妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

妊娠中、通勤電車でのあたたかい話

投稿日:

妊娠中、お仕事をされている方もいると思います。
体調もすぐれない中、出勤から退社して帰宅まで色々なハプニングがあると思います。

インターネットで見かける『マタニティマークを付けていると席を譲れと言われているみたいでムカつく』とか『妊婦だからって優遇してもらって当たり前みたいな態度がムカつく』とか、怖い情報に更にナーバスになってしまう方もいるのではないでしょうか。

実際、私もその1人でした。
でも『想像していたよりも世間は優しい』と実際に私が電車で体験したことを話したいと思います。

1人目を妊娠中、私は電車通勤していました。
空いている時間を選んでもやはり座れることはとてもまれでした。

お腹がとても張りやすく、切迫流産と診断されていた私は薬を飲みながら出勤していました。
「マタニティマークなんか見えるところに付けて妊婦は態度が大きい!」と言われたり、「席を譲らなきゃいけなくて迷惑!」と思われたりしたらどうしようと、いつも不安で小さくなって電車に乗っていました。

そんな私が、誰が見ても妊婦だとわかるくらいお腹が膨らんできたある日。
少し貧血気味で立っているのが辛く、それでも「席を譲ってください。」とは言えず、ドアの横に寄りかかって倒れないように耐えていました。
次の駅に停まった時、座席が1つ空きました。
でも私からは少し距離があったので諦めてまたじっとしていました。

そしたらサラリーマンの中年の男性が、「ちょっと!君ここに座りな!」と声をかけてくれたのです。
驚いて振り向くと、空いた席に自分のバッグを置いて席を取っておいてくれたのです。
体調が本当に悪かったのでお礼を言って座らせてもらうと、なぜか涙がポロポロとこぼれてしまって、ハンカチで顔を隠して下を向いて座りました。

そしたらまたその男性が、「君のお腹の子供がこれからの日本を支えて行くんだから席くらい譲ってもらいな!お母さんなんだから胸を張りなさい!」と言って、私の肩を叩いて降りて行かれました。

私はむしろ気を使わせてしまうかもしれないと電車で座席の前に立つことさえ出来ずにいたのでこの言葉には本当に救われました。
妊婦は迷惑なんじゃなくてこれからの未来をお腹に入れているんだなと思うと本当に嬉しくて勇気がわきました。

それからも、高校生が恥ずかしそうに席を譲ってくれたり、おばあさんが「今何ヶ月?お仕事大変ね。」と声をかけてくれたり、嬉しいことは沢山ありました。

私が心配していた”迷惑そうな態度をとられる”ことは一切ありませんでした。

出産から4年経ち、私はまた電車通勤しています。
妊婦さんがいたら自然と席を譲れるようにしています。
私がみなさんに優しくしてもらったことで、周りの人に優しくできるようになったと思います。

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.