妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

出産準備ができていなかった出産当日

投稿日:

妊娠後期に入り、「いつ陣痛がきてもいいように病院に行く準備をしておかないと!」と思いつつ…臨月に入りました。

ただでさえ妊娠出産、育児について何も知らない私が、海外で出産するので私の母をはじめ旦那の家族も心配していました。
初めての出産、しかも海外でって事に私は特に不安もなく、大きなお腹に赤ちゃんを抱えているのにあまり実感もありませんでした。

さすがに「臨月に入ったんだから。」と赤ちゃんに必要なものはバックにつめたのですが、「私の着替えはまだいいかな。」と最低限の準備をしていました。

出産予定日2週間前、夜寝る前に少し出血があり、「おしるしがきたのかな…。」そう思いました。

寝る前だったので「もしこの夜に陣痛が来たらどうしよう。いや…寝ていて陣痛に気付かなかったらどうしよう。」なんて事を考えながら、子宮が収縮すると心配であまり眠れませんでした。

しかし次の日起きてみると、子宮が収縮する事もなく出血もありません。

出産について何も知らない私はインターネットで”3日から1週間のうちに陣痛がくる”というのを見て、旦那と「出血があったから1週間以内には産まれるんじゃないかな?」と話していました。

その日は、「もし陣痛がきたら、あれとこれをカバンにつめて~。」とイメージはしていたんですが、呑気な私は特に何もせず過ごしていました。
「明日でもいっか!」と思っていると、子宮が収縮してきました。

時間をみると5分おき。

でも我慢できる痛みで、ドラマで見るような痛くて我慢できない感じではなかったので、大丈夫だと思っていたのです。

そして旦那の前で1度だけ、「いたたたた!!」となってしまい、旦那が「いつから?何分おきに痛いの?もう産まれちゃうんじゃない?病院に行くよ!」と用意し始めました。

私はまだ産まれる気がしなかったので「たぶん今行っても帰らされるよ。」と言ったのですが、5分おきの間隔できてるなら病院にくるように助産師さんにも言われいたからと病院に行く事にしたのですが…。

そこで「これから出産になるなら化粧も落としてシャワーも浴びてから行く!」と言った私に、旦那は少し呆れ顔をしていました。

病院に着くと陣痛の痛みは耐えられないほどに強くなり、次の日の早朝に出産しました。
もしあの時、旦那が病院に連れてこなかったら…私は、自宅や車の中で痛みに耐えなければいけなかったかもしれない…自宅や車の中で赤ちゃんを産んでしまったかもしれない…と思い、旦那に感謝しました。

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.