妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット 健康

妊娠中のストレッチダイエットで安産♪効果と注意点まとめ

更新日:

妊娠中に体重管理を実践するのは安産のためには欠かせません。

赤ちゃんのためにも自分自身のためにも、太り過ぎは危険だからです。

ですが、妊娠中は極端な食事制限や断食などの『食べないダイエット』はもちろんですが、
転倒や衝突などの危険があるような激しい運動は出来ません。

できるだけ有酸素運動(少し息が上がる程度の運動)で、脂肪を燃焼させる役割もある酸素を取り入れることができる運動を程よく織り交ぜるのが効果的ですよ。

妊娠中はどんなストレッチがいいの?

妊娠中ダイエットのために効果的なストレッチというのは、マタニティヨガやマタニティピラティスなどでもカリキュラムに組み込まれている「ゆっくりと体を動かす体操的なもの」というふうに意識しておくと良いと思います。

また、お腹の張りを感じるくらいの無理に体の関節を曲げたり、その状態で体を誰かに抑えてもらって必要以上に負荷をかけるようなストレッチを行ってはいけません。
切迫早産や流産の危険はいうまでもありませんが、そもそも妊娠中のダイエットのためのストレッチとは言っても、妊婦さん自身がストレスを感じて楽しくないと思うようなものであってはいけないからです。

妊娠中のストレッチの目的は?

妊娠中のストレッチの目的は、体重管理ダイエットのために体を柔らかくしておくこと(ウォーキングやマタニティヨガ、マタニティピラティス、マタニティスイミング)などの運動を行う場合でも怪我をしたり、急激に体を動かし始めてお腹に痛みを感じてしまったりすることがないように行うものということを頭の中に置いやるのが良いかもしれません。

またストレッチの効果については、腰痛や肩こり、首筋のコリなどの解消、股関節痛の解消、便秘の改善、尿漏れの予防などがあり、それら妊娠中の悩みに合わせて出産に向けての体力強化と股関節の柔軟性を上げるという目的があって行うとより良いと思います。

もともと妊娠中の体重管理ダイエットはストレスが過剰にかかってしまわないように適度に食事を制限したり、適度な気分転換のための運動を取り入れてみたり、中には『Wii Fit U』のようにゲーム機で行うエクササイズの中でも激しいものではない妊婦さんでもできる物を選んで行うなど、身近にあるものは何でも使って「ストレスを溜めないように体重管理を行う」が大切なんですね。

なぜ妊娠中のストレスをここまで強調して避けなければいけないのかと言うと、妊娠中にママが極度のストレスを感じてしまうことでお腹の赤ちゃんへの栄養供給が効率が悪化してしまい、さらに生まれた赤ちゃんが将来的にADHD(多動性注意欠陥障害)になってしまう可能性が高いと言うことがわかっているからです。

妊娠中のストレッチは、このような妊婦さんが妊娠中に感じるストレスを軽減するためのリラックス効果も期待できるんですよ。妊娠中のストレッチは、このような妊婦さんが妊娠中に感じるストレスを軽減するためのリラックス効果も期待できるんですよ。
もともとストレッチ自体が、妊娠中ではなかったとしても体に無理矢理、負荷をかけて行うようなものではなく、先ほども触れましたが「運動前の準備体操」であると理解しておいた方が良いと思います。

あくまでも妊娠中の体重管理のための食事と栄養の管理を行った結果としての効率を上げるためにストレッチを行うと考えると良いかもしれません。

妊娠中のおすすめストレッチ

妊娠中のダイエットにも効く効果的なストレッチがあります。
主に便秘の解消に効果的なストレッチなのですが、これは、股関節を柔らかくすることを目的としたストレッチでもあります。

股関節を柔らかくすることによって『お腹の中で腸が便を送り出す動きがスムーズになる』効果が期待できます。
そのため、股関節や腰をしっかり動かしてあげるストレッチということが言えます。

妊娠中の便秘に効くストレッチのやり方

妊娠中の便秘に効くストレッチは先ほどもご紹介したように「股関節をしっかり動かすストレッチ」です。

具体的には、仰向けに寝転がって、両腕両足を一旦完全にリラックスして伸ばしきってください。
その状態から足を両膝を曲げた状態で両手で抱えるように体を丸めましょう。
その時に頭もちょっと起こしてあげるようにすると効果的です。
つまり仰向けになったダンゴムシのような状態の姿勢です。
この姿勢になるまでの両足を両手で抱え込み頭を起こすという一連の流れを深呼吸をしながら5回繰り返します。

このストレッチを行うことで、股関節を抱えた屈身方向への股関節の柔軟性を上げることができます。

ただし、せかせかとやるのではなく、あくまでもゆっくり呼吸を整えながら行います。そして屈身するときに、お腹の張りや痛みを感じるようなら休憩を挟んで様子を見るようにしましょう。
ポイントはここでもやはり無理をしないことが大切なんですね。

またこのストレッチと組み合わせて便秘解消に効果的なのは、普通に立った状態から、両足を片側ずついっぽ前に出して、背中を反らせるようにしながら、後ろ足のアキレス腱を伸ばすようにするストレッチです。
足の向きは交互に入れ替え場所前後の足を交互に入れ替えながら呼吸を整えながら行うことで、股関節を柔らかくする効果が期待できます。

また、もう1つの方法としては、あぐらに近い座り方をするのですが両足の裏をぴったりと左右で合わせた形を作って、綾足をできるだけ手前のほうに引きつけて、両膝を床のほうに押し付けていく形を作ります。
こうすることで股関節を十分に広げることができる形にするのですが、この形は足を広げながらも、足の付け根から骨盤の人体(恥骨部分の靭帯)に対して内側に押し付けるような力が働くため、お産直前のギリギリまでできるストレッチでもあります。
骨盤の歪みを感じている方にはお勧めのストレッチですよ。

便秘に効くストレッチが妊娠中ダイエットに良い理由

改めて説明の必要もないかも知れませんが、妊娠中の便秘はダイエットにも悪影響を与えます。

もともとわたし達人間の身体は食べたものの7割強は老廃物として尿や便で排出されます。

汗なども含めて身体の外に排出する新陳代謝で捨てられる分も計算に入れると、
食べものの8割以上は体外に捨てることが健康的な体を維持するためには必要なんですね。

ですが、妊娠中はホルモンバランスの変化による影響で『たくわえ体質』になっています。
そのため、便秘にもなりやすいのですが、水分補給とストレッチで先ほどのように腸の動きをスムーズにしてあげることで排出してあげると、身体の中にたくわえてはいけないものは出して、たくわえるべきものはストックするという流れができます。

赤ちゃんへの栄養供給も良くなりますし、妊娠後期から臨月にかけて始まる産後の授乳のための乳腺の発達などのためにも、必要なものだけをストックできるということなんですね。

妊娠中ダイエットでストレッチをやる際の注意点

妊娠中ダイエットとして本格的にストレッチを行う際は、まずは自分の体の状態が健康な状態であるかどうかを把握することです。
これについては、シンプルに妊婦検診に行った際にお医者さんの判断を仰いでから行う、と言う形で大丈夫です。
後は、お医者さんから許可が出ても、日によってはお腹が張ってしまったり体調が悪い日もあるかと思います。
そういった時は無理に続けるのではなく相談することが大切です。
また、ストレッチについてはダイエットと似ていて、初めてすぐに驚くような結果が出るようなものではありません。
継続してコツコツ積み上げた先に様々なメリットや効果につながります。
続けることが大切です。

ストレッチで体が痩せる仕組みについて

ストレッチがダイエットに良いのは確かなのですが、何がどうなるから妊娠中ダイエットに良いのか。といった部分について簡単に解説してみたいと思います。
ストレッチをするとまず体の筋肉が柔らかくなったり、様々な原因から体内の血流が良くなります。
血流が良くなると言う事は、食事から摂取したエネルギーを効率よく使うことができるため、体内に余分にたまっていくことを防ぐことができます。
いわゆる、代謝が向上すると言うことになります。
これこそがストレッチによるダイエット効果の仕組みです。
ストレッチをすることで直接的なカロリー消費が期待できると言うよりは、痩せやすい体作りをサポートすると言う意味合いになります。

スポンサーリンク

-ダイエット, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.