妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

つわりに苦しむ妊婦の私と旦那のお昼ごはん

投稿日:

妊娠初期は、つわりをなめていました。

「つわりがひどいと水も飲めないよ。」とか「食べてる姿を見るだけでもダメだった。」とかつわりの経験をまわりから聞いていたのですが。
妊娠初期の時にはつわりもなく、なんとなく体温が高い感じはするけど、あまり妊娠したって実感がないなぁと過ごしていました。

だから旦那のお昼ご飯のためのお弁当も、日常の家事もスイスイとこなしていたのですが…妊娠3ヶ月に入って、つわりに襲われました。

炊飯器のご飯を炊き上がる匂いに、うぅっ…ときてトイレに走りました。

「おお!これがテレビでよくやるシーンですな(笑)」と一人感動していたのですが、そこから電光石火のようにつわりが悪化していき、横になっても立っていても気持ちが悪いし、常に目がまわっているような不快感がありました。

つわりで起きれなくなった時、旦那はとても協力的で「洗濯くらいしかできないけど…。」と毎朝、洗濯物を干してくれました。
そしてありがたいことに、洗濯物もとり込んでくれてたたんでくれました。

私はつわりで食欲もなく、料理をしている食材の匂いだけでも、トイレに走っていくような状態が続きました。

そんなことが続いたある日…。
「家事は別にしなくていいけど、料理だけはして。あと、昼ご飯は絶対に弁当を作ってほしい」と旦那が言い放ったのです。

それを聞いた瞬間の私の心情は、「はぁっ!? 食材を見るだけでも気分が悪いのに、ふざけるなっっ!!!」という怒りと切なさ。

昨今、24時間営業のコンビニはどこに行ってもあるし、お金さえ何とかなれば食べれないということはありません。

つわりで台所にいるだけでも憂鬱な気分なのに、毎朝弁当を作れだと?と本当に怒りがこみ上げてきました。

つわりと旦那への怒りのダブルでムカムカとしながらも、根性で弁当を作り夕飯は実家のお母さんに頼みました。

そんなつわり中ですが、唯一、食べられる物がありました。

それはフライドチキンです。
それもケンタッキーのでないといけません(笑)

しかも、無性に食べたくなるのはなぜか夜中が多く、明日も仕事だし買いに行ってもらうのは悪いなと我慢をしていました。
しかしフライドチキンのことで頭がいっぱい。
一睡もできない夜を過ごし、旦那を送り出してからフライドチキンを買いに行ったこともありました。

家に着くまで待てず…かといって毎日お店で食べるのはどことなく恥ずかしくて、車の中で食べました。

しかしそのお弁当発言以来、容赦なく買いに行かせてしまいました。

夜遅くても「ケンタのチキン買ってきて。絶対に食べたい!」と旦那に頼みました。

そして、フライドチキンを食べ満足して安眠するのです。

そんな日が3日続き、旦那はフライドチキンを買ってから帰宅するようになりました。
ですが夜中に食べる時には冷たくなっていて、レンチンしても食べたいフライドチキンではないのです。

結局、出産直前まで私のためにフライドチキンを求めて、旦那は夜に出かけていきました。
今思えば、旦那には本当にわがままを言っていたし、申し訳なかったな…と少し反省しています。

008

きっかけはお弁当発言なので、反省と感謝をお弁当にこめて、今は毎日愛情いっぱいのお弁当を作っています。

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.