ママの変化

妊婦さんの寝れないに朗報│おすすめの寝かたと抱き枕

妊娠中の妊婦さんは睡眠についてお悩みを抱えることが多くあります。
その悩みというのは出産経験がある女性に声を聞くと多くのものが挙げられます。

  • 昼間に眠気が来てつらかった
  • 睡眠の質が落ちてる気がする
  • 妊娠前よりも寝苦しくなった
  • お腹が大きいため仰向けやうつ伏せで寝るのが怖かったり辛かったりする
  • 寝つきが悪くなった
  • 胎動やむくみ、こむら返りによって寝れなかったり眠りが浅くなる
  • 朝起きた時にだるく感じる
  • 妊娠する前よりも睡眠時間自体が減ってしまう

軽く揚げただけでも睡眠についての悩みはこのように
妊娠中の妊婦さんにとってはとても悩みになりやすい傾向があります。

もちろん妊娠するとお腹は大きくなるし、ホルモンバランスや様々な影響で
身体的なものだけではなく精神なことまで妊娠する前とは生活が変化していきます。

妊婦さんの寝れない問題に有効なのは圧倒的人気の抱き枕

すやすや寝る妊婦さん

そんな妊婦さんにとって少しでも楽に眠れたり、
睡眠の質が上がるために大活躍するアイテムの一つとして抱き枕があります。
今回はそんな妊婦さんにオススメしたい抱き枕大特集したいと思います

妊娠中におすすめの寝かた

寝るときの姿勢は妊娠する前にはそんなに意識していなかったと思いますが、睡眠の悩みを抱えるようになってくるとどんな寝かたをしたらいいのだろうと考えてしまいます。

そこでこの項目では妊娠の時期別にどんな寝かたがおすすめなのかを考えていきたいと思います。

妊娠初期におすすめの寝かた

妊娠初期というのはお腹もまだ大きくなっておらず、外見的には妊娠する前とほとんど変わりない状態です。
しかし、お腹の中では赤ちゃんが宿ったことでうつぶせ寝や横向きの寝かたでは負担を与えてしまうかもといった不安や心配をする妊婦さんもおられます。
しかし、初期の段階では寝かたに対してはそんなに気にする必要はなく、妊婦さん自身がしっかりと寝れることが重要になります。

というのも妊娠初期というのはつわりが個人差があるもののつらい時期なので、十分な睡眠をとることがストレスを抱えないためにも必要なことなんですね。

つまり妊娠初期に関しては寝かたに注意する必要はなく、十分な睡眠をとることだけ意識したらいいということなんです。

妊娠中期におすすめの寝かた

妊娠中期はつわりも落ち着いて安定期に入り、お腹も徐々に目立ち始める時期です。
このあたりからお腹の中の赤ちゃんに対する配慮を考えていいころです。
うつぶせ寝は避けるようにしましょう。

うつぶせ寝はお腹の中の赤ちゃんに十分な酸素を送ってあげるのが困難になりやすく、赤ちゃんにもストレスを与えかねません。

実際私たちがうつぶせで寝ると呼吸が苦しくなったり酸素が足りなく感じることがありますよね。同じ状態がお腹の中の赤ちゃんも起こっているんです。

妊娠中期においてはうつぶせ寝以外であればどんな寝かたでも大丈夫です。
妊娠中期はつわりもないし、お腹も大きくなり切っていないので妊娠期間の中では、思うように寝ることができる唯一の時期です。
この時期に睡眠の悩みを抱える場合は後で説明する抱き枕や、アロマ、好きな音楽など寝ることができる環境を整えてあげるだけでも大きく違ってきます。

妊娠後期におすすめの寝かた

妊娠後期になるとお腹も大きくなることで日常生活にも影響を与え、立っている状態での姿勢も骨盤が開いたり、お腹が大きくなることによって後ろの方へ移動します。
その分寝る前には、体にはある程度の疲労が毎日溜まっている状態になります。
またこの時期が一番妊婦さんの睡眠に関する悩みが大きくなる時期でもあるんですよ。

肩こり、腰痛、むくみ、こむら返り、赤ちゃんの胎動など多くの影響が妊婦さんの睡眠に関わっていきます。
そこで妊娠後期には横向きで寝るのが赤ちゃんにも負担を与えないのですが、その中でも特にシムス位で寝ることがおすすめです。
シムスの姿勢をとることで血液の循環を良くして、むくみも減少させ代謝もアップし、お腹の中の赤ちゃんへの栄養や酸素も届けやすくなるというメリットが多くあるためなんですね。
シムス位について知らないという方もおられると思いますので説明していきます。

妊婦さんにおすすめのシムス位ってどんな姿勢なの?

シムス位というのは体の左側を下にして横向きの体勢で寝る姿勢を言います。

右側にある静脈を圧迫しないように体の左側を下にするようにして、
脚を血液のめぐりを妨げないようにずらすようにする体位です。
完全に横向きの寝かたではなく、若干うつぶせ寝に近いような形で
よりリラックスできるのがこのシムス位とかシムス体位と言われています。
シムス位での寝かた

逆子の場合も寝かたは同じなの?

ここでお腹の中の赤ちゃんが逆子の場合も同じように寝かたについて考えていいのかという不安を持つ方もおられます。
逆子というのはお腹の中で赤ちゃんの頭が下ではなく上を向いている状態でいることを言います。

逆子は自然分娩が難しい傾向があって、逆子をなおすために逆子体操や寝るときの姿勢などを注意する場合があるんですね。
逆子をなおす寝る姿勢は、一般的には側臥位法(そくがいほう)と呼ばれていて、お腹の中で赤ちゃんが回転しやすいように寝る向きを変えてあげる方法なんです。

赤ちゃんの向いている向きによって妊婦さんの寝るときの向きも変わるので、逆子体操よりも取り入れやす方法なんです。
赤ちゃんの背骨のある方とは逆側を向いて寝るため、検診時などに先生に聞いてアドバイスなどももらうようにしましょう。

睡眠に悩みがある妊婦さんにおすすめの抱き枕

寝相が激しい寝方

いい睡眠をとるためには、リラックスした曲を聴いたり、癒しの効果のあるアロマなどいろいろな方法があると思います。
その中でも抱き枕は、妊娠中の妊婦さんにとってはかなり信頼のおける味方になってくれるアイテムです。
妊娠中だけではなく、産後も授乳や家事などの疲れで使っていくことも多くなるアイテムなので、妊娠中しか使わないというものでない点も支持されているポイントなんです。

たまひよ限定妊婦専用抱き枕

人気ナンバーワンとしてもおすすめできる妊婦さんの向いている抱き枕がこのたまひよ限定妊婦専用抱き枕。
肌に触れるものだからこそ素材にもこだわっていて、
妊娠中の寝汗や、産後には授乳中の履き戻しのためにもできるだけ洗えるものがいい。
そのため消臭抗菌、透湿防水の2つのタイプから選べる。
デザインも豊富だし、女の子だからこそこだわりたい部分と
妊娠中に最適な機能性が兼ね備えた抱き枕♪

たまひよ限定の抱き枕

 

たまひよ限定抱き枕特集ページ

 

王様の抱き枕

名前がユニークなこの商品はテレビでも紹介されたりもする人気商品で、長後苦笑のビーズとポリエステルの綿で、さわり心地がいいとSNSなどの口コミでも話題。
シムス位もとりやすい抱き枕で、おすすめの抱き枕なんです。
王様の抱き枕

 

王様の抱き枕の特集ページ

 

MOGU ママホールディングピロー

「MOGU(モグ)」はビーズクッションで人気のメーカーさん。
そのモグから妊婦さんのために作られたのがこの「ママホールディングピロー」。
種類も何個かあるため、気に入ったものを選ぶといいと思いますが、中には両端にスナップボタンがついていて。授乳クッションにもなるという一石二鳥のアイテムもあります。抱き枕は睡眠の悩みに確かにいいって聞くけども、それだけのために買うのもなぁと考えている方は、そういったアイテムも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

MOGU(R)ママホールディングピロー

 

MOGU ママホールディングピロー

 

布団の西川が作った妊婦さんのためのマルチクッション

布団で有名な西川から妊婦さんのためのマルチクッションが登場しています。
デザインとしては少し変わったもので、クッションシュシュがついていて、
好みの硬さに変えることができる優れもの。
医療向け抱き枕をベースとして開発されたものなので性能は折り紙つき。

西川の抱き枕

 

マルチ抱き枕特集ページ

 

まとめ

妊娠中の睡眠の悩みは冒頭でも紹介したように様々なものがあり、なんと75%もの妊婦さんがぶつかってしまう悩みなんだそうです。

その中で抱き枕は睡眠の悩みに有効で、ここで紹介した抱き枕は、さわり心地、機能性、洗えるのか、産後でも使えるのかというポイントで選び抜いた商品です。

寝れないような場合は睡眠の姿勢や寝かたを工夫するだけでも寝れるようになるし、そのためのサポートアイテムも私目線でしっかりと選んでみました。
妊娠していなくても寝れないというのはかなりのストレスです。
それが妊婦さんとなると体の健康だけではなく、お腹の中の赤ちゃんへの影響まで考えなくてはなりません。
ぜひ質のいい睡眠をとって健康で痛いものですよね。

-ママの変化

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2019 All Rights Reserved.