妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ママの変化 健康

無理してない?安全で正しい、妊娠中の置き換えダイエット

投稿日:

%e4%bd%93%e9%87%8d%e8%a8%88%ef%bc%92

妊婦健診で先生に、
こんな事を言われた事はありませんか?

『次の健診まで1kgも増やさないようにしましょう。』
『元々肥満型なんだから増やさないよりも減らしましょう。』

こんな無理難題を言われて
ストレスを溜め込んでしまう妊婦さんが本当に多いんです。

この言葉がきっかけで、
妊娠中に最も避けなければいけないストレスを溜め込んでしまい
実際に旦那様にあたってしまいそうで、
そんな自分が怖いと感じる方も多いようです。

このページは、妊娠中の置き換えダイエットについて知識を深めて、
妊婦さんの安全な体重管理を実践する方法や、
妊娠中に使うべきダイエットアイテムについても一緒に見て行きたいと思います。

妊娠中の置き換えダイエットはなぜ必要?

妊娠中に置き換えダイエットが必要と思わせてしまうほど
深刻な妊婦の体重管理。

妊娠中の体重管理は、妊婦さんにとって本当に大変なことです。

先ほどご紹介したような、
あれほどツライ思いをさせられてまで、
なぜ体重管理をしなければならないのでしょうか・・・

その理由は

・妊娠糖尿病を防ぐため
・妊娠高血圧症候群を防ぐため
・産道に脂肪がついて難産になる事を防ぐため

などがあります。
後に妊娠中の置き換えダイエットを決意させるほど、深刻なものです。

妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの病気は、
赤ちゃんにも母体にも命の危険があります。

また産道に脂肪がついてしまうと、
赤ちゃんがスムーズに出て通ってこられなくなり、
帝王切開になってしまうかも知れません。

また、帝王切開になってしまった場合に、
血糖値が高いと出血が多くなってしまい、
母体に危険が及ぶ可能性も。

なので、妊娠中の体重管理が必要になるのですが、
一般的にはウォーキングやマタニティヨガなど、
適度な運動と食事量をセーブする事が、
妊娠中に安全なダイエットと言われています。

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%83%a8%e3%82%ac

しかしながら、それでは安定期を迎えて
増えていくばかりの赤ちゃんの体重や羊水、
胎盤などの重さ分を加味しても、
まだ足りないと言われてしまう妊婦さんも多く、
妊娠中に置き換えダイエットを行う方が増えている理由なんです。

妊娠中に置き換えダイエットはやって良いの?

結論から言うと、『妊娠中の置き換えダイエット』は
安全面の配慮さえしていれば問題ありません。

妊娠中ダイエットで置き換えに必要な安全性は

・必要な栄養素をしっかり摂ること
・適度な運動も並行して行うこと

この2つの、条件をおさえて置けば大丈夫なんですよ。

妊娠中に置き換えダイエットを必要と感じるくらいに
追い詰められているのですから、
置き換えダイエットを赤ちゃんにも母体にも安全で
ちゃんとした方法で実践して、
無茶苦茶を言ってくる先生を見返してやりましょう!

妊娠中の置き換えダイエットの安全なやり方

妊娠中の置き換えダイエットの安全なやり方は、
もちろん『しっかりとした栄養摂取』という事になります。

%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc

妊娠中に必要な主な栄養素は

・鉄分
・葉酸(ビタミンB群)
・カルシウム
・タンパク質

もちろん妊娠初期や安定期、後期と言ったタイミングによっても
バランスは若干変わって来ますが、主に必要な栄養素は同じです。

逆に言えば、より安全な方法(アイテム)で
置き換えダイエットを行えば全く問題ないんですよ。

それどころか、このままじゃ帝王切開になるし、
その場合の出血があり得るから『うちでは産ませられないよ』などと言って
脅かしてきた先生を見返してやることも出来るんですね。

ちょっと話がそれてしまいましたけど、
先ほどご紹介した、妊婦に必要な『4大栄養素』をしっかり摂取するために
葉酸が含まれたスムージーやサプリメントも積極的に利用しましょう。

その理由は置き換えダイエットを行う事で、
食事量が減るために栄養不足になってしまう可能性もあり、
これらの健康食品は妊娠中の体重管理で
不足しがちな栄養素を補う事が出来るからです。

また、置き換えダイエットを実践する際に
『空腹感』でストレスを感じないようにする事も大切なので、
次の置き換え方で一緒に見て行きましょう。

置き換え方はいつ?朝食・昼食・晩ご飯

妊娠中の置き換えダイエットを行うなら、
ちゃんとした栄養摂取が出来る方法で行いましょうとご紹介しました。

次に気になるのは、
『いつ置き換えたら良いの?』というところではないでしょうか。

結論からいうと、毎日の晩ご飯を
安全な健康食品に置き換える事がベターです。

というのは、人間の身体の構造上、
体内酵素が効率よく働くタイミングがあるからです。

これは、『ナチュラル・ハイジーン』という
体内酵素を研究分析する考え方から来ています。

このナチュラル・ハイジーンによると、
夜8時~朝4時までが『消化と吸収の時間』とされていて、
この時間帯に突入する少し前までに晩御飯を終えると
太りにくいと言われています。

その後に、体内に入った栄養素を『吸収と代謝』行われるので、
その直前の晩ご飯を健康食品に置き換えれば、
栄養摂取に問題が生じる心配はなくなるんですね。

そして、もうひとつの要素として安全性も兼ねて注意したい点が、
晩ご飯の置き換えで、最低でも1週間は様子を見る事です。

人間の身体は急に変わる事は出来ません。
ですので『次の健診までに』と焦る気持ちは分かりますが、
お腹の赤ちゃんのためにもゆっくり身体を変えていきましょう。

妊娠中の置き換えはダイエット食品は使っちゃいけないの?

妊娠中の置き換えダイエットをやろうとすると気になるのが
『ダイエット食品やダイエットサプリ』ではないでしょうか。

・マイクロダイエット
・プロテイン
・カロリミット

など、ダイエット食品やダイエットサプリの代表的なものがいつかありますよね。

どれも簡単に体重を減らす事が出来ると言われていますし、
TVCMなどでも『ダイエットをハッピーに!』なんて宣伝されていますので、
気になるところではあります。

しかしながら、これらのダイエット食品やダイエットサプリはおすすめ出来ません。

というのは、代表的なこれらのアイテムは、
『カロリー吸収も抑える代わりに栄養吸収も阻害してしまう』からなんです。

また、プロテインの場合、
単純に栄養バランスがタンパク質に偏り過ぎているため、
栄養バランスと栄養価の両方を満たす事が大切な妊婦さんにはおすすめできないんですね。

妊娠中の安全な置き換えダイエットのやり方

妊娠中の安全な置き換えダイエットのやり方は、
栄養摂取が1番のポイントですが、
実はもうひとつだけ注意点があります。

それは、1週間様子を見て体重に変化が見られなかった場合に
『次に何をやるか』なんです。

結論から言ってしまうと、1週間で変化がなかった場合でも
2食置き換えやもっと極端な3食置き換え(断食)を
行わない方が良いんです。

では、どうすれば良いのかというと、
『適度な運動』をとり入れる事なんです。

%e5%a4%96%e4%ba%ba%e3%83%9e%e3%83%9e

何故かというと、健康食品でしっかりとした栄養摂取が行われた事によって、
代謝効率が上がっている事が考えられるため、
例えば毎日30分だけ『背筋を伸ばして歩く』
といった事だけでも良いので、試してみて下さい。

それでもなんの変化も現れず、
むしろ体重が増えているようなら、2食置き換えに挑戦してみましょう。

いきなり2食置き換えに切り替えてしまうと、
空腹感でストレスが赤ちゃんに伝わってしまう恐れがあり、
それが胎教に良くない影響を与える可能性もあるからです。

一生で限られた回数しか経験できないマタニティライフを、
赤ちゃんの元気な成長と一緒に楽しむには、
安全性に最大限の配慮をしましょうね。

それでも体重が減らない場合は?

ここまでご紹介した妊娠中の置き換えダイエットを、
安全に行う工夫を実践しても効果が表れない
妊婦さんもおられるかも知れません。
そういった場合は思い切って『開き直ってしまいましょう!』

というのも、妊娠中の体重管理は元々、
『高血圧と血糖値上昇』を防ぐために行うもので、
『体重を減らす事自体が目的ではないから』なんです。

ですので、気分は良くないかも知れませんが、
血圧と血糖値さえ維持できていれば、無事に出産までこぎつける事は出来ます。

妊娠中の体重管理は、見た目を美しくしたり、
減らした体重の数字を見て自己満足するためのものではありません。

あくまでも、赤ちゃんと母体の健康のために行うもの
という事を意識の中心に置いて、健康的な置き換えダイエットをしましょうね。

スポンサーリンク

-ママの変化, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.