妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

ダイエット 健康

妊娠中の栄養や体重管理に野菜ジュース

更新日:

妊娠中の体重管理ダイエットと栄養管理のために野菜ジュースを飲みたいと思う妊婦さんがたくさんおられます。
ですが、市販の野菜ジュースの中には添加物や保存料着色料がたくさん入っているのでは?と心配になってしまう妊婦さんもいるのが事実です。

そこで今回は、妊娠中に野菜ジュースを飲んでダイエットをしてもいいの?というところを詳しく一緒に考えていきたいと思います。

妊娠中に野菜ジュースは飲んでもいいの?

妊娠中に野菜ジュースを飲むこと自体は全く問題ありません。
むしろ緑黄色野菜を生ですりつぶして作ったコールドプレスジュースなどは妊娠中に必要な栄養素をバランスよく補うことができるため、もしご自宅にスロージューサーなどがあればぜひ作って飲んでみるようにしてみてください。

ただし、ビタミンAは人参などから取れるβカロテンという水溶性のビタミンAで摂るようにしましょう。
というのもビタミンAを1日の摂取量の上限である1500マイクログラム(1.5ミリグラム)以上をとってしまうと、
お腹の赤ちゃんに口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)などの先天的な障害が発生してしまう恐れがありますその点だけは十分に気をつけてくださいね。

それともう1つ心配な点があるとすれば、それは市販の野菜ジュースを買ってきて飲む場合です。
市販の野菜ジュース全てがダメというわけではないのですが、中には注意が必要なものも含まれる場合があるのでその点に関して次の段落でもう少し詳しく見ていきましょう。

市販の野菜ジュースに注意が必要な理由

市販の野菜ジュースには注意が必要なものがあります。特に妊娠中の場合は次の3つの要素になります。

・塩分
・糖分
・着色料や保存料などの添加物

基本的にはこの3つの条件が市販の野菜ジュースを買ってきて妊娠中に飲む場合に注意しなければならない点です。
塩分と糖分の取りすぎに関しては塩分を摂りすぎれば妊娠中のむくみや妊娠中高血圧症候群の危険性が高まってしまう事はご存知の方も多いと思います。

そして糖分ですが、これは妊娠中には膵臓の働きがホルモンバランスで抑えられているので、
血糖値の急上昇とともに働きが抑えられている分インスリンがたくさん出てしまい、それによって太りやすくなってしまいます。
つまりダイエットのために野菜ジュースを飲んでいるはずなのに逆効果になってしまうということもありえるんですね。

だから、甘くておいしいジュースのような野菜ジュースは避けた方が良いとも言えるんですよ。

そして次にもっと気をつけなければいけないのが着色料や香料、保存料などの合成添加物です。
市販の野菜ジュースでこれらの物質が入ってしまっているものは少ないのですが、やはり市販のジュースである以上保存料や風味を良くするための香料、色味が良くなる着色料などの存在は念のために疑ってかかったほうが良いと思います。

ちなみに妊娠中に限った話ではありませんが、特に人間の体の健康に害を及ぼす可能性がある添加物をいくつかの例で上げておきたいと思います。
妊娠中は特に次のような添加物に注意が必要ですよ。

・着色料のカラメル色素
・着色料の赤色106号、コチニール色素など
・甘味料のアスパルテーム
・亜硝酸ナトリウム、ソルビン酸カリウムなどの発色剤
・保存料のパラオキシ安息香酸イソブチル

これらの添加物がもし入っているような野菜ジュースであった場合は、できるだけ避けるようにしましょう。
オーガニックで健康的な野菜ジュースをできるだけ手に入れて飲むようにしてくださいね。

野菜ジュースは1日に何杯ぐらい飲んでいいの?

本当に健康的でオーガニックな野菜ジュースであれば特に量に制限はありません。
ごく一部に例えれば、最初の段落でご紹介したビタミンAなどの摂取量上限があるような栄養素もありますが、これは1日に何リットルもの野菜ジュースを飲まないと摂取できない量です。
ですのでほぼ心配ないと考えていいと思います。
ただし妊婦さんの場合はお腹を冷やす事に対しては注意が必要です。
つまり冷蔵庫の中で取り置きして冷やしておいた野菜ジュースをたくさん飲むというようなことに関しては少し注意が必要ですね。
冷たい野菜ジュースを電子レンジでチンしてから温めて飲んで子本中の栄養素が壊れてしまいますので、市販の野菜ジュースの場合は、できれば1回に飲む量が1パックあたりに入っているような野菜ジュースを1日に何本までなどというように決めて飲んでおくというのが良いでしょう。

もちろん市販の野菜ジュースの場合は先ほどご紹介した添加物には十分に気をつけてくださいね。

それとお腹の冷やしすぎに注意しなければならない理由を念のため説明しておきます。

妊娠中の特に6ヶ月目以降の妊娠後期にあたる時期に市販の野菜ジュースでも自宅で作ったオーガニックな自作の野菜ジュースでも、あまりにも冷たい状態で飲み過ぎてお腹を冷やしてしまうと次の2つのようなリスクが出てくる場合が考えられます。

・赤ちゃんが逆子になってしまう
・子宮収縮が起こり最悪の場合は早期胎盤剥離などの危険性も…

このような2つの大きなリスクが発生してしまうために、妊娠中はくれぐれもお腹の冷やしすぎにだけは注意しましょうね。

また、自宅で自作の野菜ジュースを作って飲む場合は、お砂糖の入れすぎや塩分の入れすぎなどに十分注意してください。

もう少しでかわいい赤ちゃんに会えます。
幸せな妊娠生活を送るためにはまず自分自身が健康であることが第1条件です。

そのために野菜ジュースを利用するというのは決して悪くないアイデアです。
理想を言えばできるだけオーガニックであること、塩分や糖分を控えめにすること、お腹の冷やしすぎに注意すること、といった3つに注意をして、ぜひ野菜ジュースで積極的に栄養バランスが取れる健康的な妊娠生活を送れるようにしていきましょう。

妊娠中に飲むなら自家製野菜ジュースがオススメ

市販の野菜ジュースは、製造過程の中で重要なビタミンや食物繊維が失われているのがほとんどなんです。
私たちはそこを求めてわざわざ買ってるのに、製造過程で栄養が壊されていては全く意味がありません…
その上胎児に良くない添加物が入っているなら、もはや飲む理由はあまりないように感じます。
しかし、自家製野菜ジュースであれば、添加物なしで栄養豊富な意味のあるジュースを作る事ができます。
ミキサー、もしくはスロージューサーなどがあれば、あとはニンジン、トマト、バナナ、はちみつ、牛乳、、、などの材料をレシピ通りに入れるだけですので、さほど手間になるものでもありません。
妊娠中の体重管理に自家製野菜ジュースは、かなり効果的な手段です。
野菜ジュースを検討されていた方は、ちょっとだけグレードを上げた自家製野菜ジュースを検討されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-ダイエット, 健康

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.