妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット ママの変化 健康

妊娠中ダイエットにキャベツが良いって本当?減量のやり方

更新日:

妊婦さんにおすすめのキャベツ
妊娠中ダイエットにもいろんなやり方がありますが、キャベツを使ったキャベツダイエットが効果的であることをご存知でしょうか?
今までいろんなダイエットがうまくいかなかった方にこそ試していただきたい妊娠中のキャベツダイエットですが、いったいキャベツの何がどのように働いて妊娠中の体重コントロールを実現してくれるのか気になるところです。
そういった仕組みの部分や、具体的な妊娠中のキャベツダイエットのやり方、注意点等をページ内で詳しくご紹介していきたいと思います。

なぜ妊娠中にキャベツダイエットが効果的なのか

まず最初に、キャベツダイエットが効果的である理由について簡単にご紹介します。
キャベツそのものが低カロリーの食材であることもそうなのですが、キャベツは切り方を工夫すると、食べ応えが増して自然と咀嚼の回数が増えます。
そうなるとたくさん食べた満足感を実感しやすくなるため、実際はさほどたくさん食べてないのに、「今日はたくさん食べたなぁ」と言う感覚を作り出すことができるのです。
さらに、ちょっとひと工夫するだけで、ノーマルな味のキャベツも美味しく変身させることができます♪
美味しく続けられるのは大事です!
妊娠中は、特に食べつわりの場合食べ物を口に運ぶ手がなかなか止まりませんよね。
ストレスや不安を紛らわすために、ダイエットによくない食べ物ついつい余分に食べてしまうこともあるでしょう。
そういったことが原因で体重管理がなかなかうまくいかない方にこそ、キャベツダイエットはオススメだと言えるでしょう。

妊娠中のキャベツダイエットのやり方をご紹介

キャベツダイエットでは、ただひたすらキャベツを食べ続けるのではなく、いくつかのポイントを押さえることで効率の良いダイエットにつながります。
その際に知っておきたい3つのポイントを、簡単にまとめていきます。

キャベツの切り方を工夫する

キャベツダイエットで1番肝となるのが、キャベツの切り方です。
キャベツダイエットの時のキャベツの切り方は、太さ5ミリ位の千切りをイメージします。
このような切り方にすることによって、少し前にも触れたように、咀嚼の回数をナチュラルに増やすことができ、ごく自然な満腹感を感じることにつながります。
ダイエットの大敵とも言えるのが、食べ過ぎです。
その食べ過ぎをナチュラルに抑えることができるので、キャベツの切り方は非常に重要です。
ちなみに、噛みごたえをしっかりと演出して、空腹感が出ないようにすることによって、体内でのケトン体の生成を抑制し、胎児の精神的な安定を阻害する動きを予防することもできるんです。
※キャベツを切る前にキャベツを5分程度水にさらしておきます。そうすることにより残留農薬をきちんと落とすことができます。

キャベツの味付けは和風ドレッシングもしくはポン酢

キャベツダイエットを美味しく続けるためには、正しい味付けも重要です。
ポイントは油分オフの和風ドレッシングを活用するか、ポン酢がお勧めです。
物足りなくてマヨネーズ、ソースなどを活用したくなる気持ちもよくわかりますが、それをしてしまってはカロリーオーバーになり、キャベツダイエットの効果が弱くなってしまいます。
さらに、そういった濃い味付けばかりをしてしまうと、塩分の過剰摂取により妊娠中のひどいむくみに繋がったり、妊娠高血圧症候群に発展する恐れもあります。
そうなってしまうと、お母さんの健康が脅かされるだけでなく、胎児の健やかな成長や命の危険につながってくる場合もあります。
味付けはあくまでヘルシーに、おまけ程度にしておくことが大切です。

用意したキャベツをおやつがわりに

特に食べつわりがひどい方であれば、キャベツダイエットとして用意したキャベツを、完食の時のおやつとして食べるのもありです。
1度の間食で50グラムから100グラム程度に留めておくことが大切ですが、そうしておく分には1日に何回も食べてしまっても大丈夫です。
もちろん、できるだけ控えるのに越した事はありませんが、甘いスイーツなどをやけ食いしてしまうよりはよっぽどマシです。

キャベツの魅力を知ると今すぐキャベツダイエットを始めたくなるかも

キャベツは私たちにとって非常に身近な食材ですが、短すぎるが故にキャベツのことをあまり知らない方も少なくないのではないでしょうか。
私自身、まさにその1人で以前まではキャベツに葉酸、鉄分、カルシウム、などの妊娠中に重要となる栄養が幅広く含まれている事は知りもしませんでした。
次の段落でキャベツに含まれる栄養素を詳しくご紹介しますが、知れば知るほど魅力的な食材に思えてきますよ♪

キャベツには妊娠中に重要な栄養がたくさん含まれている

キャベツには葉酸、鉄分、カルシウム、βカロテン、カリウムなどの、妊娠中に重要であり必要不可欠である栄養素がたくさん含まれています。
ちょっと大げさな表現かもしれませんが、まるでサプリメントのようです。

以下に該当する方は、1日1玉食べるほどの過剰摂取は避けよう

ヘルシーで健康できなキャベツではありますが、キャベツには沢山のカリウムが含まれています。
カリウムは体内のナトリウムを効率よく排出してくれるため、体内の塩分濃度を下げて、浮腫、妊娠高血圧症候群の予防や改善効果につながります。
しかし、極端に摂取しすぎてしまうと、過去に腎臓病患ったことがある方の場合、高カリウム血症になってしまう可能性があります。
なので、そういった病歴がある方もキャベツは食べて良いものの、過剰摂取には注意して下さいね!

キャベツのカロリーはたったの23キロカロリー(100グラムあたり)

キャベツは、あなたのイメージしている通りとてもヘルシーで低カロリーな食べ物です。
この段落のタイトルにあるように、100グラム当たり23キロカロリーしかありません。
なので、食べつわりの時におつまみ感覚でキャベツをたくさん食べても、さほどダイエットに影響は出ないと考えられます。
先ほどもお伝えしたばかりですが、過剰摂取には注意が必要ですが、基本的にお菓子や揚げ物などをばくばく食べるよりは全然マシです。

キャベツダイエットで知っておきたいことまとめ

このページではキャベツダイエットに関する様々な情報を一緒に見て行きましたが、最後にキャベツダイエットの重要な要点を一緒に復習していきたいと思います。
  • キャベツは1日に半玉もしくは1玉以下にする
  • 食べつわりに悩んでいる方は、感触の回数を増やして、キャベツを食べる
  • キャベツの切り方は5ミリ程度の千切り
  • 味付けはポン酢などで、謙虚に薄くがポイント
以上のポイントや注意点を押さえた上で、美味しく楽しくキャベツダイエットを続けましょう。
そして、愛する我が子のためにも、他の部分で体重を余計に増やさないように気をつけて、着実に結果を出していきましょうね♪

スポンサーリンク

-ダイエット, ママの変化, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.