ダイエット

妊娠中ダイエットの危険性と安全な体重管理のためのコツ

妊娠中ダイエットの危険性について今回はお話をしていきたいと思います。

安全な体重管理のためのコツは、まずは妊娠中ダイエットの危険性を知ってからでないと意味がありません。
妊娠中はもともとダイエットを行うのは危険と言われていますよね。
体重計
ですが、妊娠中に太りすぎてしまうと、お産の時に母子ともに危険な状態になってしまったり、
妊娠中高血圧症候群や妊娠糖尿病などの危険性もあるため、
血糖値や血圧の急上昇や高い値で安定してしまうといったことを防ぐ必要があります。
そのためのバロメーターとなるのは1つとして体重に現れるので、
体重管理ダイエットが妊娠中は必要と言うのは妊娠中の健康管理の常識になっています。
ですが、妊娠中の体重管理ダイエットもあまりにも行き過ぎたダイエットになってしまうと
それも危険性が高くなってしまうんです。

そこで、具体的にどのようなダイエットを行えば
安全なのかというところまで見ていくのが今回のテーマです。

妊娠中ダイエットの危険性

妊娠中ダイエットの危険性は、お腹の赤ちゃんの発育が遅れてしまったり、
栄養不足によって奇形児になってしまったりといったところが
1番最初にイメージとして浮かんでくる方も多いと思います。

ですが、実はそれだけではなく妊娠中ダイエットの危険性は栄養不足が
お腹の赤ちゃんに対して影響を与えるだけではなく、
産後に母体の回復が進まないことであったり栄養不足から骨粗しょう症や栄養失調による母乳の質の低下、
そしてそれがもっとさらに深刻になって進んでいくと
産後うつや育児ノイローゼといったところまでその危険性が及んでしまうことになってしまいます。

ですので、これを回避するためには、妊娠中に体重管理ダイエットを行ったとしても、
必要な栄養素はしっかり取れるような食事を行わなければならないということと、
適度な運動を実践することで体力づくりで安産を目指していくことが大切になってくるんですね。

妊娠中ダイエットはどうすれば安全?

妊娠中ダイエットは、先ほども軽く触れた通り、お腹の赤ちゃんだけではなく
母体の健康そのもののためにも栄養をしっかりとる必要があります。
それが、妊娠中ダイエットを安全に行うことができる重要なポイントになるんですね。
妊娠中に必要な栄養素は、大きく分けて次の5つになります。

  • 鉄分
  • 葉酸
  • カルシウム
  • タンパク質
  • ビタミンB群

大きく分けてこの5つのグループの栄養素はしっかりとっておかなければいけません。
では、次の段落で、これらの栄養素がどのような理由で妊娠中に欠かせないのかといったところを見て行きたいと思います。

鉄分

鉄分は妊娠中のホルモンバランスの変化やお産に向けての準備で血液が増えていったとしても、
お腹の赤ちゃんにしっかりと酸素と栄養を送り届けるために必要になりますし、この時に貧血になってしまうと
血液の中のヘモグロビンの量が低下してしまい、ヘモグロビンに結びついて運ばれる酸素の量が少なくなってしまうため、
お腹の赤ちゃんの脳の発達に深刻な影響をもたらしてしまいます。
妊娠中にママが貧血になってしまうことで、体調不良になってしまうといった事の危険性のうちの1つなのですが、
実は貧血の危険性はもっと深刻なものだったんですね。

具体的には妊娠中に必要な鉄分は成人女性のおよそ毎日11ミリグラムのほぼ倍に近い約20ミリグラムの摂取が必要と言われています。
妊娠中は先ほどもご紹介した通り血液が増えていくのですが、
これはお腹の赤ちゃんに栄養をしっかりと送り届けるために血液の量がある程度必要になるためなんです。

そのため、毎日の食生活でひじきを食べたり鉄分もタンパク質も補えるような大豆食品を食べたりすることや、
動物性の食材のお魚やお肉なども食べる事で鉄分を補給することが大切になってくるんです。
ただし妊娠中の正しい体重管理のためにも味付けはできるだけ薄くして妊娠中の高血圧症候群を防がなければなりません。

葉酸

妊娠中に葉酸が必要になって来る理由は、葉酸にビタミンB12との共同作業で血液を作る働きがあり、
細胞増殖の働きもあるため特に妊娠初期から安定期にかけては非常に重要な栄養素になります。
葉酸の摂取量は、1日あたり妊娠中の場合は約400~480ミリグラムが必要と言われており、
この摂取量は、成人女性の通常時の場合の数値なんですね。
そのため、妊娠中に食事からだけではなく、葉酸サプリメントを利用して
葉酸や先ほどの鉄分なども含む、バランスの良い栄養補給を行うように指示する産婦人科もたくさんあるんですよ。

カルシウム

カルシウムの不足も妊娠中には非常に危険な産後の影響があります。
先程の妊娠中のダイエットの危険性の段落のところで、
骨粗しょう症のリスクがあるというお話をしましたが、
妊娠中は基本的にお腹の赤ちゃんのために最優先にカルシウムが使われる仕組みになっています。

また、それでもカルシウムが足りない場合はお腹の赤ちゃんはママの骨を溶かして、
そこからカルシウムを摂取するようになっています。
そのため妊娠中にカルシウムが不足してしまうと、産後に骨粗しょう症のリスクを抱えることになってしまうんです。
また、カルシウムの吸収率を高めるためにビタミンCやマグネシウムの摂取も大切になってきます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、脂肪や糖質の代謝、細胞増殖、内臓などの体内器官の発育などに
非常に重要な役割を持っています。
実は先ほどご紹介した葉酸もビタミンB9と呼ばれるビタミンB群の1つなんです。
これらの栄養素をしっかり取れるようなメニューを自分の中でつわりや味覚の変化などで
食べられないような食材を避けながら、無理なくバランスよくとっていくことが大切で、
それを意識することが妊娠中の安全なダイエットと言えるんですね。

妊娠中に適度な運動を安全に行うコツ

妊娠中にも体重管理ダイエットのために適度な運動も大切になってきます。
今回のお話の冒頭の方でも軽く触れましたが、適度な運動を行う事は妊娠中の体力づくりにも役立つため、
お産に向けて陣痛に耐えたり、しっかりと「いきんで」お腹の赤ちゃんを無事に産むためにも体力が必要になり、
そのためには、お腹周りや下半身、上半身も含めた総合的な体力づくりが必要になってきます。
お腹の赤ちゃんを思うママさん
特に下半身の体力づくりは非常に大切で、そのために妊娠中はウォーキングが特に適度な運動としてはオススメです。

ただし、妊娠中はお腹の赤ちゃんが大きくなってくるとお腹も圧迫されて呼吸が浅くなるので、
非常に息切れもしやすくなります。
そのため、妊娠中の適度な運動としてウォーキングを取り入れたとしても
息切れしてしまうような早いペースで無理に歩いてしまうと、
子宮収縮による切迫早産などの危険性も出てくるため、
必ず無理のないペースで行うことが大切になり、
お腹に張りや痛みを感じる場合はすぐに中断して休憩をしっかり取るといったことも大切になってきます。

ただしウォーキングは天候が良い時ならできますが、
雨が降っていたり、冬になると雪が降っていたりすると転倒の危険もあるため、
そういった場合は温水プールに出かけていって水中ウォーキングを行うといったような工夫も大切になってきますので、
この点も適度な運動のコツとして覚えておきましょう。

-ダイエット

Copyright© 妊娠中プレママ応援団 , 2019 All Rights Reserved.