妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット ママの変化 健康

妊娠中のダイエットはキャベツで手軽に楽しく!

投稿日:

妊娠中のダイエットは良くないと言われますが、実際には妊婦健診で体重が増えすぎても少なすぎても注意されるのが現状です。

妊婦さんの中には、健診で注意されるたびにどんどんストレスを溜めていって、マタニティブルーになって産後にまで引きずってしまう方もおられるほどです。

そこで妊娠中の体重増加に悩んでいる方に、年間通して手に入る『キャベツ』を使うと妊娠中の体重管理が楽になるという事を教えたいと思います。

体重管理さえ楽になってしまえば、妊娠中は赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみながら幸せに過ごす事が出来ます。

キャベツの特徴を活かして毎日の食事に上手に摂り入れれば、『これを食べたらまた怒られるかな・・・』と思いながら過ごすという心配もしないでいられるようになるんです!

体重増加に悩んでいる方、わたしと一緒に妊娠中のキャベツダイエットについて詳しくみて行きませんか♪

妊娠中の体重管理

妊娠中の体重管理は考えるのも嫌なものですけど、自分自身と赤ちゃんの健康のためには大切なものでもあります。

ですが、実際には体重自体よりも大切な事があるってご存じでしたか?
妊娠中に増えて良い体重は、もともとの体型によっても変わりますが、大体8kg~12kg程度となっています。

赤ちゃんと羊水、胎盤、臍帯などの重さを全部合計しても5kg弱なので、3kg~7kgは妊婦さんの身体の体重で増えて良い部分なんです。

しかし産院によっては

『このまま太って行ったら赤ちゃんもあなた自身も最悪の事態を考えなきゃならなくなるよ。』

などと脅すような言い方をするところもあります。

それだけに不安に思ってストレスを感じるきっかけになってしまうのですが、本当は妊婦さんにとっては、難産になる危険性を除いては

・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病

この2つにさえ注意をしていれば、最悪なことにはならないんですよ。

ちなみに難産について良く言われるのが、産道や膣に脂肪がついて赤ちゃんが出られなくなってしまうというもの。
しかしこれは妊婦さんの努力で脂肪がつかなかったからといって、絶対に安産になるとも限りません。

なにが言いたいのかというと、難産になるかどうかは神様が決める事で、そのために体重管理に必死になるのはナンセンスという事なんです。

ですが、体重管理で厳しく言われるのは事実で、それがストレスの原因になる事も事実です。

そこで、おすすめなのがキャベツを使った妊娠中のダイエットなんです。

キャベツってどんな野菜?

キャベツって『あの近所のスーパーに売ってるキャベツ?』特別なものじゃなくて良いの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、まったくもって『ふつ~のキャベツ』で全然大丈夫です。笑

キャベツにはいろいろな種類があるのはご存じの通りで、紫キャベツや芽キャベツ、グリーンボール、また最近は料理番組などでも登場する雪中寒蘭(せっちゅうかんらん)などいろいろな種類があります。

ですが、妊娠中のダイエットに使うキャベツは何でも大丈夫です♪

わたしが選ぶなら、手頃な値段のキャベツにします。
その方が家計には優しいですからね。

種類豊富なキャベツですが、食べた時に甘みを強く感じたりする感覚的な違いはありますけど、
どのキャベツにも共通する特徴が・・・

・100gあたり22kcalと超低カロリー
・水溶性食物繊維が豊富
・先に食べて糖と脂の吸収をブロック

という妊娠中の体重管理で嬉しい特徴を持っているんですよ。

『もともと、ポッチャリ気味であまり体重を増やしたくない!』という方は初期から、そうでもないという方は赤ちゃんと一緒にお腹が大きくなり始める頃の体重管理が厳しくなり始める頃からでも、時期的には自由に始める事が出来ますよ♪

つわりがある方は妊娠初期は匂いに敏感になったりと個人差がありますので、もしキャベツで吐き気がするという場合を除いて、みなさんキャベツをどんどん使ってみてはいかがでしょうか。

妊娠中ダイエットにキャベツを使うメリット

妊娠中のダイエットにキャベツを使うメリットは、なんといっても1個丸々食べたとしても300kcal以内に収まる『超低カロリー素材』である事です。

これだけ低カロリーだと、ドレッシングをちょっと多めに使ったとしてもカロリーオーバーになってしまう心配はありません。
また、先ほどのキャベツの特徴の中でも登場しましたが、水溶性食物繊維が豊富です。

これは、妊娠中期から赤ちゃんの成長に伴って大きくなる子宮に圧迫され便秘になってしまうママさんが多くなります。
妊娠中の便秘は、ホルモンバランスの変化で体内に水分を溜め込み、便が硬くなりやすいために起こるので、キャベツに含まれる水溶性食物繊維が解消のカギになってくれるんですよ。

また、食事をする時に最初の3口をキャベツから食べ始める事で糖質と脂質の吸収をブロックしてくれるので、そのあとは炭水化物を食べても安心なんですよ。

さらに、千切りにしたとしても、みじん切りにしたとしても『丸のみで食べる事は出来ない』ため良く噛んで食べる癖がついて、満腹感が得られる事から自動的に食欲を抑えてくれる効果も期待出来ます。

せっかくなら、キャベツの甘みがお口の中で味わえるようにたくさん噛んでゆっくり食べるというのも良いですよね♪

キャベツで体重管理をするための注意点

妊娠中の体重管理ダイエットに良いところだらけのようなキャベツですが、注意点もあります。

妊娠中にキャベツを食べる上での注意点

・食物繊維(水溶性に偏りあり)
・農薬を洗い流す

この2つが妊娠中の体重管理で毎日のようにキャベツを使う上での注意点です。

食物繊維については毎日のように食べるのでなければ、偏りを気にするほどではないのですが、キャベツを毎食1/3玉食べるという食べ方をすると便が柔らかくなり過ぎてしまう可能性もあるんですよ。

これの対策としては、不溶性食物繊維もバランスよく摂る必要があります。

インゲン豆やひよこ豆、きくらげなども食べるようにしましょう。

もう1つの農薬の心配なのですが、キャベツを1玉丸ごと買ってきたら、外側の葉を取らずに流水にさらして5分ほど洗い流す事で安心して食べられます。

残留農薬を洗い流しで流水にさらす時に半分とか1/4などにカットされたものは、断面からキャベツの水溶性食物繊維が流れ出てしまうので、キャベツを買う時は1玉丸ごと買うようにすると良いでしょう。

また、胃粘膜や腸壁を守ってくれるビタミンU(別名キャベジン)も水溶性の栄養素なので、カットしてあると断面から流れ出てしまうため栄養のロスが多くてもったいないんですね。

妊娠中キャベツダイエットはいつまで?

妊娠中のキャベツダイエットは、出産直前まで続けられます。

先ほどの水溶性食物繊維への偏りや、表面についているかも知れない農薬をちゃんと洗い流すなど注意点さえ守れば、出産のために産院に行く前日まで食べていてもまったく問題ありません。

また、キャベツを食べるというと『千切りやみじん切り』などで生食も出来る簡単さがメリットの1つでもあります。

ですが、10ヶ月近い妊娠生活で毎日のように生のキャベツを食べるのは飽きてしまうので、飽きが来ないように食べる工夫を楽しみながらすると良いでしょう。

ポトフ

また、キャベツには食物繊維やビタミンUなど水溶性のものが多いため、生食で食べる以外では、ポトフや野菜スープなどで美味しく食べるのが良いですよ。
スープごと飲む事で栄養の取り逃しもないような工夫も出来ます。

ただし、ソースをかけて生食で食べる場合は、塩分の摂り過ぎにだけは注意してくださいね。

まとめ

妊娠中の体重管理ダイエットで、キャベツを使うメリットがたくさんあるんですね♪

もう1度おさらいしてみると

・超低カロリーでお腹いっぱい食べても大丈夫!
・水溶性食物繊維で妊娠中の便秘解消に便利
・他の物の前に食べる事で脂質と糖質の吸収をブロック

こういったメリットが妊娠中の体重管理ダイエットでキャベツが便利な理由です。

妊娠中に妊婦健診のたびに先生に注意される体重で悲しくなってしまわないように先手先手で妊婦生活を楽しみながら過ごしませんか♪

adsens

スポンサーリンク

adsens

スポンサーリンク

-ダイエット, ママの変化, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.