妊婦さんにおすすめの食品

妊婦さんがこれは飲めるハーブティー?飲めないハーブティー?

投稿日:

ハーブティーは妊婦さんでもリラックスできたり、優雅なひと時を送るのにもいいといわれていますが、妊娠中だと飲んでもいいものと飲むことを避けたほうがいいハーブティーが存在しているということをご存知でしょうか。
ハーブティーは間違った選び方をしなければ妊婦さんでもとてもおすすめできる飲み物です。
ストレスを緩和させたりリフレッシュの効果があったりとハーブティーは女性に多く支持されているものがあり、カフェインが入っていないものも多くあるので妊婦さんにも人気の飲み物なんですね。

かといってすべてのハーブティーにカフェインが入っていないというわけではなく、最近の健康ブームと相まってオーガニックで国産のものに需要が高まっている今、妊婦さん目線でハーブティーを今回は取り上げたいと思います。

おすすめのハーブティー

ハーブティーってどんなもの?

ハーブティーって知っている?と聞くと誰もが知っていると答えると思うのですが、実に種類が多く、え、これもハーブティーというようなものまであるんですね。
ハーブティーというのはハーブを乾燥させて煮出したお茶全般を言います。その効能から西洋の漢方薬とまで言われているくらい健康にいいと言われています。
妊婦さんにハーブティーがいいと言われるのは、多くのハーブティーがノンカフェインで、妊娠中の水分補給にもぴったりと思われているためなのですが、先ほども言ったようにすべてのハーブティーがカフェインが入っていないわけではないので注意が必要になります。

一般的にハーブティーってどんな効果があるの?

多くのハーブがあって、そのため多くのハーブティーが存在しています。
一般的にハーブティーというのはリラックス効果や利尿作用、多くの美容効果や解毒効果などそのハーブによって様々な効果があるんですね。
妊娠中は飲むものにも気をつけなくてはならないため、ハーブティーは妊婦さんや女性にも人気の飲み物となっているのですが、その種類の多さからどんなものがいいのか若ならないという方もいるんです。

妊娠中はハーブティーを飲んでもいいの?

妊娠中は体の変化やホルモンバランスの乱れによる精神的な変化もあり、ハーブティーのリラックス効果やリフレッシュ効果は飲み物としてもとてもおすすめできるんですね。

ハーブティー
しかし、カフェインの含有や子宮を収縮させる働きのある成分が入っているハーブティーもあるので注意が必要になるんです。特に妊娠初期は体が変化についていけない時期でもあるので気を付けていきたいものです。
基本的にハーブティーを選ぶ際には購入する商品のパッケージに妊娠中の妊婦さんでも飲めるのかという表記を見ていきたいのですが、多くの妊婦さんはそれ以上に国産で安心できるものを選ばれている傾向があります。
海外のものが悪いというわけではないのですが、産地は食材を選ぶうえでも重要な安全ポイントです。日本の産地ならば食品の管理やチェックもしっかりとされている印象が強くあると思います。
では実際に妊婦さんでも飲めるハーブティーと飲めないハーブティーを見ていきましょう。

妊娠中に飲めるハーブティー

まずは飲めるハーブティーをまとめていきます。基本的にはカフェインが含まれていないものが多く妊婦さんでも飲めるのですが、念のために購入する場合は裏面の注意事項にかかれていることを確認してから購入してくださいね。

  • ルイボスティー
  • ローズヒップティー
  • ラズベリーティー(ラズベリーリーフティー)
  • ダンデライオンルートティー(たんぽぽ茶)
  • ジンジャーティー
  • ネトルティー
ルイボスティー

カルシウムや亜鉛、鉄分などの補給にルイボスティーは妊婦さんだけではなく多くの女性の注目されています。
免疫アップのための抗酸化作用もあって風邪や病気の感染にも予防としての効果もあって、さらに老廃物を排出したり、リンパや血液の流れをよくする働きもあるため日常から飲んでいる方も多いハーブティーです。

ハーブティーの中でも癖がない部類なのでほとんどの方が飲みやすいと感じるでしょう。

ローズヒップティー

酸味があり豊富なビタミンCが含まれて、原産国のチリでは「若返りの秘薬」とまで言われています。美肌のために飲んでいるという方も多いのがローズヒップティー。
もちろん美肌効果だけではなく免疫力アップ、利尿作用によるむくみ対策、便秘対策など多くの効能を持っているのですが、酸味がある味わいは少量飲むのならいいけれど、日常的に飲んでいくのはちょっとと感じる方もおられるんですね。

ラズベリーティー(ラズベリーリーフティー)

安産のお茶といわれているラズベリーリーフティー。
子宮や骨盤の周囲の筋肉に作用して、陣痛を和らげたり出産時の出血を軽減するなどと言われ、妊婦さんによく飲まれるハーブティーです。
もちろん妊婦さんにおすすめだけではなく、産後の子宮復古のサポートや質のいい母乳のためになると言った出産が終わっても飲むことでいい効果が期待できるんですよ。
ただし、注意点があります。子宮を収縮させる働きがあるため妊娠初期から妊娠中期は妊婦さんの子宮環境や胎児の状態が安定していないため飲まないほうがいいとされています。また産婦人科で便秘などの影響で鉄剤を処方されている場合やお腹の張りが強くなっているときなども避けたほうがいいので医師の指示のもとで飲むようにしたいところです。
ラズベリーティーに関しては後日もう少し詳しい記事を書きますね!

ダンデライオンルートティー(たんぽぽ茶)

妊娠したら飲みたいハーブティーとして人気のあるダンデリオンルートティーはたんぽぽ茶という名前の方が親しみがあると思います。
むくみにはたんぽぽ茶とママ友や先輩ママさんからおすすめされたという方もきっと多いはず。
たんぽぽ茶はコーヒーにも似たようなにおいや味がするとカフェインを避けるためにコーヒーを飲まないようにしている方にも人気です。リラックス効果やむくみに対する効果、血液のめぐりを改善する効果など妊婦さんや産後のママさんにも人気のハーブティーです。
注意点をあげるとしたらたんぽぽという植物は、キク科の植物で、同じキク科の植物にブタクサなどがあってアレルギーを起こしやすいという方は医師に相談したほうがいいかもしれないですね。

妊婦さんの飲むお茶
たんぽぽ茶のオススメは?選び方と注意点

妊活中の女性や母乳育児をされている方に注目されるたんぽぽ茶。 妊娠しやすいと言われていることや母乳の質が良くなるなど、たんぽぽ茶には様々ないわれがあります。 便秘改善や味が好きなどたんぽぽ茶が好きだと ...

続きを見る

ジンジャーティー(しょうが湯)

体を温める食材としても知られているショウガを使ったハーブティー。中にはしょうが湯ってハーブティーなのって思う方もおられますが、ショウガも立派なハーブの一種なんですね。
飲みすぎはダメですが体を温めたり冷え性に悩む女性飲み方だったりとジンジャーティーも比較的みんなに普段から親しまれている飲み物ですね。

ネトルティー

鉄分や軽い有無、ミネラルなどが豊富なネトルティー。ネトルの葉っぱは血を作るハーブといわれていたくらい造血作用、浄血作用が優れていると昔から使われていたハーブティーです。
妊婦さんの子宮出血だけではなく、鼻血や切り傷などにも使われてきました。

妊娠中に飲めないハーブティー

次に妊娠中の妊婦さんは飲めない、飲むのを避けてほしいハーブティーです。

  • カモミールティー
  • セントジョーンズワートティー
  • ベニバナ茶
  • ハトムギ茶
  • アロエ茶など

代表的な飲めないハーブティーをあげてみましたが、これ以外にも成分として使われているため
飲めないというハーブティーもあります。

多くの種類があるハーブ
ウコンやサフラン、シナモン、センナ、ジャスミン、チェストベリー、セージなどは妊娠中の妊婦さんは控えたほうがいいハーブの成分だと言われています。

ジャスミンティー
ジャスミンティーのカフェイン、妊婦さんはダメ?摂取量から見る効果

妊娠してからハブティーに関して注意しているという妊婦さんは多いはず。 その中でも焼肉の後やこってり系の料理にはジャスミンティーをよく注文するよという方も増えてきました。 様々な種類のハーブティーがある ...

続きを見る

label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="on"]

妊婦さんがハーブティーを飲むときの注意すべきポイント

ここまでの項目で妊婦さんでも飲めるハーブティーと飲めないハーブティーをまとめてきました。しかし、ハーブティーが合わない体質の方も中にはおられるため、そういった心配がある場合は医師や助産師さんに相談してから飲むようにしましょう。

ネイル
爪のトラブルにはハーブティーがいいって本当?

爪のケアにどんなことをしてますか?今回取り上げたいものは爪のケアにハーブティーをおすすめしたいと思います。 爪にハーブティーというとhてなとなるかもしれませんが、 その理由や爪のトラブルに関して詳しく ...

続きを見る

-妊婦さんにおすすめの食品

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2019 All Rights Reserved.