健康

妊娠中に煮干しを食べちゃダメ?その効果や注意するポイントとは

投稿日:

和食は海外でもヘルシーだと人気の料理ですが、日本では食文化の欧米化が進み
中でも煮干しをはじめだしをとるという行為を若い世代の人たちはしなくなっていると言われています。
しかし、煮干しを代表とした日本食文化は妊娠中の妊婦さんにはたくさんのメリットがあります。
このページでは煮干しの妊婦さんにとっての安全性や食べることによって得られる効果などを見ていきたいと思います。

アジの煮干し

妊婦さんは煮干しをどんどん食べたほうがいい?ただし注意事項もある!

妊娠中の妊婦さんはなるべく魚は食べない方がいいということは聞いたことありませんか?
妊婦さんは和食を食べようと思って煮干しで出汁をとるという行為一つをとっても
これは魚を使っているから食べて大丈夫かな、
また煮干しを食べることによって妊婦さんの身体やおなかの中の赤ちゃんに影響がないのか、
そういった不安が湧いてくることもあるかもしれません。
なんとなく魚は避けた方がいいなんていう声を聞くと、煮干しに対しても不安視する気持ちも分かるのですが、
どこまで食べていいものかという具体的なところまで知らない場合に煮干しとはいえ心配になることもあるかと思います。
妊婦さんは健康に気を使わなければならないがゆえに煮干しに対してはどのように影響があるのかといったところまでこのページでは見ていきたいと思います。

栄養価の高いバランスのとれた和食

妊婦さんが煮干しを食べてもいいの?

まず最初に妊娠中の妊婦さんは煮干しは食べても大丈夫なので安心して下さい。
通常妊娠中に魚を食べてはいけないというのは生食することによって食中毒のリスクが上がるというのと、
大型の魚には水銀の入っている可能性があるという二つのポイントから妊娠中には気を付けなければいけない理由になっているんです。
煮干しというのはその名の通り既に生の状態ではないし、煮干し自体が小型の魚を使っているので水銀の心配も限りなく低いので安心して食べても大丈夫です。
むしろ煮干しは基本的に和食で使われる食材でもあるので
和食で重要な味になっているし、他の食事に比べ多くの栄養素が取れたりします。
そのヘルシーだと言われている理由の一つに塩分が少ないということも挙げられるでしょう。

そもそもい干しってどういうもの?

煮干しというのはどういう魚かご存知ですか?
基本的に煮干しというのはカタクチイワシやマイワシ、いかなご、きびなご、アジといった小魚を煮て干したものを煮干しと言います。
煮詰めて干すことによって旨味成分は増幅され栄養価も高く健康を気にする妊娠中の妊婦さんにもおすすめしたい食材の一つと言えるでしょう。
次に煮干しの栄養素を見ていくと、

  • カルシウム
  • リン
  • ナトリウム
  • マグネシウム
  • タウリン

といったものが煮干しには含まれており、妊娠中に不足しやすいカルシウムや鉄分などが
豊富に含まれたとても優れた食材と言えるんです。
通常煮干しは出汁としての使用がメインになると思いますがそのまま食べても美味しいしおすすめの食べ方でもあるんですよ。

煮干しの妊婦さんに期待できる効果

妊娠中に煮干しを食べることによって妊婦さんにはどのような効果が期待できるのかというものを考えていきたいと思います。
妊婦さんが煮干しを食べることによって期待できる栄養の効果に関しては

  • 貧血予防
  • 血液をサラサラにする効果
  • 骨や歯などを丈夫にする働き

この三つが挙げられると思います。

貧血予防

妊娠中や産後の授乳期には貧血を引き起こしやすい状態になっていて、煮干しには貧血予防にも効果的だと言われていてる鉄分やビタミンB12が豊富に含まれています。
貧血予防に鉄分というのはほとんどの方が知ってはいると思いますが、ビタミンB12がいいというのは知っていますか?ビタミンB12は通称「赤いビタミン」とも言われていて、造血作用や貧血予防にもおすすめなんです。
更に妊娠中に必要になる栄養素の代表的なものとしても知られている葉酸にも造血効果があるのですが、ビタミンB12が欠乏していると葉酸の効果も発揮しにくくなるので、なおさらビタミンB12は摂取しておきたい栄養素なんです。

血液をサラサラにする効果

DHAとEPA
最近では耳にする機会も多くなっているEPA。
EPAは不飽和脂肪酸といわれていて、血中の脂肪を減らす働きがあり、多くの魚に含まれているのですが、煮干しにも豊富に含まれているんです。
妊娠してお腹の中の赤ちゃんに栄養を送るためには妊婦さんの血液を通じて栄養や酸素などを送る必要があり、妊娠中は血液をきれいにしたり、血液の品質を上げてやることが必要になります。
また妊娠中だけ煮干しを食べるのではなく産後もぜひ煮干しは食べ続けてください。ぼEPAの働きは母乳にも作用します。
そんな血液をさらさらにする働きをEPAは持っているので、煮干しが妊婦さんにおすすめな理由としても十分注目をしたいものです。

骨や歯などを丈夫にする働き

煮干しのカルシウムやミネラルは骨や歯を丈夫にする働きがあるのも有名ですよね。
お腹の中で赤ちゃんの骨や歯を形成するのにカルシウムなどは必要不可欠なんです。
通常、女性はカルシウムが不足して骨粗しょう症になりやすいと言われているのですが、赤ちゃんのカルシウムが不足してしまうと妊婦さんの骨や歯からカルシウムは使われていき、よりカルシウム不足になりやすくなります。

妊婦さんが煮干しを食べる際に注意したい3つのポイント

次に安全と言われていても妊娠中の妊婦さんが煮干しを食べる際に注意したい三つのことをあるのをご存知でしょうか。
食材としては妊娠中の妊婦さんでも安全に食べられる煮干し。
しかしいくら栄養素が豊富だと言ってもたくさん食べることには注意が必要になります。
というのも煮干しにはだしとしての使用も可能なほど塩分が含まれております。
妊娠中は塩分を摂取しすぎるとむくみやすくなったり、妊娠高血圧症候群になるリスクが高くなるとも言われています。

通常煮干しには種類にもよりますが100グラム中におおよそ4グラム程度の塩分が含まれています。
厚生労働省などの推奨でも妊婦さんの1日の塩分摂取目安量というのは7グラム程度と言われているんです。

もちろん塩分というのは煮干し以外にも普通の食事の中にでも摂取する機会は多く、
煮干しを食べ過ぎてしまうと気がつけば1日の塩分摂取量を超えてしまっているというようなことになっては大変です。

次に注意したいのは煮干しには鉄分も多く含まれているため、妊婦さんにもおすすめの食材ではあるのですが、
鉄分というのはカフェインを一緒に摂取すると鉄分の吸収を阻害するという働きがあります。
確かに妊娠中はカフェインを控えなければいけないということはわかってはいても
ついついコーヒーが好きだからという理由でカフェインを摂取してしまい、
いくら鉄分が豊富な煮干しを食べていたとしても意味がなくなる可能性も出てきてしまいます。
逆に鉄分の吸収はビタミン C によってより促進されるためビタミンCが含まれた果物や野菜を
食事などでも摂取するように意識すると鉄分の吸収率も高くなります。

まとめ

妊婦さんは煮干しを食べることや煮干しによってだしをとることは安心していいということがわかりました。
煮干しは日本食の代表的な食材の一つです。
妊婦さんはヘルシーで健康的な和食がいいと言われている理由の一つになっている煮干しを
注意事項だけに気を付けて、栄養豊富な煮干しを食べていきましょうね。

-健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2019 All Rights Reserved.