妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット 健康 赤ちゃんの成長

妊娠中のダイエットで子供が肥満児になる?体重管理の影響を避ける方法

更新日:

妊娠中は体重管理が大切と言われます。
妊婦健診でも毎回、身長、体重、血圧、血糖値、
尿タンパクなどが検査の重要項目になっており

産院でも先生や助産師さんに注意される方も多いようです。

そのため妊娠中にダイエットをする妊婦さんが多いのですが、
心配なことはたくさんあります。

中でも気になるのは、
『妊娠中のダイエットで子供が将来、肥満児になる』という事です。

元気な赤ちゃんを無事に産むために、
先生の指示に従って一生懸命に体重管理を頑張っているのに
子供が肥満児になるなんてどうすれば良いの?
と思ってしまいますよね。

このページでは、将来的に子供への悪影響が出ないための
妊娠中の体重管理ダイエットについて一緒に見て行きましょう。

妊娠中にダイエットが必要な理由

ピンク色の体重計

妊娠中にダイエットが必要な理由は、体重管理のためです。

体重管理の目的は

・妊娠糖尿病の予防
・妊娠中高血圧症候群の予防
・産道に脂肪が付くと難産になり母子共に危険なため

これらの3つの目的が妊娠中にダイエットを実践する方が多い理由です。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、
脂肪や水分を溜め込みやすい体質になります。

また、妊娠初期からの『つわり』が長く続いて、
食べられるものが甘いものに限られたり、
その反対に『食べづわり』によって過食気味になってしまう方も多く、
栄養バランスの偏りや塩分過多、糖分過多に
なってしまいやすい状況という事もあります。

こういったいろいろな条件や状況のために
『妊娠中の体重管理は難しい』と言われるんですね。

ただし、月齢と共に進む赤ちゃんの成長や
それを守るために必要な最低限の脂肪が増えて行ったり、
胎盤や羊水の重さなど、
むしろ妊娠中に増えなければいけない体重もあります。

これが、妊娠中の体重管理を難しくしている理由なんですね。

妊娠中にダイエットをすると子供が肥満児になるの?

妊娠中のダイエットによって子供が肥満児になる可能性があります。

これは、妊娠中に体重管理のためのダイエットを

『栄養不足になる可能性のある無茶な断食や絶食ダイエットを行った場合』

という事になります。

というのも、母体側が妊娠中に栄養不足になると、
胎児への栄養供給が充分ではなくなるため、
脂肪を溜め込みやすい体質になる可能性があるからです。

詳しく説明すると、ママの身体の中にいる胎児期に栄養が不足すると、
『少ない栄養でも生きて行けるように脂肪細胞を多めに蓄えるようになる』
という事なんです。

ママが、無理なダイエットをすると、
その反動がママの身体だけではなく、
赤ちゃんの将来に影響するという事なんですね。

これを回避するには、栄養をしっかり摂りながら、
尚且つ余計なカロリーは控えるという事です。

妊娠中ダイエットの子供への影響

体重計にのった赤ちゃん

妊娠中のダイエットは、子供が肥満児になったり、
将来的にメタボになったりするだけではありません。

妊娠中に栄養不足になる恐れがあるような過度な食事制限ダイエットは、
低体重児が生まれる危険性につながります。

また、低体重児で生まれた子供は、
胎内で行われるはずの内臓の機能発達が充分ではなく、
生まれてからの発育に影響を及ぼします。

免疫力も低くなるため、風邪をひきやすくなったり、
花粉症やハウスダストアレルギーを発症しやすくなったり、
神経系の障害を抱える奇形になるという最悪の事態も考えられます。

妊娠中には体重管理も大切ですが、それ以上に葉酸や鉄分、
カルシウム、タンパク質などの赤ちゃんの成長のために必要な栄養素を
しっかり摂ることが大切です。

また、妊娠中の体重増加は1週間あたりで0.5kgくらいまでを目安に
ゆっくり増えて行くのが理想的です。

また、妊娠中の食事で注意する点は

・薄味(塩分・糖分控えめ)
・油と脂肪控えめ
・炭水化物の量を控えめ
・水分を多めに飲む

この3つを心がけていれば、
妊娠中高血圧症候群や妊娠糖尿病を予防する事が出来ます。

妊娠中に産院が体重管理にこだわるのは、
前述の高血圧症候群や糖尿病を予防する事が目的なので、
こういった食生活を意識する事で体重管理が楽になりますよ。

子供に影響が出ない妊娠中のダイエット法

ここまでお話しした事で、
妊娠中のダイエット方法の理想像が見えて来たでしょうか。

妊娠中に子供に影響が出ない理想的なダイエット方法は

・栄養バランスを意識する
・食事だけでは補いきれない栄養はサプリメントも利用する
・出産に向けての体力作りのために適度な運動を実践する
・むくみ、冷え性、便秘の原因になる味付けの濃いものを食べない

この4つのポイントが妊娠中の体重管理ダイエット方法になります。

しかしながら、妊娠中の体調には個人差があります。

食べづわりはどうすれば良いの?

食べづわりになってしまう方なら、
食事を一度に食べる量を抑える代わりに小まめに何回も食べる事で、
気分が悪くなってしまう事の対策になります。

極端ではありますが、イメージとしては、
きちんとした食事をせずに、
一日中間食を食べているような感じです。

ただし、食べる量を定量化できないため、
体重計に小まめに乗るようにすると良いでしょう。
朝、昼、晩だけではなく、
何回も乗って小まめに体重把握をする感じです。

つわりが酷いわたしはどうしたら良い?

また、つわりが激しくて食欲が出ないという方は、
産院で相談してみると助けになる場合もあります。

というのも、多くの地方自治体が妊婦支援として、
産院を窓口にして管理栄養士を紹介したり、
献立を一緒に考えてくれるなどのサービスを行っているためです。

適度な運動ダイエットの意味

適度な運動がダイエットにおいて大切なのは常識ですよね。
妊娠中は激しい運動は基本的に出来ないため、
自分なりの息切れが出ないようなペースで歩くウォーキング。

また、妊娠中の腰痛や肩こりの予防にもなる
ストレッチやマタニティヨガなどをとり入れて、
出産に向けての体力作りを行いましょう。

これには、ダイエットだけではない重要な意味があります。
というのも、妊娠中に体力を付けるようにする事で
『出産に対する不安』がなくなりやすいからです。

筋肉を付けたり、スタミナを付ける事で、
長時間の陣痛に耐える事も出来るようになります。

この『体力的な自信から来る精神的なリラックス』は、
マタニティブルーの予防にもなるんですよ。

また、そんな『強いママになる自分』を想像すると、
お腹の赤ちゃんに対して『ママが守ってあげるから安心してね♪』
と話しかけてあげられるようになりますよ。

妊娠中の食事で薄味に注意する理由

栄養価の高いバランスのとれた和食

塩分が高い塩辛い煮つけやお漬物を食べたり、
お蕎麦やうどんなどのおつゆも塩分が強かったり、
お味噌汁のお味噌が多かったりしていませんか?

塩分過多は相対して味付けの糖分過多にもつながります。

塩分は血圧も上げてしまいますし、
糖分は血糖値の上昇で血液もドロドロになり、
血管に血栓を作りやすくなります。

このような『血液の質』は、妊娠糖尿病や
妊娠中高血圧症候群の直接的な引き金になります。

味付けの濃い食べものは、
妊娠中には母子ともに命の危険にさらされてしまう事なんです。
また、そこまで行かなくても、
むくみが起こりやすく体重も増えやすくなり、
冷え性や便秘の原因にもなります。

その分の体重増加もありますので、それを気にしすぎて
『食べないダイエット』をすると栄養バランスが崩れて、
赤ちゃんが肥満児になったり、巨大児になったり、
将来的にメタボになるなどの危険があるんんですね。

 

子供の安全を考えた妊娠中ダイエットは「ヘルシーな和食」で解決

妊娠中ダイエットに限らずですが、ダイエットの肝となるのは食生活です。
食事の見直しによるダイエット方法は巷でもいろんなものが流行していますが、妊娠中の場合は極端な偏食や、食べない系のダイエットは大変危険です。
それこそ胎児の悪影響につながる恐れがあります。
しかし、ヘルシーな和食であれば、そもそも摂取カロリーを低く抑えることができる上に、たくさんの野菜などの食材を使っていますので、妊娠中に必要な栄養をバランスよく補給することができるんです。
今では毎日和食を食べる機会はほとんどなくなってしまったかと思いますが、毎日和食を食べていた昔の方は、今ほど肥満になるような事はほとんどなかったそうです。
また、日本人が長寿の方が圧倒的に多いと言われているのも、和食による栄養が大きく影響しているとも言われています。
もちろん、ヘルシーな和食だからといって食べ過ぎないことが大前提ですが、毎日の食事を和食に切り替えて腹八分目程度に食べることを心がけていけば、他に何かダイエットをしなくても自然と体重はコントロールできていくでしょう。
そして同時に、胎児に必要となる重要な栄養をバランスよく補給することができるようになります。
今まで和食をほとんど作ったことがない方でも、クックパッドで「妊娠中 和食」などと検索すれば、簡単に作れる和食メニューがたくさん出てきます。
そちらも参考にしてみるといいかもしれません。

まとめ

妊娠中の体重管理ためのダイエットで子供が肥満児になったり、
将来的なメタボにつながったりします。

ただし、これは
『栄養バランスを崩した無茶な“食べないダイエット”を行った反動』
で表れる事なんです。

適度な運動や薄味の食生活を心がける事。

また、水分をしっかり摂って、
食事だけでは補なえない栄養はサプリメントを利用するなどして、
あまりガチガチに料理の献立を考え過ぎないように楽をする事も大切です。

こういった工夫をいろいろ考えながら、
妊婦生活を楽しみましょう。

そして強いママになって妊娠中の体重管理にも成功すると、
産後に体型戻しにも成功しやすくなるので、
旦那さんにとってもゾッコンの奥さんになりますよ。

スポンサーリンク

-ダイエット, 健康, 赤ちゃんの成長

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.