてからは朝晩の足上げは止めてしまいましたが、おばさん尻には戻っていないのでスクワットの効果かなと思います。
また、美尻になるにはそもそも体重自体をもう少し絞らないとダメなのかもと思い始め、スクワットに加えて食事にも気を付けるようにしています。
リバウンドが怖いので、極端な食事制限はしていませんが、夕飯の主食(お米)は止め、1日トータルでカロリーを摂りすぎないよう、昼食を食べ過ぎたと思ったら夕飯は控えめにしたり、食べ過ぎた日の翌日は少なめにするなどしています。
骨盤の歪みに関しては、ヨガはやっているものの極端な効果が現れず焦り始め、骨盤を整えて痩せやすい体にしてくれると謳っている、たまたまネットで見つけたドクターメディシェイプと言うガードルが良さそうだったので、つい購入してしまいました。
履いた瞬間、程よく骨盤をホールドしてくれている感じがあり、歩いた時に脚を前に出すのが楽で感動したのを覚えています。
私は腰痛も酷いのですが、履いていると腰痛も少し楽になるので、もう手放せないです。
そして履き続けて3ヶ月、体重は特に落ちていませんが、左のお尻が前よりも上がって、少しだけ左右対称に近づいたような気がします。
それに加えて、最近ではプランクもするようになりました。
たまたま美ボディインストラクターみたいな方と知り合う機会があり、プランクを勧められたので、折角なので取り入れてみる事にしたのです。
プランクもスクワット同様、下半身・全身の引き締めに効くようですので、平行してやっています。
最初は自分でカウントして行っていたのですが、どうも甘くなってしまうので、スマホのアプリを使ってやるようにしました。
アプリがカウントしてくれ、やり忘れた日の夜には、今日やってませんよと連絡してくれるので中々有難いです。
現在初級コースでヒーヒーしながらやっているので、これ以上のコースに進むのがちょっと不安ですが頑張ります。
最後に、おばさん尻ピーマン尻から美尻を目指して1年、外国人の方のようなプリップリのお尻にはまだまだ程遠いですが、自分の納得の行くまでもっと頑張っていきたいと思っています。
効果が出るまでは辛い時もありますが、産後でもアラフォーでも、地道に頑張れば美尻をですが入れられるはずと信じて、皆さん頑張りましょう!

妊娠中に踏み台昇降ダイエットはどう?おすすめな理由や効果・やり方を特集 - 妊娠中でも女の子だもんね!
妊娠中に踏み台昇降ダイエットはどう?おすすめな理由や効果・やり方を特集 - 妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中は体重管理をして太りすぎないためにウォーキングなどの軽い運動が良いって言われますよね。でも、タイミングによってはお腹の張りがあったり、つわりが酷い時は吐き気でとても運動なんてする気になれない・・ ...

続きを見る

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2019 All Rights Reserved.