妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

早く産まれるかと思いきや…

更新日:

私は埼玉県に住む31歳の専業主婦です。
第2子を妊娠して、ちょうど派遣の更新と重なったので仕事は辞めました。

悪阻で気持ち悪くても、あこがれの専業主婦になったので寝れるし、とてもよかったです。

安定期を迎えて少しずつ外に出たり遊んだりしていましたが、第2子ということもありお腹はどんどん大きくなっていました。

お腹の皮が伸びると聞いたことありますが、この時の私はかなり油断をしていました。

クリームやオイルも塗っていたので大丈夫だなと思いながら、ストレッチや散歩をしていました。
9ヶ月頃になると先生から「赤ちゃんが結構下がってきてるので、できるだけ運動は控えて下さい。」と言われてしまいました。

そして切迫早産という事で1週間の入院をしました。
ただひたすらベッドでゴロゴロして、家に帰りたいなと思いながらも、赤ちゃんが早く出てこない為なので仕方ないと、病院でもひたすら寝ていました。

安静の期間が長かったのですが、体重はそこまで増えていなかったので安心していました。

10ヶ月に入りそろそ歩いてもいいですよと先生から言われたので、嬉しくて外にたくさん出ました。

赤ちゃんが産まれるのが楽しみで、前の子も予定日より2週間も早かったし、今回も下がってきてると言われたので早く産まれるのかなとドキドキしていました。

そして37週ぐらいから前駆陣痛が頻繁にあるので、そろそろかなと待っていました。

ですが、38週になっても全然産まれる気配はないのです。
先生には38週の健診の時に39週ぐらいで産まれるかなと言われたので楽しみにしていました。

でも39週になっても前駆陣痛のみでした。
ここから全然、陣痛に繋がらなくて…早く産まれてほしいから1日1時間は歩いたりヨガをしたり身体を動かしていました。

旦那にも早く産まれるかもしれないと何度も言っていましたが、全然産まれてこないので「詐欺だな(笑)」と言われました。

先生に「これは促進剤で産むしかないですね。」と言われてしまい、仕方ないかと思いました。
入院の日を決めてその日までに陣痛がきたらいいなと思っていても、陣痛の気配はありません。
「この子はいつ産まれるんだろうと…のんびり屋さんの性格なのかな…」と思うようになりました。
入院の前の日には友達や両親にいつ産まれるか楽しみだねとかいろいろ話していました。

その日の夜ぐらいからまた前駆陣痛がありました。

次の日にはもう入院だし…と思いその日は寝ました。
眠れるなら陣痛じゃないと看護師さんと話していたので、何回かトイレで起きるのも妊娠のせいかなと思っていました。

朝方になりそれでも痛みが治まらないので、もしかしたら陣痛かと思いそこで始めて時間を計ってみようと思いました。

すると5分ごとに痛みがあったのでこれは陣痛かもと思い、旦那を起こして病院に電話しました。
「入院セットを持って来てください。」と言われ病院に行きました。

陣痛じゃなくてもいいかと思いながら、気楽な気持ちでいたら子宮口が7センチも開いていました。
助産師さんによく耐えれたねと言われましたが、結構ぐっすり寝てた私は陣痛に気づいていなかったのではないかと思いました。

それからすぐに分娩室に入って旦那と話しながら3時間後に赤ちゃんが無事産まれました。

前駆陣痛に慣れすぎて陣痛に気づくのが遅くなってしまったけど、案外寝れるもんなんだなと思いました。
予定日超過でしたが、先生の早く産まれるの予想も結構外れるもんなんだと思いました。

 

予定通りに出産する為に出来ること
お産は早すぎず遅過ぎず、予定通りにスムーズに行いたいものです。
その為にはどんな事ができるのでしょうか?
ストレスを溜めすぎず、頑張りすぎない
これは決して、「妊娠中はとことん怠けてください」といっているのではありません。
適度に運動したり、なにかを頑張ったりすることはむしろ心と体に良い事ですが、それが過剰になってしまうのは良くないです。
早産や流産の大きな原因になりかねません。

難産を避けるには運動が効果的

意外かもしれませんが、難産のリスクを下げるには無理なく程よい運動が効果的なんです。
臨月のママも安心してできる運動としては、ウォーキングが推奨されています。
ウォーキングをする事でお産に必要な力がついたり、さまざまな効果に繋がることから、昔から今もウォーキングが安産に繋がると考えられているんです。
体調が安定しているときは、外を歩いてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.