妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

臨月になって起こる前駆陣痛と産婦人科受診のタイミング

投稿日:

私は第2子妊娠中の時、臨月に入ってから前駆陣痛が起こるようになりました。

お腹がぎゅっと張るような感じが15分ごとに起きて、すぐに消滅することもあったのですが、その日はそれが1時間ぐらい続いていて、ここから陣痛になるのかと思いました。

休日だったのですがかかりつけの産婦人科に電話をして経緯を伝えると、「すぐに来てください!」と言われました。
旦那は仕事でいなかったので、私はバスと電車で1時間かけて行きました。

なかなか到着しない私に病院の方が心配をして電話をかけてきてくれました。
バスと電車で向かっていると言うと、かなり驚いていました。
やっとこ病院に到着したら「こういう時はタクシーで来てくださいね!!」と言われてしまいました。

たぶん陣痛ではないだろうと検査をしましたが、やはり陣痛ではなかったのとお腹の張りも治まったので、その日は家に帰ることになりました。

出産をしたのはその日から3週間後のこと。

私の場合は1人目出産が破水から始まって2時間で出産に至ったというスピード出産の経験があったので、産婦人科の先生からも「何か痛みとかあったらすぐに言ってください。」と言われていました。

1人目の時に2時間で出産をした私は、2人目の時にはさらに出産時間は短くなり1時間という短い時間で産まれてきました。

前駆陣痛から本格的な陣痛に発展する可能性があるのですが、陣痛かどうか見極めるコツとしては定期的にきているか…それが続いているか…間隔が短くなっているか…というところのようです。

陣痛は出産の兆候であるので見逃すこともできませんし、私も神経質になっていました。
第1子も第2子の時も私は家で破水をしてしまったのですが、もしかしたら出先で破水から病院にかかるということも考えられます。

臨月を迎えた頃からはいつ何が起きてもいいように、出かける時は大きめのパッドをいくつか持参しておいたり、病院に行ける準備をしておくことが大事だと思います。
また、すぐに病院に行けるような距離の病院選びも大事だな…ということも実感しました。

そしてお産が考えられる場合は、公共交通機関の利用ではなく、旦那や親の運転で病院まで行くべきだと痛感しています。
でも今は”陣痛タクシー”や”マタニティータクシー”と呼ばれるタクシーもあるようですね。

前駆陣痛の時にどこまで家で様子をみていたら良いのか迷いますが、人それぞれの状態で違うので、かかりつけに電話をして聞いてみるということは大事だなと思います。

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.