妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット ママの変化 健康

DHCのダイエットサプリは妊娠中もOK?体重管理と栄養

更新日:

DHCのダイエットサプリを妊娠前から飲んでいて妊娠が発覚。
パッケージの裏面の注意書きには『妊娠中の方はご使用を控えて下さい。』
と書いてある事を読んで驚いてしまうという方も多いようです。

『でもダイエットサプリを飲む事を止めたら一気に太ってしまいそうで怖い・・・』

実は、こんな悩みや迷いを持っておられる方は本当に多いんです。

妊娠中は赤ちゃんにちゃんと栄養をあげられるようにしなきゃいけないのはわかっているけど、地元の先輩ママに聞くと『あそこの○○先生は体重には本当に厳しいからね・・・』と言われて今から不安になってしまうということもあります。

このページは、こういった悩みや不安を持っておられる妊娠中のプレママさんに読んで頂きたい内容になっています。

・妊娠中にDHCのダイエットサプリは飲んで良い?
妊娠中ダイエットを成功させるなら食事の見直しが1番効果的
・妊娠中に避けたいもの
・妊娠中に摂りたい栄養素
・ダイエットサプリと栄養補給サプリの違い
・妊娠中の体重管理について
・まとめ

こういった内容で、先ほどのような不安や悩みを持っておられる方や、妊娠中のサプリに興味がある方も一緒に確認しながら見ていきたいと思います。

 

妊娠中にDHCのダイエットサプリは飲んで良い?

結論から言ってしまうと、妊娠中の体重管理にDHCのダイエットサプリを飲み続ける事はやめた方が良いと思います。

DHCのダイエットサプリは、たくさんの種類がありますが、妊娠中の使用を控えるように注意書きで明記されています。

・ニュースリム
・フォースコリー
・ダイエットパワー

これらのダイエットサプリはコンビニや近所のドラッグストアでも、処方箋や薬剤師などに相談しなくても手軽に安く購入出来るところが人気の理由でもあります。

それぞれに多少の違いはありますが、共通する特徴としては
『余計なカロリーの吸収をカットしてくれる働きがある成分が含まれている』
という事です。

こういった特徴は、妊娠中に次のような弊害が考えられます。

・必要な栄養吸収も阻害する可能性がある
・ホルモンバランスに影響を与えてしまう可能性がある

妊娠中の赤ちゃんの成長と母体の栄養バランスを保つためには、こういった弊害は出来れば避けたいところです。

もちろん、DHCのダイエットサプリは、毒なわけではありませんので、産後に授乳期も終わってから『しっかり痩せるために利用する』のはまったく問題ありません。

むしろ、自分自身を太りやすい体質と思っておられる方にとっては、DHCのダイエットサプリは、強い味方になってくれるはずですよ。

 

DHCの公式サイトでもお勧めしていない

ダイエットサプリを含めて実際に妊娠中にDHCのサプリメントを飲んでも良いのか?と悩んでおられる方はたくさんいらっしゃいます。
その方のためのDHCの質問コーナーでは、妊娠中や授乳中にDHCのサプリメントを飲んでも大丈夫か?と言う質問に対して、妊娠中はダイエット目的の商品や女性ホルモンのバランスに関わる成分を配合した商品などは積極的にお勧めしていないものもあります。と記載されています。
立場上このようにオブラートに書いてはありますが、実際のところこのページで先ほどお伝えしたように考えられる危険性がゼロでは無いため、本来であれば大丈夫です。と言いたいDHC側もお勧めしていないものもある。と言わざるを得ないのでしょう。

ダイエットアイテムを活用したいならこれがおすすめ

DHCのダイエットサプリメントが控えるべきなのであれば、何か他に良いものはないか?とお探しの方は、ベルタ酵素ドリンクを選んでみると良いかもしれません。
実際にベルタ酵素ドリンクは安全性が非常に高く妊娠中や授乳中のママさんでもダイエットとして利用しています。
こういったものを使わなければ絶対に痩せることができないわけではありませんので、まずは食事の見直しや運動取り入れるなどの身近にできるものからチャレンジするのもありかと思いますが、ダイエットのお供として何か使いたい!と言う方はいちどベルタ酵素ドリンクをチェックしてみると良いかもしれません♪

妊娠中ダイエットを成功させるなら食事の見直しが1番効果的

妊娠中ダイエットのやり方として、サプリメントを飲んでみたり、酵素ドリンクを飲んだり、運動などエクササイズに励んだり、いろんな方法がありますが、どれも正しくやる分にはある程度の効果は期待できます。
ですが、どのダイエット方法よりも1番効果的なのは食事の見直しだと言われているんです。

何故かと言うと、人間の体が太る原因は必ず食事にあるからです。
もしかしたらこれを見ているあなたも経験があるかもしれませんが、ずっと家でごろごろして何もしていなかったのに、食事をほとんど食べなかったらどんどん痩せていった。もしくは、ストレスで食事が喉を通らなかった時が続いた時期に体重を測ったら、一生懸命ダイエットしていたわけでもないのにとても痩せていた。
こういったことを経験したり、見たり聞いたりした事は無いでしょうか?
そうなんです、私たちはテレビの前でごろごろしていても、1日中ベッドの上でドラマや映画を見ていても、食事をしなければ太る事はありません。
太るときは必ず食事の要素が原因となっています。
もちろん、妊娠中に断食をしなさい。と言いたいのではありません。
私たちが太るときは必ず食事の要素が絡んでいるからこそ、食事の要素を見直すことが1番大切だと言うことをお伝えしたいのです。

じゃぁ妊娠中の食事の見直しはどうすればいいの?

妊娠中の食事の見直しでは、ヘルシーな和食メニューに切り替える。これだけでも十分に効果が期待できます。
しかし、ヘルシーな和食に切り替えたからといって、必要以上に食べ過ぎてしまってはあまり効果が期待できませんので、腹八分目程度に切り上げることも大切です。
たくさんの品目の和食を少しずつ食べていくイメージです。
こうすることにより、余分なエネルギー摂取をナチュラルに抑えることができるので妊娠中ダイエットの効果が高く期待できます。
さらには、妊娠中に必要な栄養をバランスよく補給することもできちゃいます。

妊娠中に避けたいもの

妊娠中に避けたいものは、なんだと思いますか?

妊娠中に避けたいものとしては個人差があり、優先順位の違いもあると思います。

しかし、下記にまとめた要素は避けた方が良いでしょう。

・過度なダイエット
・神経過敏になるストレス
・喫煙やカフェイン
・激しい運動やお腹への圧迫
・塩分・糖質の摂り過ぎ
・栄養バランスの偏り

体重管理のための食べ過ぎは『ある程度の意識づけは必要』ですが、食べづわりや吐きづわりが終わった後に急激に食欲が増えたり、味の好みが変わったりするのは誰にでも起こる事ですので、避けようと思って避けられるものではありません。

ですので『食べ過ぎ』は、妊娠中に避けたいものの要素には入っていません。

どのくらいストレスを感じるかというと、これも個人差がありますが、例えば妊婦健診で体重を厳しく注意されて泣いてしまう妊婦さんもおられます。

泣いて解消できる程度のストレスなら良いのですが、これがマタニティブルーや産後のうつなどにつながってしまう『ストレス』ならば絶対に避けるべきです。

妊娠中に摂りたい栄養素

妊娠中に摂りたい栄養素には『4大栄養素』と呼ばれるものがあります。

・鉄分
・葉酸とビタミンB群(葉酸もビタミンB9と呼ばれるB群の1つです。)
・カルシウム
・タンパク質

鉄分は妊娠中の貧血を防ぐためで、赤ちゃんに与えられる栄養素は血液で臍帯や胎盤を通過するので、血液の質を上げるためです。

葉酸とビタミンB群は造血や細胞増殖に関わる栄養素で、妊娠後期には通常時に比べて血液量が増える事、赤ちゃんの成長のために細胞増殖が必要なためです。

カルシウムは母体の骨の新陳代謝や赤ちゃんの体幹、骨の形成に欠かせない栄養素です。

タンパク質は赤ちゃんの肉や皮膚を作るための材料になりますし、母体の健康維持に欠かせません。

普段の食生活では完全に補うのが難しい栄養も含まれています。

また『各栄養素の質』も問題になってくるため、食事だけでは補えない分は、栄養補給サプリが必要になってくるんですね。

ダイエットサプリと栄養補給サプリの違い

ダイエットサプリと栄養補給サプリの違いは、妊娠中の身体にとっては重大な意味があります。

ダイエットサプリが、余計なカロリーをカットしてくれる代わりに必要な栄養吸収も阻害する可能性が高い特徴を持っているのに比べて、栄養補給サプリは先ほどもご紹介した、葉酸や鉄分、カルシウムやタンパク質など食事だけでは完全に摂取する事が難しい栄養を定量的に補給できるものです。

まさに『ダイエットサプリ』と『栄養補給サプリ』の名前の違いの通りに目的も違うというわけなんですね。

妊娠中にDHCのダイエットサプリを飲み続ける事はおすすめ出来ませんと書きましたが、もしこのサイトを読んだ上で、ご自分で必要と判断された方は、一度産院の先生に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

妊娠中の体重管理について

妊娠中の体重管理は、妊婦健診を受けた方ならご存じかも知れませんが、産院によってはとても厳しい内容になっています。

体重管理の基準は、体重と身長の測定値で計算されるBMI値となっています。

妊娠中の体重増加の目安は

太り気味の方は出産までに5~7kg程度
標準体型の方は出産までに7~9kg程度
痩せ型の方は出産までに9~12kg程度

という幅に管理しましょう。というのが推奨値になっています。

この前述の基準に対しては産院や先生によっても違うため、体重管理に対して厳しいところもあれば、そうでもないところもあるのが実情なんです。

しかし、本当に妊娠中に厳格に守らなければならない基準があるという事はご存じですか?

・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病
・短期間での体重の急激な増加

そもそも妊娠中の体重管理は、これらの3つの母体と赤ちゃんへの影響を予防するために必要なものなんですよ。

妊娠中の母体は、ホルモンバランスによって脂肪や水分を溜め込みやすい体質になります。
脂肪や水分によって赤ちゃんを守るような仕組みになっているんですね。

確かに、妊娠中の体重管理は大切な要素ではありますが、ストレスで障害を感じるほどになってまで行うものではありません。

 

まとめ

妊娠中の体重管理が厳しく、守らないとまた怒られるから妊娠中にもDHCのダイエットサプリを使いたいという方もおられます。

このページではおすすめ出来ませんとご紹介しましたが、最終的に赤ちゃんと自分の身体を守るために判断するのは自分しかいません。

もし、妊娠中には良くないとわかっていて、本当は飲むのはイヤだし怖いけどダイエットサプリを・・・という方は
実際にダイエットサプリを試す前に産院の先生や助産師さんや看護師さんに相談してみてください。

・血糖値の上昇
・血圧が高くなった
・体重の急激な増加
・尿タンパクとむくみ

これらの数値が正常値なのに、厳しく『痩せなさい』と言われるなどの『納得の行かない指示』があった場合は、痩せる必要はないとは思いますが、あまり増やさない体重管理をしていくのが良いと思います。

妊娠中の体重管理や妊娠中に避けたいものの中でもご紹介しましたが、体重管理は行った方が良いものではありますが『絶対に守らなければならない法律』というわけではありません。

まして、厳しい体重管理で、妊娠中や産後に赤ちゃんとのコミュニケーションや生活に支障が出るほどのストレスを抱えているとなると母体と赤ちゃんの健康を守るための体重管理があなたと赤ちゃんの健康を阻害するという『本末転倒』が起こってしまいます。

それでは、人生の中で貴重な経験である『妊婦生活を楽しめない』事になってしまいます。

赤ちゃんは、母体が感じるストレスは直接的に伝わります。

赤ちゃんのためにも自分自身のためにも正しい判断をしたいですね。

スポンサーリンク

-ダイエット, ママの変化, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.