妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

優しいつもりの旦那にイライラした妊娠中

更新日:

妊娠中は多かれ少なかれ「つわり」の症状に多くの妊婦さんが悩まされると思います。
私が31歳で初めて妊娠した時のつわりは「だるい」「気持ち悪い」「眠い」など、ごく一般的なものでした。
日常の家事をこなすのがとても辛く、特に食事の仕度は気持ち悪さが先立ち吐いてしまうことも多く、大変なものでした。

しかし旦那は仕事で朝早く帰りも遅かったので、1日のうちの調子の良い時間に料理をしたり、なんとか家事をこなしていました。

しかし最悪だったのが土日です。
旦那がいるのでゆっくり休んでいてもいいのですが、旦那は結婚するまで実家で上げ膳据え膳で育ってきた人で、自分で家事をするという気持ちも能力も全くない人でした。

結婚後は私も専業主婦だったのでそれでも構わなかったのですが、つわりが出てから問題が発生したのです。

当然、旦那は土日でも3度のご飯が出てくるものだと思っています。
寝込んでいる私に「お昼は簡単なものでいいからね。」と言って、したり顔をしていました。
「なんて理解のある良い旦那なんだ!」と自分で思っていたのでしょうね。

私はつわりで料理をすることが無理だったので、出来合いのものを買って来てほしいと頼みました。
私はその時、パンなら食べられたのでサンドイッチをお願いしました。

「買ってきたよ!」と、またしたり顔。

でもそこにはサンドイッチ1つしかないのです。
「あれ?1つだけ?」と言うと「あ、オレは何でも簡単なものでいいから…。」って言うのです。
そして再びしたり顔。

なんとなんと…旦那の分は私に作れと言うのです!
作るのがしんどいから「買ってきて」と頼んだのに全く意味がありません。

新婚だった当時の私は夫婦喧嘩をしたくなかったので、ものすごくイライラしつつも、仕方ないので旦那の要求に応えていました。

つわりが治まってきてからは、また料理もできるようになったので普通に過ごせたので、その苦労は数週間でしたが…。
しかし産後は「つわり」の辛さを忘れるくらいのバタバタした忙しい日々が待っていて自分のことはもちろん、ましてや旦那のことなんて構っていられなくなりました。

夫婦喧嘩が嫌で優しいつもりの空気読めない旦那の言動にも文句を言わずにいた妊娠中ですが、産後は一変。(笑)
小間使いのように私は旦那を指示してビシバシ鬼の指導するようになりました。

いきなりの変貌で甘ちゃんの旦那はムス~っとしたり、ストライキ(?)を起こすなど、離婚危機に陥ることもありました。
妊娠中の甘やかしが響いてしまい産後は散々でしたが、私も良い顔はしていられなくなり、紆余曲折しながらなんとか5年経ちま。

旦那は”イクメン”までもいきませんがそこそこ成長しました。
そんな苦い経験から、旦那の教育は結婚当初や妊娠中からが鉄則だと実感しました。
甘ちゃんの旦那は自分がイクメンだと思っていますけどね。(笑)

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.