妊娠中の妊婦さんの悩み大集合

妊娠中プレママ応援団

体験談

出産1時間前からのドタバタ劇

更新日:

早朝の5時頃、「尿漏れかな?」と思い目が覚めました。
予定日も2日過ぎていたので、一応産院に電話すると「すぐに来て下さい!」と言われ、主人と準備していた荷物を持ち産院に向かいました。

そして少量の破水がある事がわかり、そのまま入院することに…。

若干の陣痛もありましたが、子宮口は開かずそのまま1日待機。
次の日の早朝5時頃から、陣痛が始まりました。

しかし子宮口が開かずに、陣痛促進剤を点滴で投与。
…が、全然開く様子もなくもう一度投与。

先生が膜を破り破水させるも、中々開かず…。
ようやく子宮口が5cmまで開いたけど、まだまだ道のりは遠く…陣痛の辛さに「もう無理です。」と助産婦さんに訴えるも「もう少しだから頑張って!」の一言。

そんな状態を朝から付き添っていた主人に支えられながら、私は乗りきるしかないと思いました。
助産婦さんに「まだ産まれそうにない。」と言われ、主人がドリンクなどを買い出しに行きました。

相変わらず子宮口は5㎝のまま。
薬のおかげで眠気に襲われ、頭の思考回路も朦朧としていました。

16時頃、様子を見に助産婦さんが来てお腹を触ったら、いきなり赤ちゃんが激しく動きました。
その直後、赤ちゃんの心音が消えかかり始めました。

そして、とても元気に聞こえていた心音が一切聞こえなくなりました。

助産婦さんに「お母さん!しっかり呼吸して!赤ちゃんに空気を送ってあげて!」と、いきなり緊迫状態に。
頭が朦朧としている中で、何が起こったのか…主人がいないのに、赤ちゃんにもしもの事があったらどうしよう…と動揺しながら大きく呼吸をしました。

助産婦さんが急いで酸素マスクを用意して、私につけました。
「大きくしっかり呼吸して!」と大きな声で言われ続け、言われた通りに大きな呼吸をする私。

涙がこぼれそうになりました。

(赤ちゃん頑張って)心の中で叫ぶ私。

「あっ…いたいた!」と助産婦さんの声が。

その途端、赤ちゃんの心音がまた大きな音で聞こえるようになりました。
心音を測っていた機械が外れかけていて、赤ちゃんの心音がなくなったと勘違いしたようでした。

その直後に先生が登場。
「何やってるの?」と一言。

そうですよね。元気な赤ちゃんの脈が聞こえる中、酸素マスクをつけている母親。
そんな大ハプニングがあったお蔭で、子宮口も開きそのまま分娩室にレッツゴー。

そこからは30分で出産となりました。
ちなみに、出産時刻は17時ちょうど(笑)
主人はというと分娩台の上から電話してすぐ戻ってもらい、立ち会い出産に間に合いました。

産後、入院していたママさん達から「旦那さんダッシュしてましたね。」と注目の的になってたようです(笑)
たった1時間の間ですが、私にとっては長い時間のハプニングとなり、忘れることの出来ない出産になりました。

 

陣痛促進剤ってなに?いつ使うの?

陣痛促進剤と言うのは、分娩を意図的に開始させたり、微弱な陣痛を促進させる薬のことです。子宮収縮剤、陣痛誘発剤と呼ばれることもあるようです。
一般的には、出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が始まらなかったり、破水したのに陣痛が来ない、陣痛が強くならなくて出産が長引いてしまう、このような時に活用されます。

スポンサーリンク

-体験談

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2018 All Rights Reserved.